たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

京浜急行電鉄乗車記 【令和2年3月22日】 前編(空港線・大師線)

小島新田駅に停車中の京急川崎行き普通列車

 3月下旬の3連休最終日。新型コロナウイルス(COVID-19)による感染症によって、世間が騒がしくなっている昨今なのですが、この日は、どうしても日延べできない用事があったため上京。で、その用事だけのためだけに行けば良かったものの、せっかく上京するのだからと、ついでに、一度「ちゃんと」乗りたいと思っていた京浜急行電鉄(と、ついでに横浜シーサイドライン)に乗ってしまうことに。


神奈川県横浜市 えきめんや 金沢文庫店 (金沢文庫駅 改札外)

 「えきめんや」さんと言えば、京浜急行電鉄の駅構内にお店を構える立ち食いそば店で、いわゆる「駅そば」がなくなっていく昨今、まだまだ12店舗が健在というのが心強いですね。もっとも、約10年前にいただいた鶴見駅のお店は閉店してしまったようですが。

 それで3月下旬の三連休最終日、用足しのために上京したのですが、その用足しの前、午前中から昼過ぎにかけては神奈川方面に行くことになり、その途中、昼食に立ち寄ったのが、金沢文庫駅の改札外にあるこちらのお店。間口の狭い店舗に入ると、日曜日の昼時ですがそこそこのお客さんが。注文は食券方式で、お店に入ったところに券売機が置いてありました。

【海鮮天玉そば 550円】
海鮮天玉そば 550円

 それで数多いメニューの中から迷いつついただいたのがこちらの海鮮天玉そば。まずはツユからいってみたところ、出汁感はそれほど強くなく、濃口醤油の風味も控えめ(もっとも、関東基準ですが)に感じます。またその味付けは、甘味はあるけど甘過ぎず、塩気はギリギリ薄めというか、このくらいでも悪くないけど(しょっぱいもの好きの北関東民からすると)正直もう少し欲しい気も。そして、ソバは茹で麺ですが、それなりに歯応えのあるタイプ。あと具の海鮮かき揚げは、タネの海鮮アイテムがイカ、海老、アサリというラインナップ。揚げ置きにもかかわらずサクサク感がありましたが、ツユとの馴染みも良いので、放っておくとすぐフニャっと。もっとも、個人的にはこのフニャっとした感じが好きだったりするんですが。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、約10年前に鶴見駅でいただいた時よりも、だいぶ上品になったなぁという印象。今度京急を利用する時は、また別のお店でいただき、今回の比べてみたくもなりました。ごちそうさまです。

令和2年3月訪問

東京都港区 手打ちそば・讃岐うどん かのや 新橋駅構内店

 3月下旬の三連休。新型コロナウイルスのからみもあって、連休中は家に籠もっていたのですが、最終日のこの日は、以前から決まっているどうしても動かせない用事で東京まで。(余談ですが、この時、私を含む大多数の人が、この後、感染者数が急増するなんて思っていなかったんじゃないでしょうか。)

 それで折角の上京なので、用事の時間より相当早く東京に着いて、用足しまであれやこれやしようと思っていたのですが、その前にまずは腹ごしらえということで、以前から気になっていた、新橋駅構内にあるこちらのお店で朝食を。

 そのお店は、新橋駅の南改札口を出て左手のところに。入店前に入り口横の券売機で食券を買うシステムですが、日曜日の午前8時半という時間帯の所為もあってか後客も居なかったので、数多くのメニューから焦ることなく選んで購入。案外広い店内に入り、店員さんに食券を渡しました。

【げそ天そば 480円 + 生卵 60円】
げそ天そば 480円 + 生卵 60円

 それがこの、げそ天そばと生卵。手渡された後窓側の席に移動し、早速ツユからいってみたのですが、出汁感が結構ありますね。出汁は節系+昆布だと思うのですが、それらのイノシン酸+グルタミン酸の他、アミノ酸的シュワっとした旨味も感じます。また味付けは、見た目に反して濃口醤油の主張は、当地の一般的立ち食いツユと比べるとやや控えめに感じましたが、塩気はギリギリ適度(個人的にはもっとしょっぱくてもOK)で、甘さ控えめのキリっとした味わいです。そしてソバは茹で麺でしょうか。口当たりのツルツル感や、歯応えのシコシコ感共に標準的ですが、逆に不自然さがないところは良い感じ。それと具のゲソ天は、衣のサクサク感は良い感じですが、ゲソが結構ハードな歯応えでした。

 というわけで、美味しくいただきました。ごそうさまです。

令和2年3月訪問

茨城県水戸市 回転すし まるくに 水戸見川店

 この日は、所用のため数人で水戸市まで。このふた月ほど前の1月下旬から、新型コロナウイルスのニュースが連日メディアを賑わわせる中だったのですが、どうしても外せない用事いうものはあるわけで。(この時点では、私自身、大ごとになっている実感はなかったんですけどね。)

 それでメンバーのうち一人が当地に住んだことがあり、その人の案内で昼食をと相成った次第。で、その人が言うには、水戸市内の回転寿司店の中では、この「まるくに」が、リーブなブルなお店にもかかわらず、ネタも悪くなくイチオシとのこと。たしかに、お昼のピーク時を過ぎていたにもかかわらず、駐車場には(平日なのに)県外ナンバーを含む車が多数停まっていました。

【本まぐろ三昧 150円(税別)】
本まぐろ三昧 150円(税別)
【光りもの三昧 120円(税別)】
光りもの三昧 120円(税別)

 で、まずは寿司からをいってみたのですが、最初に頼んだ本まぐろ三昧の味が値段を軽く超えていたので期待が高まり、続けて頼んだ光りもの三昧は、入っている筈の人気のイワシが品切れでサヨリに替わっていたものの、そのサヨリがコリコリで、また。

【あんきも軍艦 100円(税別)】
あんきも軍艦 100円(税別)
【白子 120円(税別)】
白子 120円(税別)

 限定品と思われるあんきも軍艦と白子は、どちらも癖がなくて旨味を楽しめました。

【しらうお 100円(税別)】
しらうお 100円(税別)
【うに 120円(税別)】
うに 120円(税別)

 加えて、レギュラーメニュー?から追加した、しらうお、うにも栃木県の某店と比べると、全くもって別物というか、ほんと、この値段でこのネタの味というのは、かなり驚異的かと。

【あら汁 180円(税別)】
あら汁 180円(税別)

 更に、寿司と一緒に頼んだあら汁が、また。様々な魚の新鮮なアラが織りなす、すごく膨らみのある味わいで、魚の旨味はたっぷり出てるけど、嫌な魚臭さ皆無。若干濃いめな味噌の加減も丁度良く、個人的には、ここまでで一番気に入った品でした。

 で、満足してそろそろ変えめうかと思った時に目についたのがこちらの品。調べたところ、「まるくに」ラーメンを提供しているのはここのお店のみらしく、ならばいくしか無いでしょう、ということで。

【ほたて塩ラーメン 350円(税別)】
ほたて塩ラーメン 350円(税別)

 それでまずはスープからいってみたところ、独自にスープを取っているのかはわかりませんが、ニンニクっぽい風味がする、とても一般的というか食べやすい味。ただそこに、振りかけられたアオサの香りや、6つも入るベビーホタテからの風味と旨味が加わって、これがなかなか。麺は市販品でしょうけど、若干固めの茹で加減が良く、ベビーホタテも、スーパーで売っているような市販品にありがちな臭いなどするはずもなく、フレッシュ感のある味が良かったです。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、また水戸を訪れる機会があれば、是非とも再訪したいお店となりました。ごちそうさまです。

令和2年3月訪問

栃木県矢板市 味一番

 矢板市の郵便局横にあるこちらのお店。店頭のホワイトボードにおすすめメニューや期間限定メニューが書いてあるのですが、この日、昼食に訪れた時、限定のうちの一つが目に飛び込んできたので、元々、別の品をいただく予定でお伺いしたものの、その品をいってみることに。

【山海塩ラーメン 880円】
山海塩ラーメン 880円

 それがこの、山海塩ラーメン。パっと見、麺の上にはとても具だくさんなトロトロの餡が掛かっています。で、早速スープを、餡と一緒にいってみたところ、あっさり、だけど旨味と塩気のハッキリとした味で、そこからミックスされたシーフード系の風味が。そのあたりから、絶対的に高級感がある味わいとは違うのですが、逆にとても親しみやすい味わいに感じます。また麺は、中細くらいの太さの縮れ麺で、シコっツルっとした食感。啜ると、先述の餡が絡んで、もう。それと餡掛けの中に入る具は、イカ、小エビ、ベビーホタテ、アサリに、豚肉、キクラゲ、ブナシメジ、タケノコ、キャベツ、ニンジン、玉ネギ、青菜、白菜ときて、溶き卵に青ネギパラリという感じ。ほんと、ボリューミーで、これだけでお腹いっぱいになりました。

【セットチャーハン 300円】
セットチャーハン 300円

 ですが、一緒にいただいたセットチャーハンが、しっとり系のスープの旨味たっぷりで、いつもの約束された味というか。なので満腹でもスルスルとお腹に入ってしまいます。

【担々麺 750円】
担々麺 750円

 こちらは、同行の相方がいただいた品。以前も味見させて貰ったことがあるのですが、今回も改めて。で、山椒が効いた甘めのごま味噌ラーメンといった味わいが、日本で一般的な坦々麺とは違うものの、これはこれで良いですね。

 というわけで、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和2年3月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析