たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島県郡山市 磐越自動車道 五百川PA(下り線) スナックコーナー

 これから暫く、先日、所用で富山に行った時の記事が続きますが、その第一弾がこちら。

 それで今回、富山へクルマで行くにあたって、往路は何故か磐越自動車道経由にしてみたのですが、ここ五百川PAは、東北自動車道の郡山ジャンクションから磐越自動車道に入ると程なくして現れるパーキングエリア(PA)で、磐越道のPAの中で唯一、売店やスナックコーナーを設置したPAとのことです。

けんちんうどん 500円
けんちんうどん 500円
 で、そこでいただいたのはけんちんうどんなんですが、味噌仕立てのけんちん汁でうどん(食感からすると冷凍物だと思うのですが、自信なし。)を煮込んだ(食券提出時に、煮込むので時間が掛かる旨確認されました。)物。けんちん汁の具材は根菜類や油揚げ、それに白菜などで、その旨味が溶けこんだ濃い目の汁が、とっても良いですね。身体が暖まりますし、結構食べ応えもありました。

鴨せいろ 760円
鴨せいろ 760円
 それと鴨せいろは、例によって同行者のをおすそ分けしてもらったのですが、焼き目の付いた鴨肉の風味が香ばしい付け汁と、会津若松市の東山庵という製麺業もなさっているそば店製の細めのそばの組み合わせが、かなりいけてるというか。量は控えめですが、PAのスナックコーナーではなかなかいただけない味なのではないでしょうか。

 というわけで、両方ともとても美味しくいただいたのですが、個人的には、両方とも思わぬヒットという感じでした。ごちそうさまです。

平成22年11月訪問


 どうでも良い事なのですが、けんちん汁という食べ物というか汁物は、(1)精進料理(具材に動物性タンパク質が入らず、出汁も植物性のを使用)で、(2)豆腐が必ず入り、(3)それ以外の具は根菜類が主体の、(4)醤油味のすまし汁という固定観念があるのですが、昔の某牛丼チェーン店では豚汁の豚肉の替わりに鶏肉を用いた物だったりして、実際にはいろいろとあるのが逆に面白ような気がします。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 22
24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ