たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

富山県富山市 柳の下 末弘軒 本店

 前の記事から続く、先日、富山に行った時の話なのですが、実は富山には昨年も伺いしており、その時、当地名物という富山ブラックと呼ばれるラーメンをいただきました。ですが調べてみると、一部では有名だあるらしいのですが、当地では決して主流ではないとの事。なので今回は、当地で昔から食べられているような老舗や、普段から親しまれているようなお店にお伺いしたいな、と思い色々と下調べしてから向かいました。

 して、その1軒目がこちら。現在は市内に支店を含め何店舗かあるそうなのですが、元は昭和6年創業の支那そば屋台で、その後、昭和11年に柳並木の下に店を構えた事から『柳の下』と呼ばれる事となったというお店だそうで。お品書きを見ると、麺類の他丼物やセットメニューなどかなり品数が豊富なのですが、手打ちの麺やワンタンが有名との事なので、今回はワンタンメンをいただきました。

ワンタンメン(並) 780円
ワンタンメン(並) 780円
 まずは、油のほとんど浮いていないスープを一口啜ると、アッサリとした鶏ガラと煮干しの旨みがじんわりと。醤油は常識的に濃さに感じましたが、頼めば味薄めや濃いめも対応してくれるとの事です。次に、全体的に細めですが手打ちらしいばらつき感のある太さと、ポコポコとした表面を持つ麺をいただくと、それらが何とも心地良い啜り心地。歯応えは若干硬質な感じがしましたが、こちらも頼めば固めや柔らかめに対応してくれるとの事です。そしてワンタンは、極薄の皮が白河系のワンタンを思わせるのですが、餡はそれより多く入っています。レンゲですくっていただくと、スープと一緒になってトゥルトゥルっと口に入ってきて、餡の存在を感じた後、スッと喉の奥に吸い込まれるよう。個人的には大好きなタイプで、そのまま喉越しを堪能したり、麺と一緒に口に入れ食感の違いを堪能したりしました。また具のチャーシューは、噛み応えのあるトラディショナルな物(個人的にはこれも大好きなタイプだったりします)ですが、噛みしめるごとにじわじわっと旨みが。肉は色々な部位が入っているようで、味や食感の違いが楽しめました。あと。メンマも安心する味ですし、薬味系がなじみ深い白ネギ(日本海側というか北陸地方はは白ネギが主流なんですかね?)で良く合っている気がしました。あと、こいういラーメンは、コショウが大変良く合いますね。

 というわけで、老舗のラーメンを堪能させていただいたのですが、最近こういうラーメンが大好きになってきた事もあり、大変美味しくいただきました。何ていうか、出汁と醤油と粉の風味が織りなすシンプルな味は、とっても安心できるんですよね。ごちそうさまでした。

平成22年11月訪問


中華そば(ミニ) 370円
中華そば(ミニ) 370円
こちらは、同行者がいただたもの。美味しかったそうです。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ