たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 ラーメン どさん子 大田原店

 このところ所用がらみとはいえわりと遠くのお店ばかり行っていたこともあり、この日は「近場のお店でいただきたい」と言ったところ、家人から「長年の謎を今年中に解決したいので、どさん子さんに行くがよい」との一言が。そういえば、このところ、クラシックな味噌ラーメンがいただきたかったところなんですよね。

ベーコン焼定食 800円
ベーコン焼定食 800円
 それで注文後まず登場したのが、今回のある意味メインというか、家人、そして私も長年謎に思っていた品。実はこちらのお店って、定食類やご飯物のメニューがとても豊富だったりするのですが、その中で、(焼肉定食などの分かり易い品名と違って)ベーコンで定食ということで名前から想像力をかき立てられることに加え、値段もこちらのお店で2番目に高額(焼肉定食などと同額)な品だったりするんです。で、ライス、味噌汁、お新香ときて、メインのお皿がテーブルに載せられると「成る程!そういうことか!」と即座に納得。ベーコンがメインのベーコンエッグなのですが、ベーコンは厚みが5mm以上有るものがゴロゴロという感じでした。で、ご飯の量も含めかなりボリューミーなので、食べきれない分が私に回ってきたのですが、焼かれたベーコンは黒コショウが効かされていて美味。また、味噌汁はワカメと豆腐、ネギと極めてスタンダートながらホっとするお味でした。

みそバターラーメン 650円
みそバターラーメン 650円
 そして前述のとおり、私がいただいたのは、いつものみそバターラーメン。ニンニクが効いた味噌ダレに、モヤシとキャベツ(今日はちょっと少なかった)、そして挽き肉という、個人的初体験と同じ構成の味噌ラーメンは、やっぱり今回も旨いです。ムチポニョッとした食感の中太麺も前回同様の良さで、コリコリのメンマと茎ワカメが箸休めに丁度良いのも相変わらずだったのですが、今回は体調の所為かいつものガツンとくる感じがなかったというか、ちょっと大人しめの味に感じました。

しそ餃子 350円
しそ餃子 350円
 こちらは、私がラーメンと一緒にいただいた品。実はどさん子さんの餃子は確か初めてだったと思うのですが、失礼ながら、これが想像以上だったというか。上手い焼き加減のお陰か、皮のカリモチ感もあり、そして中の餡も皮肉汁滴るとまではいきませんが、わりとジューシー。そしてシソが良い感じに効いていて、もう。いただいている間、テイクアウトで餃子3人前というお客さんが居たのですが、確かに、これはいただいた方が良い品かもしれません。今度は、ノーマルな餃子もいってみたいですね。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、そのお陰か今度は私も、いつものみそバターラーメンでは無く、別の品をいってみようという気になりました。別の味噌味が醤油味か塩味か、はたまた定食メニューか。ほんと、何をいただきますかね。ごちそうさまでした。

平成29年11月訪問

栃木県河内郡上三川町 らー麺 藤原家

 今回お伺いするのは、個人的に長年の宿題となっていたお店。2000年代初頭に、県内でかなり話題になっていたのですが、その後惜しまれつつの閉店を経て、2010年に名前を変えて復活。で、復活後も「いつかお伺いしたい」と思いつつ、今日まできてしまったという。それで平日のこの日はお昼時に宇都宮市内に用事があったため(そういえば前回前々回と、ここ3回連続。その前のうどんも入れると4回連続で宇都宮での所用ですね。)、その前に新4号でちょっと足を伸ばして上三川まで。お昼ちょっと前に到着しました。

サービスのサラダ
サービスのサラダ
 お店の造りはかなり立派で、店内も広々。席もテーブル席や小上がりもあるのですが、今回はお一人~二人様用とおぼしき大きなテーブルに着席し、注文のためにお品書きを手に取ろうとしたところ、立派な冊子になっているレギュラーメニューの他、パウチされた写真入りのも多数あって、その中には、個人的に大好きだった宇都宮の彩羅さん(閉店)の看板メニュー「赤玉パンチラーメン・つけ麺」も、当時は確かなかった味噌味やカレー味が加わって載っていました。で、それにかなり心惹かれたのですが、今回はレギュラーメニューの中からお店の基本っぽいものと、お店のウリになっているサイドメニューがいただけるセット品をいただく事に。注文後、「お召し上がりになったお待ちください」とサラダが出てくるのが嬉しいのですが、そこに載っている昆布は、スープを取る時に使ったものでしょうか?それでも味は良い感じに残っていますね。

藤原家麺 880円(税別)
藤原家麺 880円(税別)
 その後程なくして登場したラーメンが、こちらの品。ちなみに味付けは、店主さんイチオシで醤油メインの1号「茶」、人気の白醤油メインという2号「白」、天日乾燃自然塩を使用したという3号「塩」から選べるのですが、今回は1号「茶」でお願いしました。それで早速そのツユからいってみたところ、動物系や魚介系、植物系など様々な素材から抽出された出汁が織りなす風味と旨味が、贅沢だけどしつこくないというか。また醤油ダレは味のピントを合いやすくはすれどその主張は強すぎず、一体感がある塩梅です。そして麺は、製粉から自家製という中細のストレートタイプ。加水率はどちらかというと低めでしょうか?最初はコリシコっとした歯応えが楽しめ、それが食べ進むうち徐々に全体と馴染んでいく感じもあります。それと具ですが、特に2種類のチャーシュー、そして味玉が良かったというか。まずはチャーシューですが、コショウの風味が効いているほうは低温調理でしょうか?肉肉しい味わいと歯応えが楽しめ、もう一方のは柔らかめの食感で、懐かしい感じの煮豚味。次に味玉は、醤油ベースの味付けで、その味加減、黄身の中心部がトロッとした火の通し加減共に絶妙でした。

揚げシュウマイセット(Aセット) 330円(税別)
揚げシュウマイセット(Aセット) 330円(税別)
 こちらは、一緒にいただいたセット品。こちらのお店はラーメンのメニューも豊富なのですが、セットメニューもかなり豊富で、ライスとお新香のみのセットを除いて8種類もありました。その中からいただいたのが、前述のとおりお店のウリっぽかった(外に幟旗も出ていたかと。)揚げ餃子が付くこのセット。で、いくら自家製を謳っても、揚げ餃子にしてしまうと、正直なところ(既製品と)そんなに差が出ないだろうなどと思ってしまったのですが、申し訳ありません。私が浅はかでした。薄皮はパリっとクリスピーなのは予想通りだったのですが、そこから更に歯を入れると、中から肉汁が。まさかシュウマイで「ジューシー」などという表現を使うとは思っていなかったのですが、まさしくジューシーでこれが、もう。そのままでも、辛子を付けても、醤油+辛子でも、酢醤油+辛子でも美味しくいただけたのですが、これ、ビールにもめっちゃ合いそうですね。あと、添えられた漬け物もありきたりな市販品では無く、大根の他にハヤトウリだと思うのですが、こういう所にまで凝っているのは凄いと思いました。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、ラーメンはもちろん、個人的には揚げシュウマイがとってもインプレッシブでした。また、今回惹かれつついただかなかった赤玉パンチ系の品や、他にも多数あるラーメンとセットメニューなど、いただいてみたい品は数々あるので、また是非とも、機会を作ってお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年11月訪問

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017 [1次ラウンド]第2節 (松江シティFC 対 サウルコス福井、VONDS市原FC 対 鈴鹿アンリミテッドFC) 【平成29年11月25日・栃木県グリーンスタジアム】

松江シティFC 対 サウルコス福井 キックオフ!

 日本には、「世界一過酷な大会」と呼ばれるサッカーの大会があるのをご存じでしょうか?

 それが、1977年に開始され、現在は毎年11月に行われている『全国地域サッカーチャンピオンズリーグ』。全国に9つある社会人の地域リーグの優勝チームと、別に行われる『全国社会人サッカー選手権大会』(トーナメント方式)の上位チームなど全12チームで争われ、予選に当たる1次ラウンドが12チームを3グループに分けた4チームの総当たり戦を連続3日間で、そしてその2週間後に各グループの1位3チームと2位のうち最上位の1チームの計4チームの総当たり戦を連続3日間で行って優勝から4位を決定するというもの。その1次ラウンドが、今年は宇都宮市の栃木県グリーンスタジアムで行われるというので、観戦してまいりました。


栃木県宇都宮市 麺屋 一凛

 このところ宇都宮に用事のある日が続いている気がするのですが、この日も宇都宮の北の方に用事があり、そのついでに昼食を。で、月曜日ということで休みのお店が多いなか、こちらは営業中でしたのでお伺いしたのですが、なんていうか、この時は、砂漠の中でオアシスを見つけたような気分でした。

ラーメン 590円
ラーメン 590円
 それで今回いただいたのが、こちらの基本と言うべきラーメンなのですが、まさしく、シンプルイズベストなんじゃないでしょうか?それを特に感じるのがツユで、ベースとなる出汁は、(1杯の値段を考えると)原価を掛けて様々な素材を使いまくっているわけではないとは思うのですが、動物系の旨味は十分ですし、更に表面に浮く油や、良い感じで味付けする醤油ダレ、薬味的にあしらわれた白ネギなど、味を構成する要素はさほど多くないものの、それら全てが十二分に力を発揮して、味を作り上げているように思えるのです。(と、自分でも書いていて「何言ってんだこいつ」的な表現になってしまったのですが、要するに、アッサリしているけど美味しいツユということで。)そこに合わせる麺は、確か自家製だったと思うのですが、やや平べったい形状の縮れ麺で、太さは中くらいながら、ムチシコっとした強めの弾力が楽しめる歯応えが印象的。それに加え、ツルツルっと入っていく喉越しも良いですね。そして麺と並んで印象的なのが、大判のチャーシュー。今回は指定しなかったのでロース肉を使ったものですが、適度な歯応えと肉本来の味わいが楽しめる仕上がりになっています。そこに、良い塩梅に味付けされた極太のメンマが加わって、繰り返しますが、シンプルながらも完成された1杯になっていますね。

ぎょうざ 3ヶ 250円
ぎょうざ 3ヶ 250円
 こちらは、一緒にいただいたもの。一凛さんの餃子はかなり久しぶりなのですが、これもまた、シンプルイズベスト。(って、餃子という食べ物自体が、ごちゃごちゃと色んな要素を入れても美味しくなるとは思いませんが。)確か自家製の皮は、確かな存在感。焼き目はカリっ、他はムチっとした食感で全体を包み込み、中の餡はざく切りキャベツと共に肉っ気もちゃんとあって、適度なジューシーさも。また、個人的には何も付けずとも全然いけてしまうお味なのですが、添えられたタレを付けてみたところ、味がビシっと決まったような。ちなみに、今回は3個にしてしまいましたが、これは5個(390円)でも良かったかもしれません。

 それにしても、これでお値段合わせて840円って、どれだけコストパフォーマンス良いんですかね。それでいて、しっかりと美味しく、満足も出来るという。ほんと、こちらの店主さんの、値段にこだわって美味しいものを出す心意気には、改めて頭が下がります。ごちそうさまでした。

平成29年10月訪問

栃木県宇都宮市 ら~めん厨房 つきまる

 休日のこの日。台風が近づいて雨が降るなか、所用で午前中、宇都宮まで。で、お昼前の時点で折角宇都宮にいるのだから、お昼は普段なかなかお伺い出来ない宇都宮でも南のほうのお店で(自宅から直で向かうとなると、せいぜい宇都宮の北部止まりなんですよね……。)ということで、個人的に再訪したかったこちらのお店にお伺いすることに。

 お店にはお昼ちょっと前に到着したところ、なんとギリギリ待ち無しで入れたという感じで。逆にそれで、今回何をいただこうか選ぶ時間が短くなったと思って焦ったのですが、お品書きを見て気になった、確かレギュラーメニューの中で未食だったこちらの品に。

極み!!海老だしら~めん 790円 + 特製煮玉子 110円
極み!!海老だしら~めん 790円 + 特製煮玉子 110円
 それで早速、ツユからいってみたところ、最初に香るエビ風味は、強めながらもくどすぎず丁度良い感じで。それは味わってみても同様で、スープのベースは豚骨でしょうか?少なくとも動物系メインで適度に油感もあるように感じましたが、そこにエビの旨味も加わって、軽めの口当たりながら重層的な味が良いですね。また塩気も濃すぎずこれも適度なのですが、味付けのメインとなる調味料は何を使っているのでしょうか?そして麺は、細麺との二択だったのですが、今回は中太平打麺をチョイス。結構縮れている形状で、口に入れるとモチムチっとした食感が、これもまた。それと具のチャーシューはトロっと柔らかく、結構なコッテリ感があるのですが、茹でキャベツが効いているというか、それを上手く中和している感があり、キャベツ自体も、スープとの相性が良かったです。あと、今回印象的だったのが、卓上の特製辛味ダレ。味が変わりすぎることを懸念して、最初はレンゲに少量取り、それをスープで溶いて麺に絡めていただいたのですが、これがこの海老だしともバッチリマッチ。なので次はスープに直接溶いていただき、最後は、お行儀悪いけど後述のセットのライスの残っていた分を投入してフィニッシュしたのですが、これもまた悪くなかったです。

Aセット うまかっ手羽(2本)とごはん 290円
Aセット うまかっ手羽(2本)とごはん 290円
 こちらは、一緒にいただいた品。つきまるさんに来たからには、やっぱり食べたいうまかっ手羽ということで、 今回はこのセットを。それにしてもこのうまかっ手羽。手羽自体を旨くしているタレがやっぱり絶妙過ぎるというか。口のまわりをタレでベタベタにしつつむしゃぶりつけば、もう!ライスとの相性は勿論素晴らしいのですが、いつかお酒との相性も確かめたいなぁ、と。

黄金のゆず塩そば(ゆずしぼり付き) 770円
黄金のゆず塩そば(ゆずしぼり付き) 770円
 こちらは、同行の家人がいただいた品。例によって少々味見させてもらったのですが、第一印象として、柚子の風味が鮮烈!果汁も入っているんですかね?また、ベースとなっている澄んだスープは鶏ガラでしょうか?ごくアッサリしていますが、必要十分な旨味もあって、そのあたりのバランスが何とも良い感じだったというか。あと、添えられた柚子胡椒は、果汁で伸ばしてあったんですかね?サラっとしていて、控えめに投入すると、とても良いアクセントになりました。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、改めて感じるのは、こちらのお店の品々って、味の抑揚のうち、抑の付け方が素晴らしいというか、何でも必要以上に強調せず、抑えた上でその味を表現している感が、いただく度に凄いと思ってしまうんですよね。今回も感服仕りました。ごちそうさまです。

平成29年10月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ