たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 そば うどん かどや

 長かった今年のゴールデンウイークも最終日。で、今年に限ったことではないのですが、連休中はお店の開店・お休みが普段と違うことがあり、こちらのお店はどうかなとお伺いしてみたところ、店内の灯りはついていたので店頭で待つことに。平日でも開店待ちの行列ができるこちらのお店ですが、逆にこの日は開店待ちをする人の数が普段より少ない印象でした。(もっとも、開店後、続々とお客さんは入ってきましたが。)

 それで入店して席に付きお品書きを見たところ、以前は1種類だったかき揚げが、野菜と小海老の2種類に増えていました!今回いただく品は冷やしかき揚げそばの特盛と決めていたのですが、そのうち小海老の方をいってみることに。

冷やしかき揚げ 小海老のかき揚げ(そば・特盛) 1350円
冷やしかき揚げ 小海老のかき揚げ(そば・特盛) 1350円

 店員さんが慎重に配膳したそれを、今度はこちらが慎重に写真撮りやすい場所へ移動。というのも前回こちらの特盛をいただいた時、写真を撮ろうとお盆をラフに動かしたところ、ソバが山体崩壊を起こしてしまったからでして。で、写真を撮ったあとはひたすら特盛のソバと格闘。温かいツユは、少しですが生醤油っぽい風味も感じられ、「冷やし」にしてはしっかりとした味の濃さ。また特徴的な具の白菜の甘味もあるのですが、更に調味料由来の甘味もさらりと効いていますね。また平たいソバは、ソリッドな歯応え。そしてあらかじめツユに入っている小海老かき揚げは、ツユとよく馴染みます。ちなみに表面には桜えびサイズの小海老があしらわれていたのですが、更に中には芝海老サイズのプリッとした小海老が3尾入っていました。それと途中から別の器で添えられた大根おろしを投入すれば、これもまた良し。しかしながら、注文しておいてなんですが、やはり特盛は量が多いというか、完食はしたものの最後の方はお腹がキツくなってしまい少々勿体なくなってしまったというか。

かき揚げ 小海老のかき揚げ(そば) 850円
かき揚げ 小海老のかき揚げ(そば) 850円

 こちらは、同行者がいただいた品。で、例によって少々味見させてもらったのですが、こちらのお店のツユって、掛づゆだと「冷やし」や「もり」のものよりも甘味がハッキリとするんですね。もっとも、甘いと言っても程よい加減というかバランスが良く、これは個人的に後で丸々一杯いただいてみたくなりました。

 というわけで、お腹はだいぶ苦しくなってしまったものの、今回も美味しくいただくことが出来ました。ごちそうさまです。

令和元年5月訪問

栃木県宇都宮市 手もみラーメン 北海

 この日は、お昼をいただくお店を特に決めずに国道293号をさくら市から宇都宮市方面に向かって走っていたのですが、午前11時過ぎ通りかかったこちらのお店に、急遽、クルマをイン。そしたらその後、続々とクルマが入ってきたという。その後、定刻よりも10分近く早く開店。開店時、行列になっていなかったのですが、クルマから人が降りてきて続々と入店。昔は確か入店した順番に注文をとっていたのですが、お店のマダムが入店順ではなく「次のクルマの方」と言いながら注文をとっていたので、システムが若干変わったようですね。

肉ミルクつけ麺 1100円
肉ミルクつけ麺 1100円

 それで今回はかなり暑い日だったということもあり、つけ麺をいただくことに。もちろん、トップにクルマを入れたので、なんの心配もなく「肉」を載せられます。で、相変わらずの巨大な容器に圧倒されつついただくのですが、動物系のベースにスパイシーな味噌ダレとまろやかなミルクが加わったつけ汁に、ピロピロっとした幅広の麺を浸けズルズルっと啜り込めば、これが、もう。ぶっちゃけ、ラーメンのスープと味はほぼ同じだと思うのですが、水で締めた冷たい麺を浸けるだけで、また違った味わいに感じられます。そして具ですが、まずはホロトロっと煮込まれた「肉」が何とも。容器が巨大すぎて相対的に小さく見えてしまうのですが、実際はかなりの大きさがあり、つけ汁の容器に入った暴力的な量の茹で野菜と共にワシワシと。また途中から、卓上のラー油にニンニクとショウガが入った調味料を多めに投入。これで味にパンチが出、お陰で完食まで頑張ることが出来ます。

肉ミルクラーメン(野菜少なめ) 1100円
肉ミルクラーメン(野菜少なめ) 1100円

 こちらは、同行者がいただいた品。「野菜少なめ」で注文したことによって、丼の大きさ(そして、デフォルトの野菜の量)がわかるのではないでしょうか。で、一生懸命麺を啜り、肉をかじり、スープは残しましたが固形物は完食していました。

 というわけで、美味しくいただいたものの、同行者共々、お腹パンパンで帰宅したという。でも、しばらくすると、またこの量にチャレンジしたくなっちゃうんだよなぁ。ごちそうさまでした。

令和元年5月訪問

栃木県那須塩原市 ふうふう亭

 令和に入って待っていたのが、こちらのお店の開店。(確かこちらのお店、1,2日は連休だったもので。)というのも、令和のラーメン始めはこちらのお店にしたかったもので。

ピリ辛みそ〈辛〉 700円 + チャーシュー1枚 70円
ピリ辛みそ〈辛〉 700円 + チャーシュー1枚 70円

 それでいただいたのは、個人的にこちらのお店で一番好きかもしれないピリ辛みそを。早速スープからいってみたところ、複雑な深い旨みはあるものの、以前いただいた時よりも軽くなったというか、キレが増した印象。そのせいか、適度な辛味もよりシャープに感じる気がします。また麺は、モチっと密度感のある仕上がりが良いですね。そして具のたっぷり載る茹で野菜はシャキ気味な食感。そして追加したチャーシューは、軟らかいけど「肉」の感じもある、個人的に好みの仕上がりでした。で、麺と野菜を食べ終わったあとは、残ったスープに後述する餃子ランチのライスを投入。スープの印象は若干変われど、やっぱりご飯と合うスープでした。


焼き餃子ランチ(塩ラーメン) 980円
焼き餃子ランチ(塩ラーメン) 980円 の塩ラーメン焼き餃子ランチ(塩ラーメン) 980円 の焼き餃子・ライス・キムチ・ウーロン茶

 こちらは、ラーメンのみ同行者がいただいた品。っていうか、私のラーメンに焼餃子セットをつけようとしたら、店員さんが「こちらの方がお得になりますよ」というわけで。で、まずは焼餃子ですが、とってもスタンダードな味わい。餡の味付けは薄めなので、個人的には醤油を付けたほうが美味しくいただけました。それと、塩ラーメン(素ラーメンの塩味)も少々味見させてもらったのですが、スープは動物系の風味と旨味が結構強いんですね。だからこそのレモンでしょうか?これが味変アイテムとして良い感じでした。

 というわけで、令和最初となる今回も美味しくいただき、満足いたしました。ごちそうさまです。

令和元年5月訪問

栃木県矢板市 更科

 令和元年の初日。令和の蕎麦始めとしてお伺いしたのが、一昨年来わりとお伺いしているこちらのお店。

冷しエビ天ぷら(そば・大盛) 800円
冷しエビ天ぷら(そば・大盛) 800円

 それでこの日は冷たい蕎麦がいただきたかったので、以前いただいたもり冷したぬきか、それともまだいただいたことがない冷しきつねにしようかなと思ったのですが、今回は令和最初の訪問だしちょっと贅沢にこちらの品を。で、登場して早速、薬味のネギをちらし、ツユを回しかけ、ワサビをちょんと付けてズルズルっと啜れば、これがもう。味が濃い目のツユは出汁感、醤油の風味と共に甘味が適度に効き、たっぷりのソバは歯応えやコシが良く。具の大きな海老天は当然揚げたてで、衣はパリパリっとクリスピー、タネは火の通し加減がよくプリプリ。それにしても、この天ぷら(の油っ気)とソバ、そしてツユの組み合わせって、何でこんなに旨いんでしょうか。そして海老天と共にソバを全部食べ終わったら、蕎麦湯を投入して最後まで堪能いたしました。

もり(そば) 450円
もり(そば) 450円

 こちらは、同行者がいただいた品。いつものとおり「美味しい」と申しておりました。

 というわけで、元号が変わっても美味しくいただき、大変満足いたしました。ごちそうさまです。

令和元年5月訪問

富山県射水市 北陸自動車道 呉羽PA(下り線) スナックコーナー 北路

 平成最後の日に金沢競馬場へとお伺いした帰り道。競馬場で食べすぎたため個人的にお腹はさほど空いていなかったものの、同行者が空腹ということで、こちらのパーキングエリアで夕食を。(べつにお前は食べなくてもいいだろうというツッコミもあるかと思いますが、まぁ、せっかくなので。)

白えび天玉そば 550円
白えび天玉そば 550円

 それでいただいたのがこちらの品。っていうか、前回こちらのパーキングエリアにお伺いした際、同行者が白えびてんぷらうどんをいただいていたのですが、少々味見した時に美味しかった記憶があったりします。で、早速ツユからいってみたところ、温度はやや高めでしょうか。そして色のとおり醤油っ気はかなり薄めなものの、出汁感十分で生卵に負けないくらい塩気もしっかり。この、出汁で食べさせる感じがほんと、関東(というか東日本)の醤油っ気全開なそばとは違いますね。(あっちはあっちで、大好きですが。)またソバは、イマドキの歯応えが強いタイプ。それと具のかき揚げは、関西や北海道で多い気がする衣を固めたタイプに、メインの白エビがビルトインされているのですが、食べ進むうちにツユに溶けていくところが個人的には好きなタイプですね。

うわさのオムライス 930円
うわさのオムライス 930円

 こちらは。同行者がいただいた品。何とも思わせぶりなネーミングですが、同行者がひと口食べて絶賛。味見させてもらったところ、確かにちゃんとしている味ですね。

 というわけで、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成31年4月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ