たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県小山市 きそば(10号そば) (小山駅 12・13番線ホーム)

 茨城空港から空港連絡バスとJR常磐線・水戸線で小山駅まで戻り、あとは勝手知ったる東北本線(宇都宮線)で帰るだけとなったのですが、水戸線からの乗り換えの際、これから乗る東北本線(宇都宮線)下り線ではなく、その間にある上り線のホームへ。というのも、札幌駅で立ち食いそば、新千歳空港でラーメンを食べてきたにもかかわらず、ここにきて少々お腹が空いてきたからでして。

 それでいただいたのが、6月にもいただいた生そうめんの冷やし麺。というのも夏季限定のこの品、今年はもうすぐ販売終了になってしまうらしいのですが、その前に、前回いただいた時に試してみたいと思ったトッピングをしてみようと思った次第。

生そうめんの冷やし麺 370円 + 天ぷら 100円 + 岩下の新生姜スライス 100円
生そうめんの冷やし麺 370円 + 天ぷら 100円 + 岩下の新生姜スライス 100円

 前回同様注文時に少々時間がかかる旨を確認され、でも体感的にはそんなに待たずに登場。まずはツユを、冷たい麺=味が濃いのは前回いただいてわかっているので味見程度にいってみたところ、今日のは前回に比べると味わうのにちょうどいい濃さじゃないでしょうか。で、味付け自体は、 相変わらず甘さ控え目なキリっとした味わいが良いですね。また主役の生そうめんは、相変わらずコシと歯応えが凄いのですが、前回にいただいた時よりもそれらが気持ちマイルドな気も。そのおかげで、そうめん自体の味をよく味わえるような気がしました。そして今回の目玉というか、前回試そうと思った天ぷらに加え、岩下の新生姜スライスをトッピングに追加。まずは天ぷらですが、暖かいそば・うどんに比べると当然ながらツユとの馴染みは悪いものの、逆にカリっとした歯応えと香ばしさが悪くなく、適度なコッテリ感をプラス。更に新生姜スライスが天ぷらの油感を相殺するように働き、これらと生そうめんを交互にいただけば、いくらでも行けそうな気が。図らずも今回、とても合う組み合わせにしてしまったんじゃないでしょうか。

 というわけで美味しくいただいたのですが、来年以降も夏に、小山駅で時間を作っていただいてみたい生そうめんでした。ごちそうさまです。

令和元年9月訪問

水戸線乗車記 【令和元年9月4日】

小山駅に停車中の水戸線普通列車

 前の記事に続いての鉄道ネタとなりますが、石岡駅からJRの常磐線で友部駅まで移動した後、栃木に帰るべくそこから乗り換えたのが水戸線。個人的に水戸線に乗る機会ってそうそうないので、記録にとどめておくことに。


鹿島鉄道線の痕跡 【令和元年9月4日】

かしてつバス専用路線にある踏切

 新千歳空港から飛行機で飛んだ先は、行きに利用した羽田空港ではなく、茨城空港。何故そうなったかは置いといて、茨城空港から自宅まで、公共交通機関を使って帰ることになりました。

 そこで出会ったのが、平成19年(2007年)4月1日に廃止となった、鹿島鉄道線の痕跡です。


北海道千歳市 富川製麺所 新千歳空港店

 旅の最終日。新千歳空港でチェックインを済ませ保安検査所を通過すれば、あとはいよいよ、帰りの飛行機に乗り込むだけとなつてしまいました。しかしここで時間が少々あったのと、今回の旅行中ラーメンを1杯しかいただいていなかったことを思い出し、手持ちのスマホで調べたところ、出発ロビー内にラーメン店があるのを発見。腹具合にも多少余裕があったので、北海道の最後の最後で1杯いただくべくお伺いしました。

 飲食店が3軒ほど集まった小さなフードコート的スペースにお店はあり、午前8時の開店からまだ30分も経っていなかったのですが、それでも先客が数組ほど。お品書きを見ると味噌・醤油・塩味とひととおりあり、更には辛味を効かせたものやエビ塩味などメニューは豊富。また、「富良野」「無化調」「自家製麺」「ふらの山桜スモークチャーシュー」などといった貼り紙もしてあり情報量は多すぎるくらいだったのですが、そんな中から以下の組み合わせでオーダー。男性の店員さんが黙々と調理師、程なくして注文時に渡されたベルが鳴りました。

ハーフラーメン(みそ) 600円 + バターコーン 200円
ハーフラーメン(みそ) 600円 + バターコーン 200円

 それで早速スープ、バターの影響が出ていない箇所を選んでいってみたところ、「無化調」を謳うスープの第一印象は、どこか豚汁を思わせる味わい。ただ、ベースの出汁や油っ気もしっかりとあり、無化調故か濃いめの味付けと相まって、ちゃんと味噌ラーメンのスープになっていました。またそこに合わせる麺は、味噌ラーメンでは珍しく感じる細縮れ麺で、かなり強い弾力も特徴的なのですが、更に濃いめのスープの中でも存在感を失わない、香ばし系の個性的な風味が。「焙煎麺」という表記があったので、この麺のことを指していたんですかね。そしてチャーシューは、スモーキーな風味が印象的。あとこれも味噌ラーメンにしては珍しく感じたキクラゲの他に、豚肉、タマネギ、白菜が入っていて、このあたりが豚汁っぽい味わいの要因でしょうか。そのせいか、一味がや七味といった薬味がとても良く合いました。それと追加したバターコーンは、このラーメンにも間違いのない相性の良さ。ただ、スープのコッテリ感が更に増してしまったので、個人的にはライスがとても欲しくなってしまったという。

 というわけで、北海道最後のラーメンを美味しくいただいたのですが、こういうところに出店するお店にしては、かなり攻めたというか、個性的な一杯という感じで、個人的には大いにアリ!でしたね。ごちそうさまでした。

令和元年9月訪問

北海道札幌市 立喰いそば処 弁菜亭 (JR札幌駅 5・6番線ホーム)

 JR札幌駅のホームにある立ち食いそば・うどんのスタンドと言えば、札幌駅ホームが地上にあった時代から札幌駅立売商会さんの運営で、個人的にも何度かいただいている思い出の味。で、今回の旅も最終日となり、あとは新千歳空港から飛行機で飛んで帰るだけとなってしまったのですが、その最後に、その思い出の味をいただいて帰ろうと思いまして。

 それで駅構内に2店舗あるうち、今回は快速エアポートが発着する5・6番線ホームのお店に。そういえば前回もこのホームでいただいたのですが、それってもう、9年も前のことだったんですね。

天玉そば 540円
天玉そば 540円

 そこでいただくのは、個人的定番の天玉そばなのですが、手渡された品を見てちょっとびっくり。というのも、ここのお店というか北海道の駅そば・うどんのかき揚げと言えば、昔から天かすを固めたような、ほぼほぼ衣のものが一般的だったのですが、パっと見でわかるタネの多さ!とうとうここにも、標準化の波が押し寄せてしまったのでしょうか。その動揺を飲み込むようにツユを一口いってみれば、真っ黒な見た目どおりガツンとくる濃口醤油。味付けは濃い目に感じたのですが、しょっぱさの中に少々の甘味という感じで、生卵といただいても薄まった感が無いのは良いですね。またソバは定番の茹で麺で、その触感はプリっととうよりもソリッドな歯触り。そして先述のかき揚げですが、タネはタマネギメインで、衣には青海苔でしょうか?

 というわけで、記憶にある味とは少々違っていたものの、これはこれで美味しくいただきました。で、以前何度かいただいた時も、毎回同じ味ではなかった筈だし、そこに今回いただいた印象が加わって、またそれが思い出の味になっていくんですかね。ごちそうさまでした。

令和元年9月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ