たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 自然派ラーメン 花の季

 (注:お店にお伺いしたのは令和2年4月4日の土曜日です)4月に入る直前、私にとって子供時代のカリスマだった方が亡くなってしまうなど、他人事じゃないことを実感させられている新型コロナウイルスですが、そんな不安な時、殊更いただきたくなるのは慣れ親しんだ味ということで、こちらのお店まで。

 開店して一番に入店。テラス席に座りたい旨を申し出ると快諾していただいたのですが、テーブルの上の小さな鉢植えや、お店の周囲の新緑、そして花々が目を楽しませ、まだほんのちょっとだけ寒さはあるものの心地良い風が吹き抜けて、何とも心地良いですね。

【菜の花の昆布〆 280円】
菜の花の昆布〆 280円 と 大根の甘酢漬け(サービス)

 そんな中、まず、こちらのお店でのサービス品の定番、大根の甘酢漬けと共に登場したのが、この日の野菜メニューであるこちらの品。菜の花の春らしい苦味に合う、出汁そして昆布の風味・旨味が何とも。味付けもいい塩梅で、そこに生姜が良いアクセントになっています。これ、一品料理として完成しているというか、個人的には日本酒が欲しくなったというか。

【たんめん 950円 + 煮玉子 130円】
たんめん 950円 + 煮玉子 130円

 それでラーメンは、個人的にこちらのお店の中で一番好きなたんめんを。パっと見、今日のスペシャルな野菜は、春らしい菜の花と、紅大根、紫大根でしょうか。で、早速スープからいってみると、メインの野菜が白菜とモヤシとあってか、幾分さらっとした口当たりとライト目の味わい。それでもベースとなる豚骨出汁のコクに、野菜の旨味と香ばしさが加わって、これが、もう。また、幅がラーメンよりも広い麺は、いつもどおりツルっモチっシコっとした食感で、これが、また。それと具はチャーシューと野菜は前述の他、ニンジン、キクラゲ、シイタケを確認。また追加の煮玉子も、ホクホクした黄身といい塩梅の味加減が、相変わらず良かったです。

【皿ワンタン 480円】
皿ワンタン 480円

 こちらは、一緒にいただいた品。昔、こちらのお店には餃子がなく、チェンピンか、この皿ワンタンをよく頼んでいた気がするのですが、最近はご無沙汰になってしまっていましたね。で、久しぶりにいただいてみても、しっかりとした皮に包まれた肉たっぷりの餡がボリューミーさと満足度を高め、また上にかかる白ネギと絶妙な味付けのタレも良い感じで。腹具合に余裕がある時は、やっぱりいっておかないとと、改めて思った次第。

【バカうまラーメン(中) 800円】
バカうまラーメン(中) 800円

 こちらは、同行の相方が注文した品。「美味しい」と言いつつきれいにいただいていました。

 というわけで、気持ちの良い席で、どれも美味しくいただいて満足すると共に、心持ちもお伺いする前よりは落ち着くことができました。ごちそうさまです。

令和2年4月訪問

栃木県矢板市 更科

 (令和2年)3月最後の日曜日。この日は暖かいそばをいただきたくなったので、朝から名残雪が降る中を、矢板市のこちらのお店までお伺い。

【天ぷら(エビ)(そば) 650円】
天ぷら(エビ)(そば) 650円

 それでいただいたのは、そういえばこちらのお店でノーマルな天そばいただいていないなと頼んだこの品。登場時、相変わらず口いっぱいに入ってるのが嬉しいです。で、早速ツユを啜れば、いつもの、主張の少ないというか、例えば出汁の節系の香りや濃口醤油がビンビンと来るものではないのですが、今回それによって気付いたことが。というのも、ツユの主張がそれほど強くないため、そこからソバを引っ張り出して啜れば、「更科」ならではの、田舎蕎麦なんかよりも穏やかな蕎麦の香りでも、しっかりと感じられるんですね。また、途中から入れるさらしネギや七味の相性の良さや、海老天の胡麻油で揚げた衣の香ばしさ、ほうれん草の心地良い青っぽさなど、それぞれの香りもちゃんと感じられるということで。こちらのお店の蕎麦って、いただくと、穏やかだけども、ちゃんといただいた満足感があると思っていたのですが、その理由って、このあたりからも来てるのかもしれませんね。

【トリ肉南ばん(そば) 600円】
トリ肉南ばん(そば) 600円

 こちらは、同行の相方がいただいた相方お気に入りの品だったりするのですが、例によってというか、今回は「香り」を意識して少々味見させて貰うと、合わさることによって風味を上手く昇華させる鶏とネギの香りが、より感じられる気がして。あと、絶妙な鶏肉とネギの火の通し加減や、それらの味が加わったツユもまた旨いです。

 というわけで、今回も美味しくいただき、満足させていただきました。ごちそうさまです。

【お店近くの雪景色】
お店近くの雪景色

令和2年3月訪問

栃木県宇都宮市 ラーメン 山岡家 宇都宮鶴田店

 個人的に「山」こと山岡家さんは、レギュラーメニューというかお気に入りの品(辛味噌ネギとか特味噌ネギとか)の完成度が高いため、積極的に期間限定メニューはいただかないのですが、そんな中、丁度食べたいタイミングと期間限定販売の期間が合うからか、過去2度ほどいただいたことがあるのが、プレミアム醤油とんこつラーメン。で、今回もそれを目当てに宇都宮まで。

【プレミアム醤油とんこつラーメン玉子かけご飯セット 1120円】
プレミアム醤油とんこつラーメン(単品だと890円)
玉子かけご飯(単品だと240円)

 それで、今回は、玉子かけご飯(TKG)とのセットを券売機で購入。ちなみにこのセットだと、単品合計よりも10円安くなるんですね。

 で、食券提出後、待つこと少々で登場したプレミアム醤油とんこつラーメンとTKG。早速ラーメンのスープからいってみると、油の量「普通」でも液体に加え固形の背脂というかなりの油浮きなのに加え、更に乳化したスープには相当量の油が溶け込んている筈ですが、わりとスムースに口に入ってきて、その後口の中にぐわっと広がるのは、かつていただいた時と同じ印象の、豚骨!煮干し!という風味と旨味。また醤油メインの味付けは、味の濃さ「普通」だとちょいと濃い目ですが、逆に薄いと油(脂)の量に負けそうな気も。そしてノーマルな「山」よりも細めの特製麺は麺の硬さ「普通」だと、コリサク感のある噛みごたえ。前回この品をいただいた時には、鹹水っぽい香りが強めに感じられましたが、今回はノーマルのものよりやや強いかなという程度で、それがアクセントになっている気が。それと具のチャーシューは柔らく、メンマも柔らかくて癖が少ないタイプで、わかめは茎の部分も結構入っていました。で、今回はいつものニンニクを入れず、コショウと一味唐辛子で。特に、唐辛子は合いますね。

 あと一緒にいただいたTKGは、間違いなし。タレから?漂うゴマ油の香りが良い感じで。

 というわけで、3度めのプレミアム醤油とんこつラーメン、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和2年3月訪問

京浜急行電鉄乗車記 【令和2年3月22日】 後編(逗子線・久里浜線・本線)

三崎口駅に停車中の泉岳寺行き快特列車

 横浜シーサイドラインを挟んで、前編に続く再び京浜急行電鉄(京急)全線乗車の旅に戻ってきたのですが、この記事では、京急の駅そば『えきめんや』でちょっと腹ごしらえしてから、残りの逗子線と久里浜線、そして残る本線に乗っていきたいと思います。


横浜シーサイドライン乗車記 【令和2年3月22日】

新杉田駅に入ってくる折返し金沢八景行き普通列車

 前の記事でも書いた京急全線乗車の途中、そのついでに、昔、八景島シーパラダイスに行く際に金沢八景駅からちょっとだけ乗ったことがある横浜シーサイドラインの金沢シーサイドラインに、改めて乗ってみることに。


このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析