たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 まるめしあん 【移転前店舗】

 実はこちらのお店、自宅から割と近く、お店の前を通る度に気になっていたのですが、特徴的な外観などでちょっと二の足を踏んでいたところでした。ただ、ブログでの評判や、某有名店店主さんの訪問記を拝見したところとても興味をそそられましたので、お伺いしてみることにしました。

 平成21年5月31日の日曜日、午前11時の開店時間を少し過ぎたあたりに入店すると、先客が1名。とりあえず東北自動車道を望む窓側のカウンターに腰掛け卓上のお品書きを見ると、噂通りメニューがものすごく豊富。どれをいただこうか迷いましたが、ラーメン類からは限定5食と書かれた超進化形の醤油ラーメン、ご飯物からはふきミソの焼豚御飯、また、同行者の塩ヤンクンをお願いしました。

 サービスで出された手作りの美味しいお新香をいただきながら待つことしばしで、まず、ふきミソの焼豚御飯が登場。それから程なくして、二人分のラーメン類が登場しました。

超進化形の醤油ラーメン 850円
超進化形の醤油ラーメン 850円
 で、まずはラーメンを、ということで、超進化形の醤油ラーメン。登場時には既にスープ表面には膜が張っていて、見た目からしてとっても濃厚そう。早速いただいてみると、お品書きを見る限りではスープはブレンドとのことですが、見た目どおり濃厚な動物系白濁スープをベースに、マー油とニンニクチップがとても効いていました。また太めでウェーブがかった麺は、自家製麺とのことですが、歯応えのある食感。そして具は、半熟の味玉が一個分入り、他にはチャーシュー、メンマ、青菜などです。

ふきミソの焼豚御飯 200円 と サービスのお新香
ふきミソの焼豚御飯 200円
サービスのお新香
 次に、ふきミソの焼豚御飯ですが、ちょっと甘めの味付け。チャーシューは割とたっぷり入っていて、これで200円はお得な価格設定なのではないでしょうか。

塩ヤンクン 800円
塩ヤンクン 800円
 また、同行者がいただいた塩ヤンクンも少し味見させてもらいましたが、これはちょっとビックリというか。ラーメンのスープがベースだと思うのですが、そこに節粉や小エビなど和の食材が加わり、さらに、レモングラスなどのスパイスが効くことによって、驚くほどトムヤンクンが再現されていました。

 というわけで、ごちそうさまです。

平成21年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ