たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 手打ラーメン やしお

 前回お伺いしてからだいぶ経ってしまったこちらのお店。というのも、間が悪いことにお伺いした何度かがたまたま休みの日に当たってしまったからなのですが、この日はお店の前を通過した際に営業を確認できたので、引き返してお伺いした次第。

タンタンめん 600円
タンタンめん 600円

 それでいただくのは、こちらのお店で一番多くいただいているタンタンめん。そういえばこのスープから香るちょっと独特な匂いの元って、甘唐辛子だったんですね。なので(スープの)真っ赤な色のわりには辛さは丁度良かったんだと、今更ながらに気がついた次第。その辛味と旨味、ベースのスープや具のひき肉から出た動物系っぽい旨味、味付けの適度な塩味、ふわふわの溶き卵などがこの味わいを作り出しているんだな、と。そのスープに、やや太めの縮れ麺がよく絡んで、これが、もう。ちなみにその麺は、今日はちょっと硬めの茹で加減になっていました。

 というわけで、久しぶりですが「そうそうこの味」と美味しくいただいたのですが、そういえばこちらのお店でタンタンめん以外のメニューって、数えるほどしかいただいていなかったなと。(隣のお客さんが食べていた味噌ラーメンがまた旨そうだったんです。)なので次回は、そのあたりも攻めてみたいですね。ごちそうさまでした。

令和元年7月訪問

栃木県那須塩原市 ふうふう亭

 このところ精神的に参ってきている自覚があるのですが、そんな時は食べ物に対する欲求も間違いがないものを求めるというか、頭に思い浮かぶものが自分的ド定番だけになってしまうというか、まぁ要するに、どこかに食べに行こうとなった時、先月もいただいたふうふう亭さんのピリ辛みそ〈辛〉が食べたくなったわけで。

ピリ辛みそ〈辛〉野菜みそ 700円
ピリ辛みそ〈辛〉野菜みそ 700円
小ライス 150円
小ライス 150円

 前回はチャーシュー1枚載せにしましたが、今回は標準品にライスのみ追加でお願い。早速スープからいただけば、コクのあるベースに背脂のコッテリ感やショウガなどの香味野菜、そしてそんなに辛くないまさしくピリ辛程度の唐辛子とまろやかな味噌味が融合した味。そこに、茹で野菜がサッパリ感と軽さを加えて、プリシコっとした食感の麺がまた良いんですよね。更には、麺と野菜を食べ終わった丼に、ライスを投入しで残ったスープを堪能。初めてこちらのお店でピリ辛みそをいただいたのは十数年前で、その時から改良やアレンジが加えられ続け、更には今とはお店の場所も変わっていたりするのですが、ベースと言うか、私が好きな部分はほぼほぼ変わっていないというのが、この品を好きでい続ける理由なんですよね。

ワンタンメン 750円
ワンタンメン 750円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。例によって少々味見させて貰ったのですが、あっさり醤油味に大ぶりなワンタンがよく合って、これも良かったです。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、食べたいものがあって、それを美味しく感じられるうちはまだ大丈夫かな、と。ごちそうさまでした。

令和元年7月訪問

栃木県鹿沼市 ラーメンショップ 運転免許センター北口店

 土曜日の朝、急にラーメンショップのラーメンが食べたくなってしまったのですが、2つほど思い浮かんだ選択肢の中から、今回は東北自動車道を南下。そして、鹿沼インターチェンジで降りてこちらのお店まで。

ネギミソチャーシューメン 930円
ライス 130円
※間違ってデータ消してしまい写真なし

 それでいただいたのは、朝から豪勢に、ネギ味噌チャーシューにライスを付けて。で、注文時、前回いただいたコッテリスープでお願いしようとしたところ、今日は(というかこの時間は?)無しということでちょっとガッカリしてしまったのですが、登場後、気を取り直してノーマルなスープを一口すすれば、まろやかな豚骨と味噌の味わいはコッテリじゃなくても悪くなく、ツルッとして気持ち柔めの細麺と共に、ほんと、スルスル~っと身体に入っていくようです。そこに細切りされタレなどで和えられたネギが香りとピリッとした味、そして食感でもアクセントを付け、メンマとモヤシ、ワカメは箸休めに。更には、柔らかいチャーシューが満足感を与えてれるのですが、今回はチャーシュー麺にしたので、満足というか大満足。麺と一緒にいただいたり、ライスと一緒にいただいたりして堪能しまくりました。

 というわけで、今回も美味しくいただきました。ごそうさまです。

令和元年7月訪問

栃木県宇都宮市 自然派ラーメン 花の季

 個人的に、夏はタンメンの季節だと思っているのですが、その原因になっているのがこちらの花の季さん。というのも、こちらのタンメンは、お店の農場でその時々に採れる野菜がたっぷり入っているのですが、特に夏場は、キャベツなどの味が濃くなるし、また野菜の種類も増えるからなんですよね。

 ですがその前に、このところ何かしらいただいている、自家製野菜を使ったサイドメニューをいくつか。

きゅうりのおつけもの (サービス)
きゅうりのおつけもの (サービス)

 こちらは最初に、「気持ちの品」として出していただける一品。大根の甘酢漬けが多いと思うのですが、今回はキュウリのお漬物でした。で、青じそと青唐辛子の風味がなんとも夏らしく良いですね。

なすの揚げ浸し 280円
なすの揚げ浸し 280円

 こちらは、「本日の野菜」シリーズから2品を。それでまず、なすの揚げ浸しですが、個人的には大好きな料理で、昨年のもいただいた覚えが。で、早速口に入れると、揚げたことによって甘くなったナスに、お出汁がじわっと染みてて、これが、もう。そこに相性の良いおろしショウガがアクセントとなって、たまりませんね。

夏野菜のリゾット 280円
夏野菜のリゾット 280円

 そしてもう一つは夏野菜のリゾットなのですが、これは「リゾット風」と言う感じの品。ズッキーニやトマトなど沢山の種類の夏野菜を細かく刻み、それをお米に見立てているんですかね。そこに、クリームチーズがベースのスープというかタレが絡み、あと粉チーズとオリーブオイルでしょうか。それらをスプーンていただけば、一口ごとに何とも賑やかで楽しい、そしい面白い味わい。あと、天辺に載ったミントの葉が心憎いですね。

たんめん 850円 + 煮たまご 120円
たんめん 850円 + 煮たまご 120円

 そうこうしているうちに、本日のお目当てのたんめんが登場。まずはスープからいってみたところ、今回のはベースの豚骨スープがサラッとあっさり目に感じたのですが、そこに野菜とチャーシューの旨味がしっかりと出ているのと、暑い気温を意識したのか若干強めの塩気が効き、これはこれでいい感じの味わい。ちなみに今回の野菜類は、キャベツ、ニンジン、豆モヤシ、ズッキーニ(緑・黄)、ニラ、ブロッコリー、トマト、キクラゲ、シイタケと10種類も入っていました。あとは、それらの野菜と、一種に煮た?チャーシューを口に入れ、スープを啜り、ツルツルっとした太めの平打ち麺も啜り、合間に追加のポクポクした味玉もいただけば、これが、また。今回のたんめんも、なかなかに印象深かったです。

チェンピン 230円
チェンピン 230円

 こちらは、一緒にいただいた野菜以外の品。花の季さんの定番サイドメニューですが、ジューシー過ぎるくらい、しかも味がしっかりとした餡と上下面カリっ、それ以外はモチっとした皮の組み合わせは、何度いただいてもこちらならではの味わいですね。

ワンタンメン 850円
ワンタンメン 850円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。例によって少々味見させてもらったのですが、スープの傾向はこちらも同じというか、豚骨ライト目(といっても十分な濃さはありますが。)塩気強めの夏らしい味わい。大粒ので肉がミッシリと詰まったワンタンも食べごたえがありますね。

 というわけで、今回も美味しくいただいたのですが、さすがにこれだけの量はお腹がいっぱいになってしまったという。でも、新鮮な野菜を沢山いただいたので、何か元気になった気がします。ごちそうさまでした。

令和元年6月訪問

栃木県那須塩原市 中國料理 樓蘭

 この日、わりと大人数で黒磯まで来たのですが、来る途中、昼食をどうするかという話になって、同行者のうちの一人が見つけたのがこちらのお店。それで所用を済ませお店には12時半頃到着したところ、パっと見で広そうな店内は満席で、店頭のウエイティングスペースにはグループ客が待っているという。平日、しかも小雨が降っているというのに、かなりの盛況というか、その店内や待っている人たちの客層を見ると、地元で愛されているお店のようですね。で、別のお店に行こうという話も出かかったのですが、せっかく来たので店頭で待たせてもらうことにして、その後暫し。途中、私達が待っているのを確認して帰っていくお客さんもいたのですが、待ち初めて約20分後に入店。更にその後、私達全員が座れる広いテーブルが空くと、そこに案内してくれました。

半半(バンバン)セット 950円
半半(バンバン)セット 950円

 それで注文はお得なランチセットにも惹かれたのですが、ハーフサイズのラーメン、チャーハン、そして餃子がセットという、個人的には夢のメニューとなるこちらの品を。待つこと暫しでサラダ、餃子とタレ、チャーハンとお新香、最後にラーメンという順番で登場しました。それらを、写真を撮るため揃うのを待ってから、まずはラーメンから。スープは、当たり前ですが本格中華料理店的味わいで、あっさりしているけど旨味に深みがあり、そこに、トラディショナルな醤油味が効いているという印象です。それ合わせるのは、細めの縮れ麺と、具は、中華料理屋さんのしっかりとしたチャーシューに、メンマ、そして青菜とシンプルなのですが、これがまた良かったというか。で、次に餃子をいってみたところ、待つ間に若干冷め気味になってしまったものの、それでも十分にジューシー。登場したてをいただいたら、さぞやと思わせる味でした。(ほんと、揃うのを待たずに早く食べちゃえばよかった!)またチャーハンはパラパラの仕上がりで、抑えめな味付が良い感じ。あと何げに良かったのがサラダで、ちゃんと掃除され、しっかりと冷やされ、歯応えも良し。ドレッシングの味加減も良かったです。そして最後に、温かいウーロン茶まで出していただいたのが嬉しかったですね。

 というわけで、どの品もベーシックながら、お店のこだわりというか作り手の技が詰まった料理という感じで、こちらのお店を堪能させてもらったように感じました。ほんと、待った会があった美味しさでしたね。ごちそうさまでした。

令和元年6月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ