たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県佐野市 千里

 久しぶりに佐野ラーメンがいただきたくなってしまい、どうしたもんかと思っていたところ、この日は午前中に宇都宮への通院、夕方からは熊谷での所用と色々重なり丸一日仕事を休むことになり、更にそれらのおかげで昼過ぎにちょっと時間が空くことが判明。というわけで、熊谷に向かう途中、佐野に寄り道することにいたしました。

 で、その佐野で今回お伺いすることにしたのが、こちらの『千里』さん。佐野ラーメンの有名店で佐野市内に『万里』というお店があるのですが、こちらの千里は、そちらの店主の弟さんがやっているとのこと。万里は以前お伺いしたことがあるのですが、こちらは初めての訪問です。お店のほうは、国道50号線(佐野市植下町の、歩道橋があって角に佐野一番ラーメンというお店のある交差点)からちょっと入ったところというか、割と解りづらいところにあり、カーナビを使ってお伺いしたにもかかわらず、間抜けなことに少々迷ってしまいました…。

 お店に入ると、お伺いしたのが平日の午後2時近かったおかげか先客は3名ほど。皆、営業途中のサラリーマンっぽい人です。とりあえず、空いてる席に着き、ラーメンと餃子をお願いしました。

ラーメン 500円
ラーメン 500円
 で、そのラーメン。スープは澄んでいて、とてもあっさりとした旨味。ただ、塩気はハッキリと効かされていました。また麺は、凸凹の多い表面や不均一な厚みなど手打ち麺の特徴が思いっきり出た、ピロピロとした食感のもの。そして、ものすごく超多加水という感じ。そして具は、チャーシューとメンマ、そして輪切りの白ネギとシンプル。それにしても、まさしく『佐野ラーメン』っていう感じのお味ですねぇ。

餃子 400円
餃子 400円
 それと餃子は、野菜たっぷりボリューミー。食感は、全体的にちょっとウェッティーで、特に皮がふにゃっと柔らかい感じがしました。もっとも、お伺いした時間帯を考えると致し方ないのかもしれませんが。

 というわけで、久しぶりの佐野ラーメン、堪能いたしました。ごちそうさまです。

平成21年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ