たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 仙台蔵出しみそラーメン 髙なべ 下岡本店

 この日、家人に「お昼は何ラーメンが食べたい?」と話を振ったところ「味噌ラーメン」との答えだったのでのが、その時頭に浮かんだのがこちらのお店。以前、上三川町の本店にお伺いしたこと、そしてその時かなり好印象だったのですが、その後、そこよりは遥かに自宅から行きやすい下岡本に支店を出されたので、行くチャンスを伺っていたところでした。

 それで日曜日のこの日、どんよりとした天気の中、国道4号を南下。途中スムースに行き過ぎて開店時刻(午前11時)の少々前に到着。店頭には本店と同じガチャが置いてあったので、開店を待つ間にトライしたのですが、私も家人も一番下の4等という結果に。その後、行列こそ出来ないものの、開店までに何組かが来店し、オープン。更には開店後もお客さんが来店し続け、程なくして広い店内が結構埋まる程度の混み具合になっていました。

 そんな中席について早速注文なのですが、私が限定メニューから、家人が定番メニューから以下の品々をお願いしました。

海老味噌らーめん 950円
海老味噌らーめん 950円

 こちらは私がいただいた品。本店でもすっかりおなじみとなっているような限定メニューのようですね。ちなみに、先述のガチャ4等の景品で味玉があったので、ラーメン自体は80円安い味玉なしでお願いし、そこにガチャの景品を足す形で注文しました。で、早速スープからいってみたところ、一口目から名前のとおり「海老」の風味がするのですが、くどくならない絶妙な加減。またベースとなる旨味は動物系メインでしょうか?こってり感、そしてもったりした濃厚感があり、そこに熟成味のある味噌味が乗ってくるのですが、そんなスープで一番に感じたのは、全体のまろやかさだったりします。そして太麺と細麺から選べる麺は、太麺をチョイス。モチモチっとした食感の縮れ麺で、スープと良く絡みますね。それと具のチャーシューは柔らかなのですが、厚く切られているお陰で食べごたえも。太いメンマは、発酵風味がちゃんと残り味付は濃過ぎず良い感じ。あと野菜類は、上に乗ったろネギは生だけどツンとした辛味が控えめで、その下にはモヤシなどの茹で?野菜がたっぷりと。そして途中から、添えられた味変用レモンを絞り入れてみたところ、これがまた!味に軽快感が出て、またレモンを絞った後の方が、不思議と海老の香りを強く感じました。

半チャーハンセット 360円
半チャーハンセット 360円

 こちらは、一緒にいただいた品。ラーメン屋さんのチャーハンらしいしっとりめの食感としっかりめの味付が良かったです。

肉たっぷりギョーザ(3コ) 320円
肉たっぷりギョーザ(3コ) 320円

 こちらも、一緒にいただいた品。結構大ぶりで、噛むと肉汁がじゅわっとジューシー。餡の味付けがしっかりしているので、醤油は使わずとも美味しくいただけます。

味玉みそラーメン 890円 + 辛ネギ 120円のところガチャガチャ4等で100円
味玉みそラーメン 890円 + 辛ネギ 120円のところガチャガチャ4等で100円

 こちらは、家人がいただいた品。今回、自分で頼みすぎて味見はしなかったのですが、家人によると「美味しかった」そう。しかし、ガチャ4等の景品としてトッピングした辛ネギは、混ぜると「辛い」とのことでした。

 というわけで、どれも美味しくいただき満足したのですが、他にも気になるメニューが沢山あったし、国道4号が空いている限りは自宅からかなり短い時間来られることもわかったので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

令和元年6月訪問

栃木県宇都宮市 つけ麺 ラーメン 鳴門

 土曜日のこの日、家人と宇都宮よりもちょっと南の方へと出かけたのですが、その帰り、ここ暫くの間お伺いしていないお店で昼食をいうことになり、いくつかの候補の中からこちらのお店まで。個人的には約4年ぶり、家人に至っては9年ぶりの訪問となってしまったんですよね。

 お店には午前11時の開店時間のちょっと前に到着し、のれんが出ると同時に入店。注文は食券制となっていたので、入口のところの券売機で各々の食券を買ってから席へ。その後、他のお客さんも続々と入店して店内は席がサラリと埋まる程度の混み具合となりました。

つけ麺(大盛り)全部のせ 1220円
つけ麺(大盛り)全部のせ 1220円

 そんな中私がいただいたのが、9年前、こちらのお店に初めて来た時以来となるつけ麺を。久しぶりだったので、つい「全部のせ」にしてしまいました。それでまずは茶色い麺を1本、何も付けずに啜ってみたところ、茹でたあと冷たく絞められているため歯応え、コシ共に強いですね。また、以前同様全粒粉を使っているのでしょうか?小麦の風味が強いのですが、よくある全粒粉麺と違って食感には滑らかさもあるように思えました。そしてそれに合わせるつけ汁は、乳化した油でかなりコッテリめですが、適度な濃厚さのある、バランスの良い醤油豚骨がメイン。そこに海老っぽい風味がいい意味での引っ掛かりとなって、個性を出しているように感じました。で、この麺とつけ汁だけだと強めの味になるところ、麺の上に載った大根とニラが良い仕事を。一緒にいただけば、そのシャキシャキ感とサッパリ感、そして香りがアクセントとなり、どんどん箸が進みます。それと他の具ですが、別添えになっている揚げたての唐揚げは、単品でいただいても文句なしの美味しさ。麺に添えられた半熟味玉もいい塩梅で、あとつけ汁には、トロトロの豚軟骨が3切れほど。チャーシューにしないところにこだわりを感じますね。

中華そば(並盛り) 780円 + 半熟味玉 110円
中華そば(並盛り) 780円 + 半熟味玉 110円

 こちらは、家人がいただいた品。こちらのお店の母体となった花の季さんにもある品ですが、例によって少々味見させてもらったところ、スープも麺も尖ったところがなく、しかしながら、それぞれにしっかりとした主張があって、しみじみ旨いですね。家人も「美味しい」と申しておりました。

 というわけで、どれも美味しくいただき満足したのですが、今度は、何年も空けずにまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

令和元年6月訪問

栃木県矢板市 珍満

 6月に入って間もないこの日も暑く、絶好の冷やし中華日和だっりしたのですが、矢板市役所隣りのこちらのお店にそれをいただこうと入ったところ、注文時に店員さんから「冷やし中華は7月、梅雨明け頃からです。」と。そういえば、店の外に「冷やし中華はじめました」の幟旗や張り紙が無かったことに今更気がついたのですが、しからば代わりにと注文したのが、通常のものとは別の写真付きお品書きに「期間限定!」と書かれていたこちらの品。

つけめん 700円
つけめん 700円

 登場して早速、まずは麺だけを少量いってみたところ、平べったく太めで短めの縮れ麺は、こちらのお店のラーメン類と共通でしょうか?ピロピロっとした食感ですが、茹でたあと締められているのでコシは増しているように感じます。またつけ汁は暖かく、甘味や酸味を加えていない、味が濃いラーメンのスープといった塩梅。たっぷり入った白ネギの他、すりごまの風味がちょっとしたスペシャル感を演出。そして具のΩ状に巻かれたチャーシューは、つけ汁に入れていたら脂身がプルトロっとした良い感じになったのですが、その他、かいわれ大根の辛味やワカメといった具のひとつひとつが、ラーメン的一体感というよりも、どれも良いアクセントになっているように感じました。

 というわけで、お目当ての冷やし中華はなかったものの、昔ながらの中華料理店のつけ麺といった感じの品をいただくことができました。ごちそうさまです。

令和元年6月訪問

栃木県宇都宮市 麺工房 風の杜

 今年は5月から暑い日が続いていたのですが、そんな時にいただきたくなるのが、冷たくて酸味が効いたアレ。というわけでこの日、宇都宮中心部での所用ついでに、今年初めてのアレをいってみることに。それで注文時、つい大盛りにしてしまいました。

冷やし中華(大盛) 972円
冷やし中華(大盛) 972円

 その大盛りの冷やし中華は、中心部が深くなった器で登場したのですが、そこにタレもたっぷりと入っているのが見て取れます。で、早速全体を軽く混ぜてからいただこうとするも、ギンギンに冷えてる麺の舌触りにちょっとびっくり。ですがそのせいか、冷やし中華にしては細く感じる麺のコシが、相当強く(ガバっと啜ってしまうと噛み切るのが結構大変なくらいに)なっていますね。またタレは、ベーシックな甘酸っぱい醤油味。醤油とお酢のエッジが結構効いています。そして具は、キュウリやハム、錦糸卵、ワカメ、トマトあたりはベーシックなラインナップですが、その他、ラーメン屋さんっぽいメンマや、ハムが普通のロースハムとサラミタイプの2種類入り、逆にチャーシューが入らないところにお店のこだわりを感じました。あとは時折辛子を付けつつ、更に途中から、別卓に置かれた紅生姜や辛モヤシで味変も楽しめます。

 というわけで、今年初めての冷やし中華、美味しくいただきました。ちなみに昨年は一生懸命食べ歩いた冷やし中華ですが、今年もいただいたことか無いお店を中心に、無理のない範囲で食べ歩いてみたいと思っております。ごちそうさまでした。

令和元年5月訪問

栃木県さくら市 中華そば みやこ家

 先日こちらで「にんにくまぜそば」をいただいたばかりだったのですが、この日もさくら市氏家でランチタイムとなったため、再びこちらのお店まで。

まぜそば(大盛) 880円 + 生たまご 110円 + 揚げニンニク 110円
まぜそば(大盛) 880円 + 生たまご 110円 + 揚げニンニク 110円

 で、注文は、ノーマルな「まぜそば」を。以前一度いただいたことはあったのですが、今回はその時合わせてみたいと思ったトッピングを2品追加してお願いしました。それで登場したら(可及的速やかに写真を撮影した後)即座に全体を混ぜ、ズルズルっと啜り込めば、これが、もう。麺は、にんにくまぜそばとは違うやや平べったい太縮れ麺で、ピロムチっとした食感。そこに醤油ダレと、少量の油(油感はかなり少なめに感じました。)が絡むのですが、今回は生卵で若干マイルドになったことによって、しょっぱさは感じるけど強すぎず、更にそこに、揚げニンニクの香ばしさとコクが加わって、何もトッピングしないものよりも自分好みになっています。また具のチャーシューは、スープが無い分若干ワイルドに感じたものの、途中からカウンター上にあるにんにく酢を投入すれば気にならないレベルに。ちなみにこのにんにく酢、結構入れても味のバランス的に大丈夫でした。

 というわけで美味しくいただいたのですが、先日のにんにくまぜそば比較すると、改めて味の印象が全く違いましたね。濃い味好きの個人的には、こちらのほうがより好みに感じましたが、こればっかりは好みの問題だと思いますので、気になった方は、是非とも食べ比べていただければ、と。ごちそうさまです。

令和元年5月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ