たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

神奈川県横浜市 玉泉亭

 横浜のラーメン食べ歩き2軒目は、家系ラーメンと並ぶ横浜発祥のラーメン、サンマー麺をいただくべく、こちらのお店にお伺いしました。ちなみにサンマーメンとは、醤油味(塩味もあるらしい)のラーメン(というか、中華汁ソバ)の上に、モヤシなどを炒めトロミをつけたあんかけが載った料理で、発祥や起源とされるお店は幾つかあるようなのですが、こちらのお店のそのうちの一つとのこと。家系ラーメンのように全国的な知名度はないと思うのですが、歴史はこちらのほうが有るようです。

 そのお店には、市営地下鉄の板東橋駅を降り、地図を頼りに向かいましたが、どうやらこのあたりは、とてもアダルトな店舗が建ち並ぶ一角のようで、明るいうちから店舗入り口に立って頑張って仕事しているお兄さんをかわし、何とか到着。お店の外観は、見るからに歴史のある、街の中華料理屋さんといった感じです。その印象は店内に入っても変わらず、店内に漂う匂いや卓上に置かれたガムの自販機、それに失礼ながらフロア担当のお姉さん達や厨房にいるシブい店主さん?にも、歴史を感じました。それでお伺いしたのが午後4時半過ぎという中途半端な時間のせいか、先客はなし。席に座ると、迷うことなくサンマーメンをお願いすると、厨房からは何かを炒める音が聞こえはじめ、店内のテレビで流れていた再放送の水戸黄門のクライマックスシーンを見ているうちに登場しました。

サンマーメン 600円
サンマーメン 600円
 で、そのサンマーメン。まずはあんかけを混ぜずにスープのみいただいてみると、ベースはガラ系と思われる中華っぽいスープなんですが、それだけではないような風味と旨味があり、それに、しっかりとした醤油味が付けられていました。また、上に載ったあんかけからはゴマ油の香ばしい香りが漂ってきて、いかにも中華麺っぽい細めのウェーブがかった麺をいただくと、そのあんかけが自然と麺に絡んできます。あんかけのトロミは結構固めで、具のモヤシ、タマネギ、ニンジンキャベツなどの野菜はシャキシャキ。他にはキクラゲや豚肉が入っていました。それにしても、このあんかけは熱々ですね。全体的な量は少なめだと思いますが、熱くてこだっこいあんかけ、堅めの歯応えの麺と野菜、それに濃いめの味付けと相まって、結構食べ応えがあったのですが、あんかけの載ったラーメンという料理から個人的に想像していたような優しい味ではなく、実際にいただいてみると結構ハードというか、男っぽい硬派な味という感じが、ちょっと意外に感じました。

 というわけで、老舗で歴史あるメニューを堪能いたしました。ごちそうさまです。

平成21年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ