たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島県福島市 ジョイフルエンドー (福島競馬場内)

 この日は、秋の開催5日目となった福島競馬場まで。それで競馬場に着いてまずいただくのは、ちょっと遅い朝食となるそばなのですが、今回は馬場内投票所にあるこちらのお店まで。

天玉そば 490円
天玉そば 490円

 それで今回いただくのは、実はこのお店では初めてとなる個人的定番の天玉そば。というのもお品書きには書いていないからなのですが、今回注文時に「天玉そば」と言ってみたら普通に通りました。で、早速ツユからいってみたところ、濃口醤油は効いていますが出汁感はそこそこ、塩気は(しょっぱい物好きの自分基準では)あとほんの少しあったらグレイトですが一般的には丁度良いくらいの濃さという感じで。また、若干太く感じたソバは、若干ソフトな食感から、茹で麺ですかね。個人的には変に歯応えがあるよりもこういう方が好みだったりします。そして具のかき揚げは、ツユとの馴染みはそこそこなれど、タネの桜海老が香ばしくて良いですね。

 というわけで、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成30年11月訪問

栃木県大田原市 めしやつまみや 中国料理 大慶

 この日は、所用で大田原まで来たついでに昼食となり、お任せした同行者に連れて行って貰ったお店がこちら。実は個人的に、お店の前の道路は何度も通っており、お店の存在も認識していたのですが、立派な外観に気後れしてお伺いするのは初めてという。

 それでお店に入ると、店内の席の配置が凝っているというか面白いというか。そのうちの1つに座りお品書きを開くと、おすすめのスタミナ豚丼を筆頭に、麺類、ご飯類、点心、スープなど豊富な品揃え。このほか、日替わりランチ(この日は「えび玉」でした。)もあるようですね。

とりそば 730円
とりそば 730円

 そんな中からいただくのは、お品書きに「あっさり自慢の塩味」との言葉が添えられたこちらの品に決定。ちょっとだけ待って登場したのですが、早速、きれいに澄んだスープからいってみたところ、出汁は鶏ガラメインでしょうか?旨味が変に強調されていない、とても風通しが良い味わいが良いですね。また味付けの塩気は若干強めで、味にシャープな輪郭を作り出しています。そして麺は、太麺も選べたのですが今回は細麺をチョイス。縮れが入った麺は、いただいている途中、わりと固めな食感をキープ。それと具は、蒸し鶏の他三つ葉、そして僅かな白ネギとごくシンプルながら、それらの香りが丁度良い具合に効き、それこそ、シンプル・イズ・ベストという感じじゃないでしょうか。

 というわけで美味しくいただいたのですが、お品書きに書かれた他の品々も美味しそうだったので、今度は、家人を連れてお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年11月訪問

栃木県大田原市 東宝食堂

 先日、仕事がらみで大田原市内に行った時、外見からして気になるお店を発見。その時は立ち寄ることが出来なかったのですが、後日ネットで調べてみたところ、焼きそばの大盛り(1kgを遙かに超えるボリュームらしい。)が有名なお店だったんですね。

 それで日曜日のこの日、改めて家人とお伺い。開店直後の午前11時過ぎという時間帯だったのですが、既に先客が焼きそばをいただいていました。で、入店しながらチラ見したところ、普通盛りでも結構なボリュームな模様。で、席についてお品書きを見ると、ラーメン類各種に丼物、ご飯物、洋食と品数豊富で価格も比較的リーズナブル。それにしてもこの、街中の食堂的ラインナップというのが、個人的にはとても嬉しいですね。ちなみに有名な焼きそばは、大盛りだと値段が倍になるのですが、他のメニューは50円増しというのも良心的な気がします。

手打タンメン 650円
手打タンメン 650円

 そんな数あるメニューの中から私がいただいたのが、こちらの品。ちなみにラーメン類は、麺が通常のものと50円増しで「手打」の2種類あるのですが、今回はその手打にしてみました。で、大盛りにしなかったにもかかわらず見るからにボリューミーなことに少々驚いたのですが、早速、油が多少浮くそれほど濁りがないスープに口を付けてみると、出汁に不思議な旨味というか甘味を感じます。具にたっぷりと使われている野菜類の味が出ているとも思うのですが、ベースに感じる優しい旨味は、何由来ですかね。また麺は、細めの縮れ麺で、「手打」と付くだけあって、ソリッド目な食感と歯応えが良い感じ。それと具の野菜類は、キャベツ、タマネギ、モヤシ、ニンジンといった一般的なものの他、ピーマンが珍しく感じました。ですがその香りがちょっとしたアクセントなっていて、これもまた。あと、肉類は入っていませんが、その代わり?、大きくて肉厚の椎茸がスライスされて量的にも結構入っていました。それでこの椎茸が、旨味的にも良い仕事しているんじゃないでしょうか。

オムライス 750円
オムライス 750円

 こちらは、家人がいただいた品。こちらも、見るからにボリューミーですね。そのお陰で、結構な量を味見することが出来たのですが、玉子焼きはしっかり焼かれ、中のチキンライスはケチャップで濃いめにと味が付けられた、個人的に好きなタイプだったのが、もう。ちなみに、家人もとても気に入っていたようでした。あと、付いているスープから、魚系の出汁を感じたのですが、醤油を抜きにしてもタンメンのスープとは違う感じ。ということは、こちらのお店の純粋なラーメンも、いただいてみる必要がありますね。

 というわけで、どちらも美味しく、かつ、お腹いっぱいいただきました。またお品書きにはラーメン以外にも、いただいてみたい品が沢山ありましたので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年11月訪問

栃木県宇都宮市 ラーメン 山岡家 宇都宮鶴田店

 相変わらず風邪っぽいパっとしない体調が続いていたのに加え、ここ何ヶ月かお伺いできていなかった所為か妙に食べたくなったので、この日は朝からこちらまで。

 それで今回は滋養を付けるべく、いつもよりも豪華に辛味噌ネギ「チャーシュー」と、当然半ライスの食券も購入。更に、財布の中にはサービス券が5枚溜まっていたので、それを使って餃子もお願いしました。

辛味噌ネギチャーシュー麺 1070円 + 味付け玉子 110円
辛味噌ネギチャーシュー麺 1070円 + 味付け玉子 110円
半ライス 120円
半ライス 120円
特製ギョーザ 320円のところサービス券5枚で無料
特製ギョーザ 320円のところサービス券5枚で無料

 登場して早速、スープを一口いってみたところ、いつもの「激辛」だったにもかかわらず、いつもより若干辛さ控えめに感じられました。またいつもの「味薄め」で頼むところを「普通」で頼んでしまったにもかかわらず、味の濃さは逆に適度。もっとも、味の感じ方については体調の所為もありますし、それでも、この辛さと、過剰にも感じる豚骨ベースの旨味やコッテリ感共々、満足いく味わいだったので全く問題ないんですがね。で、後は、ニンニクを普段より多く投入し、麺を啜りつつ、海苔やネギ、チャーシュー、味玉の一部を半ライスと共にいただき、最後は残ったライスに残ったスープを掛けてズルズルっと。また餃子は、単体だとおとなしい味わいですが、逆にスープに浸していただくと良い感じにマッチしますね。

 というわけで、今回も美味しくいただき、満足いたしました。ごちそうさまです。

平成30年11月訪問

栃木県宇都宮市 らーめん つる味

 相変わらず風邪っぽい体調の中、この日のランチは、一人で国道293号をさくら市から西に。で、その途中、「風邪にはネギも良いけどショウガも良いよな」と思い至ってこちらのお店でいただくことに。それにしても、昼時はクルマを停めるにも一苦労なほどの盛況ぶりですね。

生姜ラーメン(塩味) 750円
生姜ラーメン(塩味) 750円

 というわけでいただくのは、お店の外の幟旗にも書いてあるこちらの品。注文の際、値段が変わらない中盛(無料)を勧められたのですが、餃子も付けたかったので並盛でお願い。あと、種類を選べる麺は、手もみ麺をチョイスしました。で、混んでいるだけあって暫く待って登場。早速スープからいってみたところ、だいぶ前にいただいた時とは違う印象だったというか、前は出汁に使う動物系のワイルドなエッジが結構感じられたのですが、今回のは旨味は充分にありつつも上手くエッジを丸めてある感じで、個人的にはこちらの方が好みですね。またそれは麺についても同様で、以前は硬質だけどどこか軽さを持ったプラスティッキーな食感だったのが、ソリッドさは残しつつもムチモチっとした食感で、こちらの方が好みです。そして、ほぐしたチャーシュー?、などと和えてあるショウガを全体に混ぜれば、それらの味が加わって、これが、また。ちなみにこのショウガ。普通の根生姜と思われ、食感的に結構繊維質っ!というか、かなり主張してきます。

焼餃子 5個 300円
焼餃子 5個 300円

 こちらは、一緒にいただいた品。薄めで焼き目がクリスピーな皮や、それに包まれた餡は、特に強烈な主張がある訳ではないのですが、逆に言うと安心していただける味です。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、中でも生姜ラーメンは、以前いただいた時よりも(私の記憶違いでなければ)確実に美味しくなっていると思いました。偉そうな物言いになってしまいますが、こういうお店の進化が体験できるのって、とっても良いものですね。ごちそうさまでした。

平成30年11月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
2 4
6 8 10
13 15 17
21 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ