たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

新潟競馬場訪問記 【平成30年5月5日・駿風ステークス(4歳以上1600万以下)他】

第5レースのゴール

 (前の記事でも書いたのですが、)ゴールデンウイークも後半の5月5日の土曜日。家人が実家方面に行ってしまい(って、私の不徳の致すところの所為ではないとは思いたい。)丸一日フリーになったので、丁度開催していた新潟競馬場に、一人で行くことにしました。

※ 他の競馬場や、過去に新潟競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


新潟県新潟市 和風 新魚がし (新潟競馬場内)

 ゴールデンウイークも後半の5月5日の土曜日。一人で新潟競馬場に行ってきました。で、個人的に競馬場での食事のファーストチョイスとなるのが、そばやうどんの類い。新潟競馬場では以前、テラスプラザにあるお店でいただいたこともあったのですが、今回はNiLS21スタンド2階にある、こちらのお店でいただくことに。開場直後にお伺いしたのですが、既に先客が何組も入っていました。

 それでこちらのお店は、注文と会計を先に済ませる方式で、ずらっと並んだお品書きの中から、稲庭うどんの天ぷらをチョイス。出オチのようになってしまったのですが、こちらのうどん類は全て稲庭うどんを使用しているんですよね。すると注文を聞いた店員のお姉さんが厨房に「天ぷら大丈夫ですか」と確認。オッケーが出たようで、無事注文が通りました。

天ぷらうどん 700円
天ぷらうどん 700円

 それでまずは、ツユからいってみたところ、その淡い色あいのとおり上品。出汁がビンビン香るわけでもなく、それなりに旨味があるのですが、何の出汁でしょうかね?そして味付けですが、甘味は控えめ、塩気は適度という感じで。また、ウドンはツルっツルの食感。個人的に乾麺好きなのですが、その中でも、やっぱりこれは良いですね。それと天ぷらはかき揚げでは無く、海老、カボチャ、ナス、ニンジン、大葉の5種類。どちらかというとすぐフワっとなる食感でした。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、たまには競馬場で、こういうちゃんとした天ぷらうどんというのも良いものですね。ごちそうさまでした。

平成30年5月訪問

栃木県大田原市 横浜家系ラーメン 喜多見家 大田原店

 今年(平成30年)の1月から2月にかけてリニューアルされたこちらのお店。その直後にお伺いして、リニューアル前との味の違いに驚いたのですが、そこから暫く経ったのを見計らって再びお伺い。というのも、前回感じた味の違いが、リニューアル直後ゆえのブレなのか、それとも今後はその方向性行くのか気になったもので。

味玉ラーメン 800円 + のり増し(5枚) 50円
味玉ラーメン 800円 + のり増し(5枚) 50円
ライス 100円
ライス 100円

 それで結論から言うと、やはりリニューアル前と較べると、今回もその味の方向性を大幅に変えたように感じました。今回は食券提出時に麺の太さこそ訊かれなかったものの、登場してスープを一口啜った時点で、「あ、もの凄くクリーミー」と、前回お伺いした時と同様の印象が。その他、チャーシューも以前は@状までは行かずとも丸まっているタイプだったのが写真のようにスっと延びたものに変わっているなど、リニューアルされたのはスープだけじゃ無いようなのですが、やっぱりこの、下手するとクリーミーを通り越してクリームっぽくも感じるこのスープが、一番の違いに感じます。

塩味玉ラーメン 800円
塩味玉ラーメン 800円

 これについては家人も、今回は塩味のをいただいていましたが「クリームみたい。塩味だと尚更。」という感想でした。

 それにしても、改めてこのリニューアルはだいぶ攻めたというか、ここまでガラっと変えるのって、だいぶ勇気が要ったのじゃないでしょうか。ごちそうさまでした。

平成30年5月訪問

旅のメモ 今年のゴールデンウイークは宮城県でサッカーと4輪レースとを

 これまで続いたゴールデンウイーク前半の旅がらみの記事なのですが、最後は例によって、個人的覚え書きを兼ねたこちらの記事を。


ピレリスーパー耐久シリーズ2018 第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース【平成30年4月29日・スポーツランドSUGO】

スタート直後!

 昨年、初めて野球場でナイターを見たり、暫くぶりにサッカー場に行ったりと、久しぶりにスポーツ観戦熱が高まったのですが、そんな中、個人的に最も観戦熱が高まったのにもかかわらず、都合が合わずについぞ見られなかったのが、モータースポーツ。どうでも良い話ですが、個人的に平成元年に自動車の免許を取得したころから本格的にモータースポーツを観るのにハマりだし、一時はスポーツランドSUGOや鈴鹿サーキット、そして平成9年(1997年)地元栃木県に出来たツインリンクもてぎなどのサーキットに、2輪4輪問わず出かけては観戦していた時期もあったのですが、環境の変化など色々と重なった結果、モータースポーツそのものから遠ざかってしまったというか、2005年を最後にサーキットへ足を運ぶことが途絶えてしまいました。


宮城県柴田郡村田町 東北自動車道 菅生PA(上り線) スナックコーナー 和食処 けやき

 石巻市内で一泊したあと、翌日の早朝、柴田郡村田町にある次の目的地に向かうべく東北自動車道の上り線を走っていたのですが、その目的地最寄りの村田インターチェンジで降りる前、朝食に立ち寄ったのがこちらのパーキングエリア。実は、こちらのパーキングエリアは平成20年リニューアルされたのですが、そこから余り日が経たない頃にお伺いした際、かなりの好印象だっんですよね。で、その後立ち寄ったものの、混んでいて食べるのを諦めていたことも。この日も、ゴールデンウイーク中とあって駐車スペースはまり空きが無かったのですが、午前6時すぎという時間帯のお陰で、店内は余裕がありました。

かき揚げそば 490円
かき揚げそば 490円

 そんな中今回いただいたのは、こちらのかき揚げそば。ちなみに券売機には、「手づくりかき揚げそば 550円」というボタンもあったのですが、バツ印が点いていて購入出来ませんでした。(昼間の、人出がある時間帯限定ですかね。)で、早速ツユからいってみたところ、前回(相当前ですが)印象に残った(昔過ぎて記憶違いかもしれませんが)ダシ感はそこそこな代わりに、しっかりと醤油っ気、塩気はあるけど甘味はさほど効いていないハッキリとした味が、これはこれで。(この手のそばは、個人的に味が濃い方が好きなもので……。)また、色が白っぽかったソバは、「意外と」と言っては失礼ですが自然なコシとハリがあって、これもまた。そしてかき揚げは、表面がガチっと揚がった香ばしいけどツユとはあまり馴染まないタイプ。わりとオイリーですが、ツユの味が濃いめだったので全く問題ないですね。あと、是非とも生卵か半熟卵、温泉卵のたぐいをトッピングしたかったものの、券売機にそれらのボタンが見当たらなかったので断念。このツユなら、卵入れても絶対に美味しくいただけただけに勿体なかったなぁ、と。

 というわけで、前回お伺いした時とは違った印象なれど美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成30年4月訪問

宮城県石巻市 大王(ターワン)

 前の記事であげたサッカーを見たあと、石巻市内にもう1カ所立ち寄ってから、予約していた石巻市内の宿へ。というわけで、夕食も石巻市内でとなったのですが、そこでお伺いしたのが、駅からもほど近いこちらのお店。事前に調べた時、地元で人気のお店で、更には名物と呼ばれる品もあるとのこと。

 お店には、午後6時頃に到着したのですが、奥に向かったカウンターとその後ろにテーブルが3つという店内は、予想に反して先客はわずか。もっとも、私たちの後から続々と入ってきて、さらっと席が埋まる程度となったのですが、いかにも地元というグループはもちろん、私たちのようにネットで情報を得て来店した旅行者とおぼしきお客さんも幾人かいらっしゃったようで。それで席に着き早速注文。その後、あまり待たずに、注文した品々がわりとぶっきらぼうに登場しました。

特製みそタンメン 770円
特製みそタンメン 770円

 それで私がいただいたのが、こちらのお店の名物メニューとなっている味噌味のタンメン。ちなみに「特製」が付かないみそタンメン(720円)もあるのですが、特製に入っている具がいくつか省かれるらしいです。それにしても、登場時からインパクト充分というか、大きな丼に野菜がうずたかく盛られ、かなりのボリューム感ですね。で、早速、上の野菜類をかき分けるようにしてスープからいってみたところ、全体的に濃いめというか、若干甘味も感じる味噌味がビシっと、ニンニクがバシっと効き、そこにベースの出汁や具の野菜炒め的旨味も加わって、味の方もインパクト充分。ただ、最近のお店でありがちな、ただインパクトを出すために何かやった感はなく、あくまでナチュラルに濃いというか。また麺も、わりと個性的というか、やや太めの平打ち麺は、ホギホギとした固めの食感。ですが、具の量、そしてスープのとのバランスを考えると、これがベストな組み合わせだと思いますね。そして具は、キャベツにモヤシなどの野菜類と豚肉に、「特製」にしたことによってキクラゲや溶き卵が加わっているのですが、シャキ感を残した絶妙な火の通し加減に熟練の技を感じます。あと、溶き卵が面白い効果なのですが、個人的には、実家で亡き祖母がよく作っていたニンニクと玉子入りの野菜炒めを思い出しました。

ギョーザ5個 350円
ギョーザ5個 350円

 こちらの品もお店の名物だそうで、一緒にいただくことに。で、形は結構大ぶりで、皮のガッシリ感や、中の餡のビシッとした密度感から醸し出される、質実剛健な印象が良いですね。あと、ニンニクがビンビンに効いていました。ちなみに、餡の味わいがとてもしっかりしているので、個人的には酢+ラー油だけでも美味しくいただけたのがポイント高かったです。

ラーメン 620円
ラーメン 620円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。例によってちょっとだけ味見させて貰ったのですが、私のいただいたタンメンとは違った細めの麺や、厚めに切られた柔らかくも肉の歯ごたえもちゃんとあるチャーシュー、そして何より、懐かしい感じですがこちらのお店ならではの個性も感じられるスープなど、これも良いですね。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、昔から地元で愛されているということにとても納得した味と、お店の雰囲気でございました。(もっとも、今の店舗は、震災後に移転されたもののようですね。)ごちそうさまです。

平成30年4月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
5
8 10 12
15 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 31

アーカイブ

忍者アナライズ