たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 ブラッスリーOOKI 最強らあめん

 かつて宇都宮にあり、個人的にも何度かお伺いしたことがあった(過去の訪問記についてはこのカテゴリからどうぞ。)「最強らあめん」が、暫しの休みの後、大田原に移転オープンしたのが昨年(平成30年)のこと。で、それを知って以来、いつかお伺いしようと思っていたところ、この日、そのチャンスが訪れました。あの、トロっとした純豚骨といえるスープや歯応えのある太縮れ麺がまたいただけると思うと、心が躍りますね。

 それでお店には開店時刻(午前11時30分)の少々前に到着し、開店と同時に入店。カウンター席に座りお品書きを見たところ、ラーメン類は、らあめん、チャーシューめん、鶏ももチャーシューめん、豚バラ角煮らあめん、じゃじゃ麺風まぜそばの5品がレギュラーメニューで、他に限定メニューとして黒板に書かれていたのが鶏塩らあめん、豚バラ塩らあめんの2品。ここは昔いただいたことがあるらあめんやチャーシューめんあたりをいくべきか、はたまた、せっかく一番乗りで入店したので5食しかない限定メニューをいくべきか一瞬悩んだあと、せっかくなので限定のこちらの品を注文しました。

鶏塩らあめん 950円
鶏塩らあめん 950円

 それで登場して驚いたのが、きれいに澄んだスープ。以前いただいたこちらのらあめんは、トロっと白濁した醤油味の豚骨スープだったのですが、限定の塩味だと元のスープそのものが違うんですかね。で、それに正直少々戸惑いつつも口をつけたところ、これが、もう。色こそ澄んでいるけど、豚骨メインでしょうか?動物系の出汁の旨味がしっかりと出ており、そこに効かされる塩加減もいい塩梅で、文句なしに旨いです。そして、そこに合わせる自家製の麺が、また。見た目ゴツそうな太縮れタイプですが、いざ口に入れるとブリブリっとした口当たりにモチシコっとした噛み心地。変に硬くせず適度に柔らかい、個人的には大変素晴らしい麺だと思いますね。それと、気前よく乗った鶏肉は、とても柔らかな仕上がりでこれも良く、更に、太いメンマが海苔が、これまた良いアクセントになっていました。

 というわけで、大変美味しくいただいたのですが、やっぱりレギュラーメニューもいただいてみたいので、また近いうちに必ずお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成31年2月訪問

栃木県矢板市 ともなりそば処 信生庵

 今現在、時節に絡めてそばを食べることと言えば、「年越しそば」一択状態なのですが、聞くところによると、昔は冬から春へと変わる節目の日である春の節分にそばをいただく習慣があったそう。(もともと、大寒から立春へと変わる前日の切るの節分が一年の終わりと考えられており、その日に色々な意味を込めてそばをいただく事を「年越しそば」と呼んでいたのと、商家で月末=晦日にそばを食べる習慣があり、それを「晦日そば」と呼んでいたものとが明治期以降に合わさって、大晦日に食べるそばが「年越しそば」になった、なんて話があるようで。)

 というのを聞いた今年の春の節分当日。聞いたからにはいただきたくなるということで、お昼時、こちらのお店にお伺い。それでこちらのお店、じつは一人だとわりと入りづらいというか、カウンターがなく、一番小さいテーブルも二人用、加えて相席もしていないので、開店時に一番に入って、その二人用テーブルに座るしかないんですよね。で、この日は目論見どおりいったので良かったのですが。(もっとも、そういうの気にしない方なら大丈夫。某栃ナビにも「女性おひとりでもお気軽にご来店ください☆」って書いてありますし。)

大ひたしそば 1050円
大ひたしそば 1050円

 それでいただいたのは、当地ローカルであるひたしそば。150円増しの大サイズで注文しました。で、開店と同時に厨房へと注文が殺到したものだから、順番が入れ違ったりしたものの10分程で到着。早速、ソバをツユに浸けズズズっと啜り込めば、全体的には気取らない感じながら、蕎麦の香りや、食感的には歯応えやコシ、そして喉越しもわりとあるかな、と。またツユは、以前いただいた時と同様に、ひたしそばにしては味が若干濃いかなとも思いましたが、個人的には栃木県民なしく濃い味好きなのでむしろ嬉しかったりして。そして天ぷらですが、かき揚げはタマネギがメインで、そこに桜エビとネギやど他の野菜が少々。カラっと揚がっていて、ツユとの馴染みは良いですね。それと海老天は、写真のとおり衣が少ないタイプです。

 というわけで、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成31年2月訪問

栃木県宇都宮市 天下一品 末広町店

 この日また、インターパークに用事ができたため、ついでにいただくラーメンを考えていたのですが、そこで思い浮かんだのが、インターパークからわりと近い雀宮の国道4号沿いある天一(てんいち)こと天下一品。実は昔、天一のこってりスープにめちゃくちゃハマっていた時期があったのですが、最近はとんとご無沙汰になっていました。で、家人に話を振ったところ異論はなかったので、今回お伺いすることに。

 お店に着いたのは開店時刻の午前11時をちょっとだけ過ぎた頃だったのですが、店内には先客が数組。愛想のいい店員さんに、以下の品々を注文しました。

明太子ごはん定食(こってり) 960円 + 味つき玉子 100円
明太子ごはん定食のこってりラーメンと味つき玉子
明太子ごはん定食の明太子ごはん

 それでまず、私がいただいたのがこちらの定食。ラーメンはのスープは、「こってり」「あっさり」「屋台の味」から選べるのですが、こってりをニンニク入りでお願い。で、登場して早速、スープからいただけば、久しぶりだったにもかかわらず、何とも馴染みのあるもったりというかまったりというか、油のコッテリ感というよりスープのベースとなっている鶏と野菜類の濃厚な旨味が微細な粒子感と共に口に広がって、これが、もう。そうそう、これが食べたかったんですよ!この高粘度のスープが、中太ストレート麺を啜る度に絡むのですが、その麺は、ツルピロッとした柔らかめの食感。スープと並んでこれも特徴的ですね。それと具は、チャーシューとネギ。ネギは増量した方が良いと聞いたことがあったのですが、この時はすっかりと忘れていました。更に途中から、卓上の唐辛子味噌を投入。これがまた、とっても合うんですよね。で、明太子ごはんとラーメンを交互にいただけば、これもまた。実は昔、天一のこってりをご飯と一緒に食べるなんてと思っていたのですが、いやいや、これはご飯とも合うじゃありませんか。(刻み海苔の掛かった明太子ごはんだからですかね?)

屋台の味ラーメン 740円
屋台の味ラーメン 740円

 こちらは、家人がいただいた品。例によって少々味見させて貰ったのですが、こってりスープの粘度を若干落とした感じで、幾分食べやすくなっている気もします。こってりの入口としてはアリなんじゃないでしょうか。

 というわけで、久々の天一こってりだったのですが、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成31年2月訪問

栃木県宇都宮市 村岡屋 本店

 この日は宇都宮市内で所用を済ませた後、昼食にこちらのお店まで。ここ暫く前から、二代目にはたまにお伺いしていたのですが、本店には約5年ぶりですね。

 お店には、お昼過ぎに到着したのですが、丁度お客さんが出るタイミングだったのか、お店の前の駐車場に車を止めることができ、店外にも行列はありません。お店に入ると、食券の販売機があり、そこで食券を購入してから待つこと少々で、相席への案内となりました。

特製つけ麺(並) 1000円
特製つけ麺(並) 1000円

 それで今回いただいたのが、特製つけ麺。麺量は250gとなる並サイズにしました。で、早速、見るからに手強そうな麺を、こちらも見るからに手強そうな付け汁に浸けようとするのですが、麺はゴっとした掴み心地で、それを浸そうとしたつけ汁に至っては、もったりとした抵抗を感じます。そして、それを口に入れると、これが凄いというか、まず麺は高密度で噛み応えがハンパなく、更につけ汁が暴力的というか、濃厚!濃厚!!濃厚!!!という感じで、動物系と魚系の旨味が口の中にズズンっと重く入ってきます。これは、5年前にいただいた時よりも確実に濃さが増している気がしますが、ただ濃いだけではなく、上質なものを詰められるだけ詰め込んだら暴力的になったといったところでしょうか。また味付けは、かなり濃いめだとは思うのですが、つけ汁の旨味と溶け込んだ脂が濃いため、ストレートに濃く感じないところが恐ろしいところ。故に、麺を食べ終わった後でスープ割りをすればそれが良く判るというか、一度割っただけでは個人的には濃く感じ、一口飲んだ後、もう一度割ってくださいとお願いした程でした。それと今回は「特製」なので、チャーシューと味玉が入っているのですが、どちらもハイレベルというか、チャーシューは柔らかいけれどもちゃんと肉の味や食感が残り、味玉も火の通り加減とハッキリした味付け共に良かったです。

小豚めし 300円
小豚めし 300円

 こちらは、一緒にいただいた品。この日、かなり空腹だったので、つい食券を買ってしまったものの、つけ麺だけでほぼほぼ満腹状態になってしまったという。それでも箸が進む旨さだったというか、ゴロゴロっとしたチャーシューはつけ汁に入っているものよりも肉感が増し、甘じょっばい味付けもご飯にバッチリ。ネギとショウガの薬味がちょっとした刺激と清涼感をプラスしており、更に海苔は、あと何枚か欲しい程というか、ご飯とチャーシューを包んでいただいても良かったです。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、個人的には、あと10年若い胃腸と味覚が欲しくなりました。ごちそうさまです。

平成31年1月訪問

栃木県宇都宮市 中華ソバ 俊麺製麺所

 以前何度かお伺いした「俊麺ながた」さんがお店を閉め、移転のうえ「中華ソバ俊麺製麺所」として再オープンしたのが昨年(平成30年)3月のこと。それ以来、いつかお伺いしたいと思っていたところなのですが(近くまで行った時に寄ったら定休日だったことも)、1月下旬の平日だったこの日、ようやくお伺いすることができました。

 お店には、午後12時20分過ぎに到着。店頭には、各種限定メニューが書かれた黒板がいくつか置かれていて、行列こそできていませんが、店内入ると待ち客が6名ほど。そこで20分以上待ってから席へと案内されました。で、卓上には、立派な額に入ったお品書きがあり、そこに書かれた「かさね醤油ソバ」「かさね塩ソバ」「汁なし坦々ソバ」「博多鶏ソバ」「濃厚つけそば」の5つがグランドメニューのようですね。他にも、ご飯ものやひとくち茹でギョウザなどのサイドメニュー、そしてアルコール類という品揃えだったのですが、今回は以下の品々をお願いしました。

かさね醤油ソバ(細麺)半熟味玉・エビ入りワンタンのせ 1000円
かさね醤油ソバ(細麺)半熟味玉・エビ入りワンタンのせ 1000円

 それでまずはメインの麺類ですが、お品書きの一番左端に乗っていたこちらの品を。ちなみに「かさね」とは、生揚げ醤油、再仕込み醤油、吟醸醤油という三種類の特徴を『かさねた』醤油ダレ使用の意味とのことです。また具材は「全部乗せ」が1050円であったものの、後述するご飯ものと被るので今回はこの組み合わせとなりました。で、注文から10分程で登場したのですが、丼が目の前に置かれると、スープから立ち上る醤油と鶏の香りがすごいですね。早速、そのスープからいってみたところ、色は澄んでいるけど、鶏をはじめとした素材の旨味が十二分に出ていて、濃い目の醤油ダレと渡り合っているというか負けていないです。そしてその醤油ダレは、深い味わいと香りが印象的で、塩気は気持ち効かせてある感じがして、更には薬味の白ネギ、そして何より三ツ葉が、スープの味を引き立ててました。また、細麺、平打麺の2種類から選べる麺は、細麺をチョイス。低加水?のストレートタイプで、密度感があり、食べ始めは若干硬質な歯応えというか、歯切れの良さがいい感じです。それと具のチャーシューは、このところ出すお店が増えてきた低温調理のもので、いかにも肉っとした食感味わいが何とも。エビ入りワンタンは小ぶりなエビが1尾入りで、単体でもいけるくらい完成度高いです。あと半熟味玉は、黄身トロトロで味加減バッチリ。更には、白ネギの切り方や、小さな海苔にもこだわりを感じます。

みや美豚を真空調理したローストポーク丼 250円
みや美豚を真空調理したローストポーク丼 250円

 こちらは、一緒にいただいた品。写真でもわかると思うのですが、たっぷりと載る低温調理された豚肉の肉感が素晴らしいですね。個人的に、冷たい肉に温かいご飯の組み合わせは少々苦手なのですが、これはそれを吹き飛ばす旨さ。あとタマネギ入り?醤油ベースのタレとワサビがとても合っていました。

 というわけで、どちらもとても美味しくいただいたのですが、これだけ美味しいなら当然他のメニューも気になりますので、再訪必至ですね。ごちそうさまでした。

平成31年1月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1
4 6 8
11 13 15
17 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ