たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

神奈川県横浜市 吉村家

 横浜のラーメン食べ歩き3軒目は、説明不要の超有名店、『家系』ラーメンの総本山である、吉村家さんです。実は、今回の食べ歩きの一番最初にお伺いしたかったお店なのですが、たまたまお伺いした5月13日(火)がGWのからみで臨休となっていて、15日(木)の昼時に、再度訪問となりました。

 そのお店は、横浜駅の相鉄乗り場というか相鉄ジョイナスというか高島屋のあたりから東急ハンズの前の通りをまっすぐに進み、大きな通りにぶつかったら鋭角に左折してすぐのところにあり、駅から徒歩10分はかからなかったかと。お店に着いたのは午前11時半頃だったのですが、既に10人ほどの行列が出来ていました。とりあえず店内に入り、券売機でラーメンと味付玉子の食券を購入してから列の最後尾に。店内は入れ替え制というか、一度に作るラーメンの数だけお客さんが入れ替わるシステムで、並んでいるうちに食券を確認され、店内に入り席に着くと家系ならではの麺の固さ・油の量・味の濃さを確認されます。さすがに人気店というか、連日行列が絶えないお店だけあって、このあたりのオペレーションはさすがですねぇ。

ラーメン 630円 + 味付玉子 80円
ラーメン 630円 + 味付玉子 80円
 というわけで、それほど待った感覚はなく、カウンターに座るとほどなくしてラーメン+味付玉子が登場。麺の固さ・油の量・味の濃さは全て普通でお願いしたのですが、スープは醤油っぽい色で結構濃い色が付いています。それで早速、スープからいただくと、豚骨や鶏ガラ、それに表面の鶏油などから充分な旨味やコクを感じるのですが、想像していたのよりサラっとしているというか、濃いめの醤油ダレと相まって割とキレのある味に感じます。また麺は、有名な酒井製麺製の、やや平べったい太めのストレート麺。ノーマルでも、若干固めの茹で加減に感じました。そして具は、家系定番の海苔(パリパリ)やほうれん草(わりとたっぷり入っていました)、それに追加した良い塩梅の味付け玉子など、それぞれにいい感じなんですが、ちょっと驚いたのはチャーシュー。今までいただいた家系のお店ではこんなスモーキーなチャーシューにお目に掛かったことがなかったのですか、そのスモーキーな風味としっかりとした噛み応えが、とてもラーメンと合っているというか。

 というわけで、家系の総本山を堪能させていただいたのですが、個人的には『家系』というと、今までの個人的経験により、どうしてもトロッとするほどコッテリとした濃厚なスープを想像していました。ただ、今回、総本山であるこちらのラーメンをいただくと、『家系』の味って、コッテリとしつつもそれほど重くないというのが本来の姿なのでは?と思うようになったというか。また、一昨日訪問し、想像よりアッサリした味という印象を受けた近藤家本店も、家系の源流に近いところからの独立ですし。もっとも、いただいて、「旨い!!」と思えるなら、どうでもいいことなんですがね。ごちそうさまです。

平成21年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ