たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島県西白河郡泉崎村 椿ラーメンショップ 泉崎店

 こちらのお店。自宅からは県境を越さなくてはならないうえ、先日お伺いしたばかりにもかかわらず再びお伺いしたのは、初めての訪問だった前回、入口のところにある券売機に「ネギ冷やし中華」というボタンを見つけてしまったから。このところ冷やし中華にハマっているのはこのブログに暫く前から書いているとおりなのですが、一度気になったからには確かめないと気が済まない性分ということで。で、その食券と共に、前回お伺いした時にいただいた無料引換券(ライス or 麺中盛 or 味付玉子)を、「味付玉子で」と言いつつ提出しました。

キムチ(サービス)
キムチ(サービス)

 それで待つ間に、サービスのキムチを。前回は豆モヤシだったのですが今回はキュウリと、日によって違うみたいですね。ちなみに、サービスと言ってもちゃんとした一品で、味付けもしっかり。これでご飯なりビールなりいってみたら最高かと。

ネギ冷やし中華 840円(無料引換券にて味付玉子サービス)
ネギ冷やし中華 840円(無料引換券にて味付玉子サービス)

 待つ事少々で、家人の味噌ラーメンとほぼ同時に登場した、今回県境を超えて頂に来る理由となったネギ冷やし中華が登場。それでいつもは早速全体を混ぜるところ、今回は中央に鎮座するネギも単体で味わってみたかったので、まず、麺だけ少々引っ張り出して啜ってみたところ、ラーメンショップなのでいわゆるラーショ麺には違いないんですが、茹でた後、洗って冷たく締められた効果が凄く、コシやアシなどの歯応えが結構な事に。またタレは一般的な醤油ベースにお酢と甘味を加えたものでしょうか?それらのバランスというか味加減も丁度良いです。そして次に、ネギと一緒にいただいてみると、ゴマ油の香り高くピリッとした刺激が加わって、これがまた良いですね。あとは、全体を軽く混ぜていただくのですが、この時、たっぷり入った芥子、しかも結構緩いので、場所によっては芥子濃度が高くなってしまい、ブホっとなりかけてしまったという。ちなみに具は、ネギラーメンにも載っているタレで和えた白ネギとチャーシューの他、キュウリ、プチトマト、レタス、ワカメ、そしてメンマでした。

みそラーメン 670円(無料引換券にて味付玉子サービス)
みそラーメン 670円(無料引換券にて味付玉子サービス)

 また前回珍しくネギ味噌ラーメンをいただいてた家人は、「今回はノーマルのが食べたい」とのことで、味噌ラーメンをいただく事に。例によって味見させて貰ったのですが、前回ネギ味噌ラーメンを味見させて貰った時同様、味噌ダレがバシバシっと効き、思わずライスが欲しくなってしまうのは同様。また、油も結構コッテリしていたのですが、こちらのお店には更に背脂を加えた味噌ラーメンもあるとのことで、これはちょっと試してみたいですね。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、他にも気になるメニューが実は沢山あったりするので、自宅からは少々遠いですが、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年7月訪問

栃木県宇都宮市 自然派ラーメン 花の季

 このところ2回続けて(前回前々回)、タンメンをいただこうとお伺いしたにもかかわらず別の品をいただいてしまっていた花の季さんなのですが、この日、「二度ある事は三度ある」ではなく、「三度目の正直」とばかりにお伺いすることに。

キュウリの浅漬け(サービス)
キュウリの浅漬け(サービス)
なすの煮浸し 180円
なすの煮浸し 180円

 ですがその前に、自家農園の旬野菜を使った品から、なすの煮浸しを。ナスって大好きな野菜なので、メニューにあるとついつい頼んでしまいます。で、しっかりと冷やされた状態で出てきたのですが、一度揚げてから煮ているのでしょうか?甘味が引き出されたナスに、良い感じで味が染み、浸け地に入った唐辛子とあしらわれた青ジソ、ショウガが絶妙なマッチングで、これがもう。それと、突き出しで出てくる品が、いつもの大根甘酢漬けではなく、これまた旬のキュウリというのも良かったです。

たんめん 850円
たんめん 850円

 そして、三度目の正直となったタンメン。キャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン、キクラゲ、シイタケなどの一般的な野菜類に加え、自家農場で穫れたオクラ、プチトマト、ズッキーニが入っていました。で、これがチャーシュー、そしてベースの豚骨スープと合わされば、それぞれの旨味が一体となって、もう、たまりませんね。ほんと、こちらでタンメンをいただく度に、旬の野菜はごちそうだと気づかせてくれます。そしてタンメン専用?の(ラーメンよりも)幅広のツルツル麺がまた良く合って、これもまた。花の季さんでいただく際、どうしても目新しく感じる期間限定メニューを優先しがちになってしまっているのですが、実際にいただくとやっぱりこちらのタンメンは、個人的に好きなタンメンの中でもトップクラスだなぁと、改めて思います。

チェンピン 230円
チェンピン 230円

 こちらは、一緒にいただいた品。チェンピンは久しぶりなのですが、ある意味暴力的とも言える内包された肉汁というか肉肉しいスープは健在で。やっぱり旨いですねぇ。

ラーメン 730円
ラーメン 730円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。私が期間限定メニューだなんだと毎回浮ついているのに対し、家人は毎回ラーメンもしくはワンタンメンと、ブレないで注文するんですよね。それで例によって味見させて貰ったのですが、今回の豚骨スープ。タンメンをいたただいた時と同様、若干ライト目に感じました。ここ暫く、夏場はそういう風に感じる事が多いのですが、気のせいですかね。

 というわけで今回も、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成30年7月訪問

東京都武蔵野市 蒙古タンメン中本 吉祥寺店

 このところご無沙汰していた中本さんですが、今回たまたま、吉祥寺駅まで行く用事(と言っても京王井の頭線に乗るだけですが)ができたのを良い事に、吉祥寺駅近くにあるこちらのお店に初めてお伺いする事に。

瓶ビール 550円
瓶ビール 550円

 お伺いしたのが夕方だったので、まずはビールを一杯。それでビールにはモヤシの突き出しが付いているのですが、ゴマ油の香りと共にかなり塩味が濃いめで、ビールが進みまくりです。

辛肉味噌 120円
辛肉味噌 120円

 ただ、何か別のつまみも欲しかったので、こちらの品の食券もあらかじめ提出していたという。それでこの辛肉味噌。中本さんの中でも吉祥寺店だけにしかない吉祥飯というメニューがあるのですが、そのメインの具の部分だけを取り出したもの。ちなみに、吉祥飯はその辛さによってノーマルとREDの2種類有り、従ってこの辛肉味噌も2種類の辛さが選べるのですが、これはノーマルの方です。で、挽肉と角切りのタケノコ、そして千切りのショウガなどが良い塩梅で味付けされているのですが、品名に「味噌」と付いているものの、味わった感じては味噌味噌しておらず、どちらかというと醤油っぽいすっきり感があり、若干甘味もあるような味付けに感じました。あと、唐辛子はほとんど入っておらず、ほんのりと辛いくらいでした。

吉祥飯RED 200円
吉祥飯RED 200円

 ビールをいただいているとやって来たのが、ある意味今回のメインである、吉祥飯RED。前述のとおり吉祥寺店だけのオリジナルメニューで、ご飯の上には辛肉味噌、スライスされたゆで卵、そして千切りのキャベツが載っています。それで辛肉味噌はノーマルにしたので、こちらは辛いREDでお願いしたところ、まず見た目からして凶暴な赤さというか、名前どおり、ノーマルのものよりもだいぶ赤いです。で、実際味わってみると、カウンターに貼られたPOPには、「(ノーマルの)辛さ3倍」という記述があったにもかかわらず、ノーマルの5倍、いや10倍くらいの辛さに感じ、私レベルの辛さ耐性だとちょっと苦戦。ですが、後述する蒙古タンメンのスープをかけると、辛さが若干緩和され、美味しくいただく事ができました。

蒙古タンメン 800円 + 北極玉子 120円 + チャーシュー(1枚) 120円
蒙古タンメン 800円 + 北極玉子 120円 + チャーシュー(1枚) 120円

 そして続けざまに登場したのが、今回のメインである蒙古タンメン。いただくのは本当に久しぶりだったのですが、動物系出汁の味噌スープには、具の、クタクタに煮込まれた野菜類の甘味と旨味が溶け込み、そこにビリビリっと辛い蒙古麻婆が掛かる事によって味が締まると同時に深みと奥行きが加わって、これがもう。またグミモチっとした食感の麺とも良く合っていますね。で、今回は豪勢に、ちょい辛の味付け玉子といった感じの北極玉子と、トロっと柔らかく更に炙られて香ばしさが増したチャーシューをトッピングしたのですが、どちらも良かったです。

 というわけで、久しぶりの中本さん、しかも初めてのお店ということで気合いが入りすぎ、自分の胃のキャパシティを考えずに注文してしまったため、最後、お腹が相当苦しくなってしまったのは少々勿体なかったというか。ですが、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成30年7月訪問

福島県西白河郡泉崎村 椿ラーメンショップ 泉崎店

 福島競馬場からの帰り道。今回は訳あって、高速ではなく国道4号で帰ってきたのですが、その途中、夕食に立ち寄ったのが、その国道4号沿いにあるこちらのお店。丸の中に「椿」という字が書かれたラーメンショップは、以前から福島県内にあるのを知っていたというか、以前、矢吹にあるお店にお伺いしたこともあったのですが、いつの間にか赤地に白文字の「うまい ラーメンショップ うまい」というお馴染みの看板から、店舗外観含めずいぶんとオシャレな感じにリニューアルされていたんですね。(ついでに、公式ウェブサイトもできていたんですね。)

 お店には、午後7時半頃到着したのですが、広い駐車場は、結構な台数のトラックおよび普通乗用車が停まっています。そんな中クルマを停め、入口のところにある券売機で食券購入ののち入店。幸い、店内は混んでいるけど空席もある状態で、同行の家人と共にカウンター席に座ることができました。

キムチ(サービス)
キムチ(サービス)

 食券提出後、まずはセルフのお冷やと共に、サービスの自家製キムチを。個人的に好物の豆モヤシを使ったもので、唐辛子の辛味が強めなのに加え、シビレ的辛味も感じる刺激的味わいが良いですね。

ネギラーメン 720円
ネギラーメン 720円

 それで今回いただいたのが、定番のネギラーメン。まずは見た目からして表面に浮く背脂などコッテリ感があるのですが、早速スープに口を付けてみると、ガラ系ベースのそれは期待通りのコッテリ感に加え、タレの味もバシっと決まって、これが、もう。また麺は、ポニョシコっとした食感の、いわゆるラーメンショップの麺。そして具は、ゴマ油香るネギと、柔らかなロースチャーシューで、麺と一緒に頬張れば、たまりませんね。あと、珍しく感じたのが、粗みじんに切られたタマネギ。これがまた、良い仕事をしていました。それにしても、ライスが欲しくなるラーメンというか、今回は一緒にいただかなかったものの、これ絶対ライスと食べたら幸せになると思いました。

ネギ味噌ラーメン 820円
ネギ味噌ラーメン 820円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。例によって少々いただいたのですが、こちらも、コッテリとしたガラスープベースに、極めてラーショ的味噌ダレがバシバシっと効き、これもまた。こちらも絶対、ライスと共にいただくと幸せになれる味です。

ギョーザ 5個入 190円
ギョーザ 5個入 190円

 こちらは、一緒にいただいた品で、これぞラーショスタンダードと言うべき餃子という印象でした。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、特にラーメンは、どちらも印象に残りました。あと、ネギラーメンと共に看板に書いてあったネギつけ麺も気になるし、そして何より、券売機にはこのところハマっている冷し中華のボタンもむあったので、これは近いうちにまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年7月訪問

栃木県宇都宮市 餃子の王将 宇都宮インターパークビレッジ店

 このところハマっている冷やし中華ですが、今回は家人と用足しがてら宇都宮インターパークビレッジ内にあるこちらのお店まで。個人的には実に8年ぶりの訪問となりますね。

 お店には、土曜日の開店時間(午前11時)から10分も経たない頃に伺いしたのですが、なんと、広い店内は既に満席!店頭のウエイティングリストに記名し待つ事20分少々で、ようやく店内へとご案内になりました。それで席に着き早速注文なのですが、まずは私の冷し中華と、家人は王将ラーメン。そして折角王将に来たので餃子もお願いすることに。

餃子 259円
餃子 259円

 で、注文してすぐに餃子が登場。さすがに混んでいる、かつ回転が速いお店だけあって、見込みで焼いていたとしても焼きたてがいただけるのは何気に凄いと思うのですが、まずは1つを何も付けずにいただいてみたところ、これが定番の定番だけあって、皮の厚みや食感、中の餡の味付けやニンニクの効き具合、肉や野菜の量や割合など、どこを取ってもグッド・バランスかつスタンダードという感じ。また、個人的に好きなお酢+ラー油でいただいても良いのですが、卓上のあらかじめ調合されたタレを使っても安定の味わいです。

王将ラーメン 540円
王将ラーメン 540円

 次に登場したのは、同行の家人がいただいたこちらの品。例によって少々味見させて貰ったのですが、白濁した見た目ほどコッテリ感はなく、どちらかというとスムースな口当たり。また具の(どちらも多めに載る)モヤシと白ネギが効いていて、むしろサッパリ感もあったりして。ちなみに家人はも「モヤシが効いている」との感想でした。

冷し中華 734円
冷し中華 734円

 そして最後に登場したのが、今回のお目当てである冷し中華。さすがに餃子の王将さんでも通年メニューというわけではなく、夏季限定なんですね。それで早速、全体を軽く混ぜていただくのですが、タレは醤油ベースの甘酸っぱいタイプながら、甘め濃いめな味付けで、加えて油感というかコッテリ感もあり。量も「惜しげも無く」という感じでたっぷりめに注がれていました。また細めの麺は、一般的な感じの中華麺ながら、かなり冷たく締められている為、相当ツルシコっとした食感になっています。そして具は、これまたコッテリ感のあるチャーシューがたっぷりと入って嬉しいのですが、他にはカニかま(高級なタイプ)と錦糸玉子、そしてキュウリとプチトマトという構成で、量的には麺に対してやや多く感じるバランスに感じました。(ある意味、サービス良いと思います。)あと、辛子が添えられていなかったのですが、店員さんに言えば持ってきてくれたんですかね?もっとも、卓上のラー油で味変してもこれがまた悪くなかったのですが。

 というわけで、どの品もさすがは餃子の王将さんだけあって、アベレージヒッター揃いというか、外さなかったですね。中でも冷やし中華は、わりとオーソドックスな構成ながらインパクトもある味わいというところが、さすがだと思いました。ごちそうさまです。

平成30年7月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 5
7 9 11
16 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ