たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県日光市 ゼンジー南京 鬼怒川店

 ものすごく久しぶりになってしまったのですが、ゼンジー南京さんのラーメンをいただこうと同行者(カミさんじゃないです)に運転を任せてお店に向かったものの、どういう訳か今市ではなく、気がつくと、高徳の交差点へと出てしまいました。(どうやら、塩谷町の丁字路で直進してしまったらしい。)で、仕方なく国道121号で今市まで戻ろうと思ったのですが、程なくして停まった交差点でふと左を見ると、『ゼンジー南京 鬼怒川店』の看板というか店舗を発見!昨年鹿沼に支店を出されたのは知っていたのですが、最近(後で調べたところ、今年2010年の2月4日開店との事)鬼怒川にも支店を出されたのですね。そんなわけで、怪我の功名というかもっけの幸いというか、初めてこちらでいただいてみることになったのですが、お願いしたのは、こちらの看板?メニューである焼豚チャーシューメンに、半チャーハンとサラダが付いた、焼豚チャーシューセット。ちなみに焼豚チャーシューメンの麺は太麺と細麺の選択制なのですが、今回は細麺でお願いしました。

焼豚チャーシューセット 980円
焼豚チャーシューセット 980円
※店内撮影禁止につきラーメンの写真なし
 それで、こちらのお店にもあったサービスの焼豚をつまみながら、待つ事暫しで登場したそのセット。まずは、焼豚チャーシュー麺の、黒々としたしょっぱそうな見た目のスープを啜ると、見た目に反して自然な甘味を感じるまろやかな味わい。「そうそう。これがゼンジー南京さんの味なんだよなぁ。」と、つい嬉しくなります。また、かなり細めの麺はスープとの絡みも良く、啜れば前述のスープをガバと抱き込んで口の中へ。そして具は、焼き豚とチャーシュー(煮豚)の両方が楽しめるのですが、その味や食感の違いを存分に堪能する事が出来、全く別のものながら両方とも美味。それとメンマも何気に良いんですよね。あと、セットの半チャーハンは、シンプルなながら、パラっとというかしっとりさ加減と丁度良い味付けでラーメンとの相性が良く、これまた美味です。

 というわけで、久しぶりにゼンジー南京さんの味を堪能させていただいたのですが、とても美味しく、個人的好みとも合うことを再認識いたしました。ごちそうさまです。

平成22年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 21
24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ