たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

山梨県甲府市 驛前そば 丸政 甲府北口店

 前の記事の武田氏館というか武田神社を後にして、あとは自宅へ帰るだけとなったのですが、降り続く大雪の影響で、甲府盆地から外界に繋がる道路はどこも通れなくなってしまい、急遽、甲府市にて一泊することになりました。それで何とか取れたJR甲府駅近くの宿にたどり着き、とりあえずは夕食となったのですが、当てにしていた駅ビル内の飲食店というか、駅ビル自体が大雪の影響で早じまいしていて、(ここに来るまでで疲れ切っていたこともあって)「今更探すのは…」という感じに。なので(個人的には申し訳ないけどあまり気乗りしない)コンビニ飯を覚悟したところ、目に入ったのがこちらのお店。相方とも相談した結果、ささっとそばでも啜って済ませちゃうのも良かろうということで、お伺いすることにしました。

月見そば 340円
月見そば 340円
魚肉ソーセージ天 80円 と なす天 80円
魚肉ソーセージ天 80円 と なす天 80円
 お店に入ると基本のそば(うどん、あと黄そばもありました)は口頭で、トッピングやサイドメニューの一部は自分で取る、讃岐うどんのチェーン店などでお馴染みのセルフ方式となっていたのですが、そんな中チョイスしたのがこちらの品々。それで何となく(天ぷらを取ったにもかかわらず)サービスの天かすを投入し、まずはつゆを一口啜ったのですが、ダシ感はそこそこなれど味加減は良い塩梅というか、天ぷら入れても大丈夫なくらいの塩気が嬉しいです。また蕎麦は、茹で麺かどうかはわかりませんが、それっぽい柔らかい食感とそこはかとない蕎麦の香りが個人的には好みというか。で、ここまでいただいてから気が付いたのですが、こちらのお店は、同じ山梨県内にあるJR小淵沢駅の(駅弁と)立ち食いそばの業者さんが出しているお店だったんですね。(壁にその旨書いたものが掲げてありました。)どうりで、駅の立ち食いそばっぽい味だと思ったというか、小淵沢駅は個人的に何度か乗り換えで利用していて、その際、何回かは立ち食い蕎麦をいただいた覚えがあったりして。また天ぷらは揚げ置きですが、なす天はつゆに浸すと良い感じだし、逆に醤油掛けていただくのが気分の魚肉ソーセージはたまにいただくと妙に旨く感じるというか。

いなり 70円×2個
いなり 70円×2個
 こちらは、一緒にいただいたもの。っていうか、この日はこちらを含めて朝から麺類が続いていた(ちなみに、自分が、そば、ラーメン、そば。相方がラーメン、ラーメン、そば。)ので、見つけた相方が相方が気を利かせて取っていてくれていたというか。で、そんな状態だったので、お米がとっても美味しかったです。あ、もちろん、お揚げさんの濃いめな味付けも、悪くなかったですよ。

きつねそば 370円
きつねそば 370円
 こちらは、相方がいただいたもの。で、相方によると「美味しかった」とのことでした。

 というわけで、個人的には懐かしさも手伝って美味しくいただいたのですが、それより何より、この日は、人の手の加わった温かい食事が大変有り難かったというか。おかげで人心地つくことができ、本当に助かりました。こちらのお店を偶然見つけたことは、本当に(栃木ローカル?の某ラジオCMじゃないですが)「出会いとご縁に感謝」という感じです。ごちそうさまでした。

平成26年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ