たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島競馬場訪問記 【平成30年7月7日・開成山特別(3歳以上500万円以下)・阿武隈ステークス(3歳以上1600万円以下)他】

最後の直線に入るオジュウチョウサン号

 オジュウチョウサン号は、平成23年4月3日生まれの、牡の鹿毛馬。北海道沙流郡平取町の坂東牧場生産。父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母父シンボリクリスエスという血統です。

 競走馬デビューは、2歳秋。平成25年10月19日、東京競馬場第5レース、芝1800mで行われた2歳新馬戦ですが、出遅れて11着に敗れました。その後平地の未勝利戦を1走後、翌平成26年11月15日に、福島競馬場で行われた障害3歳上未勝利戦に出走。最下位の14着に敗れたのですが、そこからは障害レースに出走を続け、自身の6走目、障害戦4走目となる、平成27年2月21日に東京競馬場で行われた障害4歳上未勝利戦で初勝利を挙げました。

 その次走、同年3月21日に中京競馬場で行われた障害オープン戦で2勝目を挙げた後、同年6月27日に東京競馬場で行われた東京ジャンプステークス(J-GⅢ)で重賞に初挑戦するも4着。このレースからは、その後障害レース界に数々の伝説を共に築くことになる石神深一騎手とのコンビとなり、その次走、7月25日に福島競馬場で行われた障害オープン戦で勝利後、1走を挟んで同年12月26日に中山競馬場にて行われ中山大障害でJ-GⅠ初挑戦し6着。そして翌平成28年。1走を挟んで4月16日に中山競馬場で行われたJ-GⅠ、中山グランドジャンプに出走。2番人気に推されたのですが、見事これを制覇。初重賞勝利がJ-GⅠとなりました。

 その後は、全て1番人気を背負っての連戦連勝。同年6月25日の東京ジャンプステークス(J-GⅢ)、10月16日の東京ハイジャンプ(J-GⅡ・東京競馬場)を経た後の、12月23日に行われた中山大障害でJ-GⅠ2勝目。翌平成29年は、3月11日の阪神スプリングジャンプ(J-GⅡ・阪神競馬場)で始動し、4月16日の中山グランドジャンプを連覇してJ-GⅠ3勝目。一休みの後10月15日の東京ハイジャンプ(J-GⅡ)を連覇して臨んだ12月23日の中山大障害をも連覇してJ-GⅠ4勝目。そして2018年に入り、ぶっつけで挑んだ4月14日の中山グランドジャンプを3連覇して重賞9連勝達成。同レース3連覇はタイ記録なのですが、重賞9連勝とJ-GⅠ5勝はJRA新記録となり、障害レース獲得賞金も歴代トップとなりました。

 と、障害レースにおいては絶対王者とも言える存在のオジュウチョウサン号ですが、今後の平地重賞参戦を見据えて約4年8ヶ月ぶりに平地のレースに出走することになり、それが、7月7日に福島競馬場で行われる500万円以下の特別戦、開成山特別(芝2600m)。これを見ないと一生後悔すると思い、当日、福島競馬場へと向かいました。

※ 他の競馬場や、過去に福島競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


栃木県宇都宮市 なか卯 宇都宮店

 このところ所用で行く機会が多い宇都宮市内ですが、この日もそんな感じで。

 で、この日のランチはこちらのお店と相成ったのですが、栃木でもちょいと田舎の方に住む私的には、同じゼンショーグループのチェーン店でも、すき家は地元で食べられるのに、なか卯は都会に出ないと食べられないという認識だったりします。

 それでなか卯なら親子丼だとは思うのですが、この日はうどんの気分だったので、もう一つの看板メニューであるうどんのなかからこちらの品をチョイス。そういえばなか卯でうどんをいただくのって、個人的には初めてかもしれません。

肉うどん 450円
肉うどん 450円

 食券購入から程なくして登場したのですが、早速ツユからいってみたところ、出汁感がわりとあって、味付けも適度。一口目から「旨い」と感じさせますが、このあたりの上手さって、大手チェーン店の味ならではというか。その味付けは、関東人の私からすれば「関西風」に感じる、出汁が効き濃口醤油が効いていないもの。また、甘味は控えめとなっているように感じました。そしてウドンは、いかにも冷凍麺といった強力なコシはなく、わりと自然な食感というのも上手ですね。それと具の牛肉は、意外なことに甘味が効かされておらず、その他、同じ味で一緒に煮たシラタキと、長ネギ。あとカマボコが1枚入っているのが嬉しいです。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、こういうある程度のレベルの味を均一に提供できる大手チェーン店って凄いなと、素直に思う次第です。ごちそうさまでした。

平成30年7月訪問

栃木県大田原市 ラーメン どさん子 大田原店

 この日、昼食は外で食べようということになったのですが、さりとて遠くにも行きたくないし、行列に並ぶなんてもってのほか。というわけで、野崎街道を走ってこちらのお店へ。

冷し中華(みそ) 800円
冷し中華(みそ) 800円

 それでいただいたのが、このところマイブームになっている冷やし中華なのですが、こちらのお店のは、みそ、正油、ゴマの3種類があるんですね。その中から、ここならではと思って味噌味をチョイス。登場して早速、麺と具とタレを軽く混ぜて、いざズルズルっと。で、そのお味ですが、一番の特徴は味噌味のタレでしょうか。ベーシックな甘味と酸味のあるタイプの、味付けを醤油から味噌に替えた感じで、またそれらの味付けはさほど濃くなく、お陰で味噌の発酵風味が悪目立ちすることも無くまとまっているように思えました。そして麺は、ラーメンと共通でしょうか?太さは中太くらいで、茹でてからキチっと洗って締めてあるため、ツルシコマシマシという感じで。そして具がなかなかバラエティ豊かというか、縁の赤いハムを筆頭に、カニかま、錦糸玉子、トマトやキュウリ、サニーレタスなどの生野菜に、紅しょうがあたりは他のお店でも見かけるラインナップだと思うのですが、メンマと(こちらのお店ではおなじみの)茎ワカメ、あと天盛りの海苔は珍しいんじゃないでしょうか。

しそ餃子(6ヶ) 350円
しそ餃子(6ヶ) 350円

 こちらは、一緒にいただいた品。ちょっと前にこちらのお店の餃子の美味しさを知って以来、必須のサイドメニューと化した感があるのですが、今回もカリモチっとした皮に、青ジソの効いた餡が、もう。

熟成信州みそラーメン 700円 + バター 100円
信州みそラーメン 700円 + バター 100円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。以前一度いただいただけですっかり家人のお気に入りとなった熟成信州味噌ラーメンですが、バタートッピングはまろやか+まろやかになってしまい、勿体ない感が出てしまったとのこと。味見させて貰ったところ、旨いっちゃ旨いのですが、確かに、そんな気がしました。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、中でもやっぱり冷やし中華って、お店毎の個性が面白い品ですね。ごちそうさまでした。

平成30年7月訪問

福島競馬場訪問記 【平成30年6月30日・テレビユー福島賞(3歳以上1600万下)】

夏の雲とダートコースを走る競走馬

 今年、開設100周年を迎えた福島競馬場。我が家的には開催ごとに1度はお伺いしているのですが、今年の夏は、その開催初日にお伺いすることができました。

※ 他の競馬場や、過去に福島競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


福島県福島市 そば処 桔梗 (福島競馬場内)

 春、夏、秋と年3回の開催があるJRA福島競馬場ですが、6月30日から夏の開催が始まりました。で、その初日にお伺いしたのですが、その際、朝食としていただいたのが1階フードコートにあるこちら。そういえば、このお店でいただくのは、だいぶ久しぶりかもしれません。

海老天そば+生卵 560円
海老天そば+生卵 560円

 で、こちらのお店で一番高い品は、1杯500円の海老天そば・うどんなのですが、今回はそこに、生卵を追加してお願い。程なくして受け取ったあと、カウンター上の大根おろしを投入。そして早速ツユを一口啜れば、朝イチという時間帯にもかかわらず、出汁昆布をちょっと煮込んだような風味が。ただ、塩気や味の濃さについては煮詰まり感が無い(っていうか、ちょっとライト目の味付けに感じました)ので、そういう風味のおつゆなんですね。またソバは茹で麺だと思うのですが、かなり柔らかめの優しい食感。個人的にはやわ麺好きということもあって全く問題ないのですが。そして具の海老天は、写真のとおりわりと大きさもあり、またサクっと香ばしく揚がってて良い感じでした。

 というわけで、ごちそうさまでした。

平成30年6月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ