たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

山梨県甲府市 支那そば 餃子工房 蓬来軒

 ここ2つ(ちなみに前記事前々記事)の記事のとおり、ふと思い立ってお城目当てで山梨に来たのですが、思い立ったと言っても、当地でいただくラーメンは行きがけにしっかりと調べたというか。

 それで、今回お伺いしたのがこちらのお店。「時は昭和38年、消えかけた支那そばを日本で初めて復元した。」と謳い、『支那そば』という名前にかなりのこだわりを持っていらっしゃる有名な店のようですね。お店の前の駐車場が一杯だったので近くの提携駐車場にクルマを停め、相変わらず容赦なく降り続く雪の中をちょっとだけ歩いてお店に向かいましたが、そんな天気にもかかわらず、かなり広い店内の入口付近には、待っているお客さんも結構いました。

ワンタン麺 800円ワンタン麺 800円

 そこでいただいたのが、「いただくならやっぱり、こだわりの『支那そば』かな。」と思っていたものの、お品書きを見て急遽変更したこちら。個人的にワンタン麺って、なんか好きなんですよね。それで注文からちょっとだけ待って対面したのですが、まずはスープを一口啜ると、醤油の色が濃くて油の結構浮いたそれは、こちらの勝手な予想に反し(事前に調べる時、味に関してはあまり調べないようにしているので。)て「甘味」を感じましたが、単純に調味料から来る甘さというわけでは無く、なにやら奥深げな印象。また、基本的には澄んだスープながらもエキス分というか旨味も結構強く、味わいは力強く感じますね。そして麺は、加水率低めっぽい若干ゴワっとした食感の縮れ麺。細いながらもキャラクターがあり、スープにも負けていません。それとは食感が対照的なのが、薄手でツルッとしたワンタンで、中の餡は少量でもスパイシーな存在感がありました。で、この麺とワンタンを同時に口に入れると、食感の対比がたまらないというか、この手のワンタンならではの楽しみ方ですね。あと他の具ですが、大ぶりで厚みのあるチャーシューは、最初はかなり煮込まれた様な食感なのですが、スープに浸けることでしっとり感が増し、また、肉の味も堪能できました。他には、懐かしい感じの味付けのメンマに、チャーシュー同様大ぶりなナルトなど。それにしても、最初にスープを一口啜った時もそうですが、それ以外の「甘味」が印象的な一杯だったというか、スープ以外にも、チャーシューやワンタンのなどからも、様々な種類の甘味を感じることが出来ました。

支那そば 700円
支那そば 700円
 こちらは、同行者がいただいたもの。私がいただいたワンタン麺からワンタンを除いたもの(成り立ちとしては逆ですが)のようですね。それで同行者も、「美味しい」と申しておりました。

 というわけで、とっても美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成26年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ