たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

千葉県富津市 梅乃屋

 千葉県富津市の竹岡地区に、昔から食べ継がれているラーメンがあります。今では「竹岡式」などと呼ばれるようですが、スープはチャーシューを煮た醤油をお湯で割って使うなどかなり特徴的な作り方で、個人的には是非一度いただいてみたいと思っていたものの、栃木の自宅からだとなかなか来づらいというか来る機会があまりない場所にあるため、未食となっておりました。

 ですが今回、前の記事でも書いたように、久里浜港と富津市の金谷港を結ぶ東京湾フェリーに乗る機会が。で、金谷港の近くにはJR内房線の浜金谷駅があり、その隣の駅は竹岡駅。更に調べたところ、駅から有名なお店までは2.4km程だったので、それなら駅から歩いて行ける範囲かな、と。そうとわかれば早速実行するしかないわけで、浜金谷駅から電車に乗って、竹岡駅には12時18分に到着。駅を背に坂を下って海の方に向かうと国道127号に突き当たるので右折。あとは、ほとんどの区間で狭い歩道を、はじめは海の近くを、その後は海を離れてトンネルを通って橋を渡り、電車を降りて丁度30分、12時48分にお店に到着。店頭には入店待ちしている人たちが7,8人程と、煮炊きに使うと思しき炭が置いてありました。で、列の後ろに付き、行列が半分ちょっと減った頃に注文。店員さんによるとこの日注文できるのはラーメンと大ラーメン、あと、やくみのみとのこと(チャーシューメンは注文不可。)なので、ラーメンとやくみを注文してまた待つこと暫し。お店に到着してから合計で10数分待って店内へと案内されました。

 お店の形状からして広くない店内ですが、テーブル席のほか小上がり席も。それでテーブル席の方は基本的に相席の様子で、ちなみに私が案内されたのは、入口に近い6人がけのテーブルに、6人相席という状態です。(あ、相席自体は個人的に全く問題ないです。)また店内から見える厨房はかなり狭く、その中でお姉さん型がせわしなくラーメンを煮ている様子。そんな中、また15分程待つと、いよいよ、お目当てのラーメンとご対面となりました。

ラーメン 800円 + やくみ 50円
ラーメン 800円 + やくみ 50円

 で、まずは黒ぐろとしたスープを一口いってみたところ、潔いくらいの醤油の味。ですが、醤油は火を入れられた丸みがありますし、加えて豚肉由来と思われる旨味も感じられますね。そこに、やくみの生タマネギがたっぷり入ってるのですが、その風味が強めののアクセント。また切ったあと少々経っていたのか辛味は控えめでした。そして、このお店は麺が特徴的というか、なんと乾麺を使用。それを、炭の高火力で一気に煮るのがポイントらしいのですが、いただいてみるとフワっとした乾麺独特の食感で、加えて茹で加減は柔らかめに感じました。この軽めの食感なら、大盛りでもいけたかもしれませんね。そして具のチャーシューは肉っ!肉っ!肉っ!ほんと、かなりの量が入っています。(チャーシューメンにしたらどれだけ入るんですかね。)またその食感は、(意外なことに)柔らかさもあり、脂身はぷりぷり。醤油味も程よく染み、これは美味いですね。

 というわけで、個人的には感心しつつも美味しくいただいたのですが、願わくば、普段の姿も見てみたいというか、こういうお店は、平日に来てこそという気もしました。なのでまた、機会を作ってぜひともお伺いしたいのですが、その時は、今日注文できなかったチャーシューメンに、名物の(焼酎)梅割りもいってみたいなぁ、と。ごちそうさまでした。

平成31年4月訪問

栃木県那須塩原市 ラーメン ねぎっこ 那須塩原本店

 この日はたまに訪れる、小難しいことを考えずにラーメンが食べたい日だったので、迷うことなくこちらのお店へ

こくうま野菜ラーメン(みそ味) 860円 + 味付たまご 100円
こくうま野菜ラーメン(みそ味) 860円 + 味付たまご 100円

 それで今回いただいたのは、店内に貼られたPOPに「期間限定」「オーナーおすすめ!」の文字が踊るこちらの品を。確か前回だかにお伺いした時、(別の品を)注文した後に存在に気がついたのですが、今回まで残っていてよかったです。で、見た目的には色の濃い野菜みそラーメンといった感じなのですが、まずはその色の濃いスープからいってみたところ、これが、もう。POPにはマー油と自家製辛しみそ使用していると書いてあったのですが、それらがそれぞれ主張し過ぎず、しかし辛味や甘味、苦味や香ばしさなどを加えることによって、ノーマルの豚骨白湯味噌味よりも深い味わいを作り出しています。また、歯応えシコっ歯切れパツっとした太めのストレート麺や、たっぷり載る具の野菜と豚肉などは他の野菜ラーメンと共通でしょうか。それと、追加の味付たまごは、味加減や黄身の固まり具合など、いつものクオリティでした。

焼ギョーザ 280円
焼ギョーザ 280円

 こちらは、一緒にいただいた品。いただく度に思うのですが、餡には豚肉がたっぷり入っているし、これでこのお値段はお得感あるなぁ、と。

からしみそラーメン 680円
からしみそラーメン 680円

 こちらは、同行者がいただいた品。ここ暫く、これしか食べていない気がするのですが。

 というわけで、今回もどれも美味しく頂き満足したのですが、特にこくうま野菜ラーメンは、こちのお店で普段使っているものを組み合わせ、更に別の味わいを生み出されているように感じました。個人的に良く頼みはするけどその時の気分によって頼む味(塩とか醤油とか辛しみそとか)の違う野菜ラーメンですが、もしレギュラーメニュー化された暁には、その選択肢に加えたくなりましたね。ごちそうさまでした。

平成31年4月訪問

千葉県船橋市 東京スタイルみそらーめん ど・みそ JRA中山競馬場店

 ラーメンなら何でも好きを自認するわりに競馬場に行くとあまり食べなくなるのが自分でも不思議なのですが、中山競馬場と東京競馬場にお店を出している有名店「ど・みそ」さんも、両競馬場にそれなりの回数お伺いしているものの、まだ未食になっていました。で、これじゃいかんというか、このままだと食べようと思いつついつまで経っても食べないなんてことになりかねなかったので、中山競馬場にお伺いしたこの日、お店が空いてきた時間を見計らってお伺い。それでも結構な行列だったんですが。

味玉みそこってりらーめん 880円
味玉みそこってりらーめん 880円

 それでいただいたのが、「一番人気」と書かれた特みそこってりらーめんではなく、それと同価格のこちらの品。違いは、チャーシューとゆで卵が載る特みそに対し、こちらはチャーシューがなく味玉が載るという感じで。で、食券を渡してから作るところを見ていると、背脂がたっぷりと入って、名前のとおりこってりしていそうです。ですが、ちょっとだけ待って手渡されたラーメンを持って立ち食いカウンターに行き、まずはスープから言ってみたところ、一口目の印象はスパイシー。もちろん、背脂のコッテリ感もあるのですが、それ以上にスパイシーという感じです。加えて味噌感もしっかりとあり、濃いめの味付けと相まって、深くて重い印象ですね。そしてこれに合わせる麺は、有名な浅草開花楼製の太縮れ麺。ムチモチガシっとした密度感高めな食感が、ヘヴィなスープとよく合っています。それと具は、茹でモヤシとコーンがサッパリ感を付与。味玉は半熟タイプで、単体でいただくと味加減も丁度良かったのですが、スープが強いので持ってかれ気味というか、プレーンなゆで卵の方がかえって良いのかもしれません。

ライムサワー 300円
ライムサワー 300円

 中山競馬場内各所でサワーの類は売られているのですが、こちらお店が場内で一番リーズナブルかもしれません。しかも、個人的に大好きなライムサワーが有るのが嬉しくて、食後にデザート感覚で。ちなみに他の味は、定番のレモンやグレープフルーツの他、カシス、青りんご、巨峰、カルピスと、ちょっとしたチェーン居酒屋並に揃っていました。

 というわけでデザートまで含めて美味しくいただいたのですが、競馬場だとどうしても他の食べ物が気になってしまうので、お腹いっぱいになるラーメンは避けてしまうのかな、と、食べながら思った次第で。ごちそうさまでした。

平成31年4月訪問

栃木県さくら市 ラーメンショップ 氏家店

 前の記事のとおり先日もラーメンショップ(ラーショ)でいただいたばかりだったのですが、この日もふとラーショが食べたくなり、こちらのお店まで。

ネギみそチャーシューメン(並) 880円
ネギみそチャーシューメン(並) 880円

 それで今回いただいたのがこちらの品。早速、真ん中の味噌ダレが絡んだネギ(写真だとワカメの下に埋蔵)を全体によく混ぜてからいってみたところ、今日のスープはベースがアッサリですが表面には油も浮く感じで、味噌ダレは若干薄目に感じました。また麺は、いつものツルっとしたラーショ麺ですが、茹で加減は若干やわめ。そして具のチャーシューは、ワイルドかつ歯応えがハードなものが多く感じました。それであとは、ニンニクを入れたり豆板醤を使ったり(個人的には、丼に直接投入せず、匙が触れぬよう注意しつつレンゲにとって麺を付ける感じで使います。)お酢を入れたりといつもの味変を決めつつスープを飲み干すところまでがラーショです。(異論は認める。)

 というわけで、ごちそうさまでした。

平成31年4月訪問

福島県西白河郡泉崎村 椿ラーメンショップ 泉崎店

 福島競馬場からの帰り道、同行者と夕食どうしようという話になり、矢吹インターチェンジから国道4号へ。

缶ビール 350円 と キムチ(無料)
缶ビール 350円 と キムチ(無料)

 帰り道の運転は同行者にお願いしてあるので、入り口のところで食券と共に、その向かい側にある自販機で缶ビール(1人2本までとなっています。)を購入。食券提出後、無料の自家製キムチをつまみにいただけば、もう。それにしても、アサヒスーパードライは裏切りませんなぁ。

ネギつけ麺(並盛) 840円
ネギつけ麺(並盛) 840円

 それで今回いただ いたメインの品が、看板商品というか、「ラーメンョップ」の看板にネギラーメンと共に書かれているこちらの品。ちなみに、麺は並盛(約435g)も中盛(約580g)も大盛(約725g)も同一料金なのですが、今回は並盛(それでもラーメン1.5玉分)でお願いしました。で、早速つけ汁に麺を浸してズルズルっと啜り込めば、これがなかなか。自家製の麺は、茹でたあと締められたことによってお品書きに謳ってあるとおりのツルシコ食感となっています。またつけ汁ですが、醤油ダレがしょっぱめに効き、そこにお酢の酸味や背脂のコッテリ感は足されていますが甘味はなし。そこにネギを和えているゴマ油の香りが加わっていて、良い感じですね。更に、卓上のラージャン、ニンニクで味変しつついただけば、また。

ギョーザ 10個 450円
ギョーザ 10個 450円

 つけ麺を並盛にしたのは、一緒にこの餃子をいただきたかったため。といってもこの10個ではなく5個250円の方をいこうと思っていたのですが。で、まずはそのまま、次にお酢+ラー油、最後にお酢+ラー油+醤油と味を変えつついただくのですが、皮の焼き目はサっクサクで、中の餡は野菜多めながらバランスの取れたさっぱり目の味わいで、これが何個でもいけそうな按配。結局、同行者と共に(気持ち的には)軽く食べ尽くしてしまったという。

味玉ラーメン 690円
味玉ラーメン 690円

 こちらは、同行者がいただいた品。つけ麺と餃子でお腹がいっぱいになってしまったので、スープを少々味見するに留まったのですが、ネギが入らないせいか背油の香りがして、口当たりはかなりコッテリ目に感じました。

 というわけで、今回もどれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成31年4月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ