たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

埼玉県羽生市 胡麻唐屋 Pasar羽生店 (東北自動車道 羽生PA(下り線)内)

 朝の便で高知から羽田に飛び、空港からはクルマで、首都高速~東北道と高速を使って帰る途中、丁度お昼時となったので立ち寄ったのがこちらのパーキングエリア。旗日(春分の日)ということもあってフードコートは結構な混雑でしたが、何とか席を確保して、家人とお互い食べたいものを購入することになりました。

 そこで私が選んだのが、フードコート向かって右端にあるこちらのお店。っていうか、こういう所では基本的に麺類が多いのですが、フードコート内にあるもう1軒の麺類を扱うお店(うどん屋さん)は過去にお伺いしたので、今回は半ば自動的にこちらになったという。

 それで何をいただくか。店頭の看板に写真が出ていて、更にお品書きのトップが黒胡麻タンタン麺(辛さ3)、白胡麻タンタン麺(辛さ1)、紅大陸タンタン麺(辛さ5)と3種類ある担々麺なので、これらがお店の推しと思われます。で、その中から結局、お品書きのトップで、3つの中では辛さが真ん中の黒胡麻タンタン麺と、朝食に引き続きごはんが食べたかったので半ライスも注文。ちょっと待つと渡されたベルが鳴りました。

黒胡麻タンタン麺 800円
黒胡麻タンタン麺 800円
ライス 160円
ライス 160円

 受け取った黒胡麻タンタン麺は、黒胡麻が沢山浮くスープにはニラが散らされ、中央には味付け挽き肉がワンスクープという感じで。早速そのスープからいってみたところ、黒胡麻の風味は強いけどさらっとした口当たり。そこに、ちょっと甘味のある味付けがなされ、唐辛子の辛味は個人的にピリ辛程度。加えて山椒のスッとする風味、そして痺れがちょっとだけ感じられます。こういう所なので、あまり攻めた味にはしていないと思うのですが、それでいてちょっと個性も感じられる、上手いところをついた味わいですね。また麺は、若干細めの縮れ麺で、中庸な感じ。あと上に載った具の挽き肉は良い塩梅で、混ぜ込むとスープの味をアップさせるような気が。で、一通り麺を啜った後は、残っていたライスを丼にイン!底に沈んだ挽き肉共々いただけば、これが悪くないというか、昔は担々麺のスープにご飯投入は個人的にナシだったものの、いつの間にか普通にするようになってしまったなぁ、と。

 というわけで、サラっと完食させていただいたのですが、今度は一番辛い、紅大陸タンタン麺も試してみたいですね。ごちそうさまでした。

平成30年3月訪問

高知県南国市 うちんくの食卓 (高知龍馬空港内)

 1泊2日の四国旅行も、あとは朝の便で帰るだけとなってしまったのですが、高知空港から羽田空港へと飛び立つ前、朝食をいただくために立ち寄ったのが、高知空港内にあるこちらのお店。ちなみに「うちんく」とは、土佐弁での女性の一人称で、標準語にすると「私の食卓」といった意味でしょうか?

おむすびと青さのり入り半うどん 600円
おむすびと青さのり入り半うどん 600円

 それでこちらのお店。朝食メニューでは700円の干物朝食がイチ押しのようでしたが、私が選んだのがこちらの品。この時たまたま、うどんとお米、両方食べたかったので、丁度良いのがあるなと思った次第で。それでまずはうどんからいってみたところ、個人的に慣れ親しんだ鰹節香るという感じではなく、スッと入ってくるような魚の風味と旨味。これっていりこですか?そこに薄口醤油ベースと思われる良い塩梅の味付けが加わり、更にそこに、アオサで磯の香りがプラス。あとウドンは、変にコシが強くないのが自然で良かったです。あとおにぎりはお米が美味しく、添えられたお新香、特にプチトマトのが良い感じでした。

土佐ジローのたまごかけご飯朝食 600円
土佐ジローのたまごかけご飯朝食 600円

 こちらは、家人がいただいた品。ちなみに家人はそんなに積極的にはTKGを食べない人なのですが、「これは美味しい。たまごかけご飯に目覚めたかも。あとしらすも美味しい。」と申しておりました。

 というわけで、どちらも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成30年3月訪問

高知県高知市 製麺処 蔵木

 高知競馬場での勝負を終えた後、前の記事であげた居酒屋さんで飲んだ後、この日の〆としてお伺いしたのが、ホテルやその居酒屋さんからも近いこちらのお店。ちなみにこちら、高知に来る前にチェックしていたお店だったりするのですが、つけ麺がメインのお店で、ラーメンも評判が良いようで。それにしても、今回たまたま取ったホテルは、さすがに繁華街に立地しているだけあって、近くに美味しそうな飲食店が多数あって助かったというか。

 お店に着いたのは午後11時近くだったのですが、私たち同様、飲みの〆に立ち寄ったとおぼしきお客さんなどで、空席はあるものの結構な賑わい。もっともこちらのお店、昼間は常に満席のようですね。で、席に着き早速注文なのですが、メニューの先頭にあって「まずはこれから」と書かれたつけ麺と、その次にあって「人気No.1」と書かれた牛モツつけ麺で悩んだ末、つけ麺を選択。そこに、つけ麺用生卵というのを追加してみました。また同行の家人は、お店の名前を冠した中華そばをいただくことに。

つけ麺 750円 + つけ麺用生卵 60円
つけ麺 750円 + つけ麺用生卵 60円

 そんなわけでまずは私のつけ麺。ツヤツヤした見るからにそそる麺なのですが、まずはそれを1本、そのまま口に入れたところ、シコっとした歯応えの後、しっかりとした小麦の味と香りが口の中に広がります。そして次に、つけ汁に浸けていってみたところ、そのつけ汁、事前にネットで調べた時には濃厚魚介豚骨とのことでしたが、決して強すぎないというか、麺とのバランスが良いというか。特に魚風味は、卓上の魚粉でコントロールできるのも良いですね。またその中に入る具では、キャベツが珍しく感じたのですが、これが悪くない組み合わせ。それと面白かったのは生卵で、つけ汁に浸した麺をさっとくぐらせていただくと、スープのとは違う生卵のコクが加わってこれがまた。いただく前は、正直なところ味、薄まっちゃうんじゃ?と思いきや、つけ汁の粘度が適度なのと麺自体に味わいがあるので大丈夫でした。あと途中から、味変用のレモンを麺に絞りかければ、酸味と香りが加わってこれもまた。標準で220gという麺(ちなみに、ハーフ100円引き、大盛り(110g増)100円増し、得盛り(220g増)200円増しとなっています。)はあっという間に完食してしまいました。そして最後はスープ割をお願いすると、和風の出し汁に加えて海苔が足されるのも良かったのですが、腹具合さえ許せば、100円で頼めるごはん割りも試してみたかったです。

蔵木の中華そば 670円
蔵木の中華そば 670円

 こちらは、前述のとおり家人が注文した品。例によって少々味見させて貰ったのですが、鶏スープがまず旨く、更に細めの麺が良いバランス。低温調理のチャーシューも凝っていますね。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、加えて今回の高知(市内)での、最後の食事がこちらで良かったです。ごちそうさまでした。

平成30年3月訪問

高知県高知市 駱駝 別邸

 前の記事で書いたとおり、高知競馬場での勝負を終え、高知市内のホテルにチェックイン。今朝は早起きしたし、もう既に遅い時間にもなっていたので、ひとっ風呂浴びて早く休む方が良いのはわかっているのですが、しかしながら、メタメタだった今日の競馬の反省会をしたいというのも正直なところ。(もっとも、勝ったら勝ったで祝勝会なんですけどね。)

 それでお伺いしたのがこちらの駱駝別邸さん。というのも、事前に調べた時、駱駝というネットの口コミで評判の良い居酒屋さんを見つけたのですが、その支店というかグループ店が、たまたま今回予約したホテル(高知リッチモンドホテル)の1階に入っていたという。しかも、そのお店もネットの口コミで評判が良いのに加え、お店のウェブサイトを拝見したところ、場所柄のせいか観光客向けのメニューも取りそろえているという印象を受けました。

 というわけでチェックイン後、部屋に荷物を置き再びエレベーターへ。同一建物内と言っても一度ホテルの出口を出てから、裏手にあるこちらのお店の入り口にまわる感じでお店の扉を開けると、その時点で賑わっているのがわかる雰囲気。もっとも、午後10時近い時間だったせいか席はあいており、すんなりとカウンター席にご案内。で、そこで飲み食いしたものを以下に。

お通し 1人500円
お通し 500円
生ビール(アサヒスーパードライ) 510円
生ビール(アサヒスーパードライ) 510円
ウーロン茶 410円
ウーロン茶 410円

 まずはとりあえずの生ビールと、同行の家人のウーロン茶。生ビールのジョッキには、駱駝の絵が描いてありました。またお通しは、イカを肝と茎ワサビで和えたもので、これが良かったです。

四万十鶏の炭火焼き 880円
四万十鶏の炭火焼き 880円

 こちらは、グランドメニューに載っていた品で、「焼き鳥が食べたい」と言っていた家人のリクエスト。立派なお皿の上には焼いた鶏肉の他、彩り兼付けあわせに野菜がいくつか載っていて、更に味付け用のポン酢と塩、そしてネギ味噌というのが面白いです。で、早速いただいたところ、丁度良い焼き加減の鶏肉は、適度に柔らかく適度に歯ごたえが有り、これが何とも美味。また塩もポン酢も良かったのですが、ネギ味噌が予想以上の相性というか、それ自体が良い味で、鶏肉のほか野菜類に付けてもいい感じでした。

別邸流カツオの藁焼きタタキ 1200円
別邸流カツオの藁焼きタタキ 1200円

 昼前にいただいたカツオのタタキですが、個人的好物なのでここでも。グランドメニューは「時価」となっていましたが、卓上にあった「本日のおすすめ」的ペーパーにはお値段が明記されていました。で、これがまた凝っていたというか、蓋付きの容器で登場し、店員さんがその蓋を開けると、藁の焼ける何とも香ばしい匂いがフワっと漂うという演出付き。というのも、容器の中には藁に火を付けたものが入っていて、これがいただいている間も香ります。また味付けはタレの他、粒の大きい岩塩というのがオシャレですね。そして薬味は、青ネギとニンニクスライスの他、ここでもワサビが。(ちなみにショウガは無し。)やはり当地では、カツオのタタキにワサビという組み合わせは、よく食べられているようで。ちなみに、お味の方は言わずもがな。悪いわけがありません。

ハランボの塩焼き 500円
ハランボの塩焼き 500円

 こちらも、「本日のおすすめ」的ペーパーに書かれていた品。ハランボというのはカツオの腹身のことで、良いサイズのそれが2切れほど。で、お味の方は、意外なほど癖がないのに驚いたというか、焼き加減も丁度良く、とても美味しくいただくことが。ちなみに家人は魚魚した風味というかクセが苦手なのですが、これは「美味しい」と言って食べていました。

土佐鶴 大吉祥(冷やし) 720円
土佐鶴 大吉祥(冷やし) 720円

 お酒は、途中からこちらにチェンジ。実は栃木でも買うことができる土佐鶴ですが、この大吉祥という品は初めていただくかもしれません。で、これは吟醸酒のようで、香り華やか飲み口スッキリという感じ。それにしても、高知まで来て地のものと共に飲めば、その味もひとしおですね。

 そんなわけで、時間的に遅かったこともあってこのあたりで切り上げたのですが、いただいた品はどれも美味しく、加えて観光客でも入りやすい立地と相まって、ほんと有り難かったです。今度また高知に来た際は、夜の選択肢に入るのはもちろん、本店の方にもお伺いしてみたいですね。ごちそうさまでした。

平成30年3月訪問

高知競馬場訪問記 【平成30年3月20日・第20回黒船賞(JpnⅢ)他】

黒船賞の最終コーナー

 国内の競馬場を全て回ったあと、次は、個人的にどうしても生で観てみたい、雰囲気を味わってみたいレースを中心に競馬場に行けたら良いな、と思い、一昨年のJCB(川崎)昨年のばんえい記念を観てきました。それで、高知競馬場にもそんなレースがいくつかあって、そのうちの一つが、高知競馬場で行われる唯一のダートグレードレースである黒船賞。というわけで今回、それをお目当てに、高知競馬場まで行ってまいりました。

※ 他の競馬場や、過去に高知競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
3 5
7 9 11
13 15 18
20 22 24 26
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ