たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

富山県富山市 大喜 富山駅前店

 富山県富山市に、その名も『富山ブラック』という特徴的なラーメンがあると知ったのは数年前。何でも、元々は労働者が昼食を取るの際、持参したドカ弁とか握り飯のおかずになるようなラーメンをと考案されたそうで、スープが醤油で黒々としていたところからその名が付いたとか。というわけで今回、所用で富山を訪れた際、その、富山ブラックをいただいてまいりました。

 それで今回いただいたお店は、富山ブラックの元祖とも言われる大喜というお店の駅前にある支店(富山駅前店)。できれば本店にお伺いしたかったのですが、富山には鉄道での訪問となったため駅に近いandこちらのお店には本店にはない「ごはん」がメニューにある(折角ですから、ラーメンをご飯のおかずとして食べてみたかった)というわけで、こちらに。そんなわけで富山駅の正面口(南口?)から南に向かう路面電車(富山地方鉄道富山市内軌道線)の走る通りを歩くこと3分少々でお店に到着。午後5時頃という中途半端な時間帯のせいか、店内は空いていました。それで、奥の壁に向かって座るカウンター席に座り、早速中華そば小とごはん、そして、お品書きを見て気になった生玉子を注文。生玉子は、ラーメンに入れるかどうか尋ねられたので、そのようにお願い。程なくすると、富山ブラックとご対面となりました。

中華そば 小(並) 700円 + 生玉子 50円
中華そば 小(並) 700円 + 生玉子 50円
ごはん 150円
ごはん 150円
 その富山ブラック。見た目はやはり、物凄く濃い醤油色をしたスープが目を惹きますが、他にも、チャーシューがたっぷり(個人的な感覚ではチャーシュー麺でもおかしくない程)載っていたり、白ネギの輪切り(結構厚め)もたっぷり載っていたり、細めのメンマもたっぷり載っていたり、粗挽きのブラックペッパーもたっぷりかかっていたりして、かなり個性的なビジュアルです。で、壁に貼ってある食べ方を見ると、全体をよく混ぜてからいただくのが正しい食べ方のようですが、とりあえずそのままスープを一口いただいてみると、とっても塩辛い!!塩気で口の内壁がギューっとなりました。その後は、上に載った生玉子を崩さないように混ぜ混ぜしていただきましたがやっぱり塩辛く、しからばと生玉子を混ぜてみても、塩辛い中に玉子の味が加わるだけでさほど状況は変わらないような…。でも、この『塩辛い』のって、不思議と嫌じゃないというか、食べているうちに「これはこれでアリだなぁ」なんて思えてくるから不思議というか。それにしても、ごはんがとっても進みます。太くて固めのストレート麺や、とても塩辛いメンマ、この中では味加減が丁度良く感じるチャーシューなどを、白ネギやブラックペッパーの刺激と共に、モグモグとよく噛んで、ご飯と共にいただくと、このラーメンの由来が良く解る気がしました。

 というわけで富山ブラック、堪能させていただきました。ごちそうさまです。

平成21年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ