たひお備忘録

とりとめのない趣味の活動記録。ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、PC、競馬、モータースポーツ観戦など。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE 【令和元年11月2,3日・ツインリンクもてぎ】 その4(決勝日とサーキットグルメ編(2))

激しい2位争いをする#36 au TOM'S LC500(関口雄飛選手)と#6 WAKO'S 4CR LC500(山下健太選手)

 その1その2その3と続いたというか続いてしまった2019 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACEの観戦記なのですが、その最後は決勝日の様子について。


2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE 【令和元年11月2,3日・ツインリンクもてぎ】 その3(予選日後編とサーキットグルメ(1))

予選Q2でタイムアタックする#52 埼玉トヨペットGB マークX MC(脇阪薫一選手)

 中の人が上手くまとめられないお陰で、予選日だけでその1その2に続く3つめの記事となってしまった2019 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACEの観戦記。で、今回ようやく、その予選にたどり着くことが出来ました。


2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE 【令和元年11月2,3日・ツインリンクもてぎ】 その2(予選日中編 ※写真多すぎ)

 ジェンソン・バトン選手がドライブする#1 RAYBRIG NSX-GT

 前の記事から続く、(令和元年)11月2日から3日にかけてツインリンクもてぎで行われた、2019 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACEの観戦記でございます。


2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE 【令和元年11月2,3日・ツインリンクもてぎ】 その1(レースやサーキットのこと及び予選日前編 ※文字ばっかり)

佐々木大樹選手がドライブする#12 カルソニック IMPUL GT-R

 昨年、宮城県にあるスポーツランドSUGOでスーパー耐久というレースを久しぶりに見て以来、案の定、昔めちゃくちゃハマったモータースポーツ観戦熱が高まり、それが我慢できなくなって今年に入るとDA○Nやら○ SPORTSオンデマンドやらCSの○+を契約。週末自宅にいる時など、クルマやらバイクやらがTV、そしてPCのモニターを走り回ることが多くなっしまいました。ですが、実際にサーキットまでレースを行く機会はなかなか作れず、今年も国内で行われている様々なカテゴリーが終盤戦を迎えるなか、日本で一番人気が高い4輪レース、『SUPER GT(スーパーGT)』選手権の最終戦に行くことが。


栃木県大田原市 手打ちうどん・そば専門店 すゞや食堂

 平日だけど休みのこの日。昼食は外でと思ったものの、この日はラーメンの気分ではなく、家人を伴って大田原高校近くのこちらのお店まで。流石に週末よりは空いているはいえ、開店直後にもかかわらずテーブル席は空きが数えるほどでした。で、そんな中、まずは席を確保してから注文。ちょっと待ってからの登場となりました。

おろし(並)そば 920円 + 中盛り 200円
おろし(並)そば 920円 + 中盛り 200円

 それで今回私がいただいたのが、こちらの品。同じ「おろし」でも海老天が入る(上)は以前いただいたことがったのですが、天ぷらがかき揚げとなる(並)は初めてです。で、早速ややウェッティなソバをツユにザバとつけてすすれば、今日のソバは香り、そして噛むとコシがある感じでこれが、もう。またツユは、過去何度かの訪問で個人的にすっかりこちらのお店の味だと認識した、当地の好みに合わせたような甘味控えめで濃口醤油がビンビンに効いた味付け。そしてかき揚げは、シナっと柔らかくツユと馴染むけど、決して溶けないタイプ。あとおろしは、今回初めて知ったのですが、大和イモと大根おろしを混ぜたもので、前回(上)をいただいた時には気づかなかった大根の味と風味がしっかりと感じられました。もっとも、だからといってどうこうという訳ではなく、それはそれでソバと良く合っていたんですがね。あと、今回、何気にホウレン草が肉厚で旨く、「おろし」にすると自動的に入る生卵は味変アイテムとして途中で割って絡めて堪能。ちなみにこちらのお店に初めて来て以来、いつも大盛りにしていたのですが、今回は中盛りにしたところ、これでも十分満腹になったと言うか、一般的なお店の大盛りくらいは軽くあったと思います。

鳥(ひたし)そば 860円
鳥(ひたし)そば 860円

 こちらのお店は、お品書きの「かけの部」のシナでも頼めばつけ麺(ひたし)にしてくれるのですが、今回同行者がいただいたのがそんな感じの品。写真だとホウレン草が目立っていますが、ツユの水面下には、玉ネギ、長ネギの他に鶏肉がゴロゴロ。で、かけスタイルのは前回味見させてもらったのですが、ひたしスタイルの今回のもその時と同様、ツユに鶏肉の玉ネギの旨味が良く出ています。

 というわけで、今回も美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和元年10月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、自作PC(AMD派)など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ