たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

旅のメモ のんびり伊豆と日本100名城、そして帰りに細身のシャイボーイ第5回ワンマンライブ『細身のシャイボーイの逆襲!』編 【平成26年3月8日(土)~9日(日)】

 このところ続いた、3月始めに伊豆方面、そして帰りに東京に行ってきた時の記事ですが、その最後は、個人的なおぼえがきとしていつも書いてるそのまとめをば。



 我が家の旅行というと、私が気合い入れてスケジュールを立てると、それこそ分刻みというか、例えば一日でお城を3つも4つも回ってくるような計画を立ててしまうのですが、相方のススメで偶には「のんびり」とした旅行も良かろうということになり、伊豆の温泉にでも浸かってこようかと暫く前から計画していたところでした。で、その後、丁度その旅行の日程と被るように、私がこのところ個人的にハマっているアーティストさんがワンマンライブをやることになったのですが、有り難いことに相方も、私がハマっているものがどういうものか実際に見てみたいということになり、そのライブに一緒に行くことになりまして。というわけで、1泊2日で伊豆方面に行った帰りに東京の下北沢に寄ってライブを観るという、ちょっと変わった旅行になったというか。

平成26年3月8日(土)

【朝の東北道を】
朝の東北道を
【渋滞する東名高速横浜付近】
渋滞する東名高速横浜付近
【小田原厚木道路走行中】
小田原厚木道路走行中
【雪の残る国道1号箱根新道】
雪の残る国道1号箱根新道
 今回の旅行は「のんびり」がコンセプトなので、普段なら午前5時とかに出かけるところ、わりとゆっくりと午前7時過ぎに自宅を出発。天気も穏やかで言うことないですが、私が前日飲み会で結構やられてしまったお陰で念のため途中まで相方が運転するということに。それでまずは、本日最初の目的地である、静岡県三島市にある日本100名城の山中城に向かうのべく自宅の最寄りICより東北道に乗り、途中の佐野SAで朝食をいただいた後、首都高に入ったところの川口PAで運転手交替。その後、そんなに引っかからずに首都高を抜けたものの、東名高速に入るとお約束の横浜付近の激しい渋滞に捕まり、かなりのタイムロス。もっとも、今回は「のんびり」がコンセプトなので慌てず騒がず。もっとも、そんな中時刻は昼近くになり、だいぶお腹は空いてきましたが。その渋滞を1時間近く掛かって抜け、今度は厚木ICから小田原厚木道路へ。途中、覆面パトカーが激しく取締中でしたが何とかかわして(法定速度ギリギリで走る国産セダンを追い越そうとした時、その運転者と同乗者がブルーの制服を着ていたのに気付いた時には大層ビビりましたが。)小田原から国道1号箱根新道に入り、途中、道路脇に残る雪を眺めつつ山中城へ。ここまで、自宅から約250kmの道程ですが、途中の渋滞が響いて予定より約2時間遅れの午後1時過ぎの到着となりました。

【伊豆縦貫道走行中】
伊豆縦貫道走行中
【伊豆中央道走行中】
伊豆中央道走行中
【修善寺道路走行中】
修善寺道路走行中
【県道12号走行中】
県道12号走行中
【伊豆スカイライン走行中】
伊豆スカイライン走行中
【大室山が見えれば伊豆高原はすぐ】
大室山が見えれば伊豆高原はすぐ
 山中城に到着後、まずは案内所兼売店で遅い昼食をいただいた後、山中城に登城。で、この山中城が個人的に大好きなタイプのお城だったこともあって「のんびり」堪能しまくってしまい、駐車場に戻ってきたのは午後4時過ぎになっていました。ちなみに、当初の予定ではこちらを出発してから途中で某所でハシビロコウでも観てから宿へ向かう予定となっていたのですが、時間の関係でそのまま宿へ直行することに決定。箱根新道で箱根の山を降り、途中から出来たばかりの伊豆縦貫道に入って、その後、伊豆中央道を通り、修善寺道路では修善寺ICを通り過ぎて天城北道路に入ってしまったので県道349号で戻ってから、県道12号線で伊豆半島を1/3ほど横断。そして、冷川料金所から伊豆スカイラインに入るのですが、このあたりから沿道に雪が目立ち始め、峠越えのというあたりから終点の天城高原料金所を過ぎた辺りまでは結構な積雪で、3月の伊豆でこれだけの雪を見るって、今年の冬がいかに異常気象だったかを実感するというか。その後県道111号から大室山を眺めつつ国道135号に抜ければ、宿のある伊豆高原はすぐ。馴染みとは行かないまでも、これまでに何度か停まったことのある海沿いの小さな旅館に投宿しました。

【宿の夕食の一部(1)お刺身】
宿の夕食の一部(1)お刺身
【宿の夕食の一部(2)キンメの煮付け】
宿の夕食の一部(2)キンメの煮付け
【宿の夕食の一部(3)カサゴの唐揚げ】
宿の夕食の一部(3)カサゴの唐揚げ
 宿では、無料の貸し切り風呂で旅の疲れを流し、その後、地魚がメインの夕食をいただきつつ一献(じゃ当然済みませんが…。)。魚!魚!魚!と堪能しましたが、毎度の事ながらボリューミーで、2人で1尾のキンメの煮付けは半身をいただいたところで翌朝の食事に繰り越して貰いました。そして、女将さん特製のスイーツ(失礼ながら思いの外美味でした)で〆たあと、寝酒まで出していただいて大感激。食後は「のんびり」というかダラダラしつつ甘い果実酒をちびちびやれば、これはもう、たまりませんなぁ。というわけで、少々予定は狂いましたが、かなり満足したの一日目が終了しました。

平成26年3月9日(日)

【宿の部屋から見た朝の海】
宿の部屋から見た朝の海
【宿の朝食の一部】
宿の朝食の一部
【国道135号走行中】
国道135号走行中
【熱海海岸自動車道走行中】
熱海海岸自動車道走行中
【真鶴道路走行中】
真鶴道路走行中
 そして2日目、今日も良い天気です。まずはのんびりと朝食をいただいたのですが、これがまたボリューミーかつ美味くて食べ過ぎたのですが、昨夜の金目鯛がまだ十二分にイケたのには驚いたというか。そして食後はゆっくりと一休みして、午前9時頃に出発。とりあえず今日最初の目的地である小田原の石垣山城へ。この時間はまだ空いている国道135号を走り、途中、伊豆に来ると何故か毎回寄る道の駅伊東マリンタウンで土産物を購入。そして熱海からは熱海海岸自動車道、真鶴道路と所々有料道路を通って小田原市内へ。このルートって、本当は伊豆に行く時に通りたかったのですが、今回は旅程の関係で帰りに通ることに。でも、海を眺めながらのドライブは、やっぱり良いですね。

【局所的に混雑していた小田原市内】
局所的に混雑していた小田原市内
 それで本日最初の目的地である石垣山城に着いたのは、午前11時過ぎ。で、こちらは十数年前に一度訪れたことがあったのですが、その時と較べると、立派な駐車場が出来ていたり、目の前に某有名パティシエのお店が出来ていてお陰でその駐車場か九割方埋まっていたり、更にはひっそりとした感じの史跡だったのが日曜日というせいもあってか城内も結構人出があって、結構な変わりように少々面食らったというか。それでも一時間少々かけて一通り堪能して、次の目的地である、同じ小田原市内の小田原城へ。途中で昼食でもと思ったのですが、朝食を食べ過ぎたせいかあまりお腹は空いておらず、また何故か市内の一部が妙に混んでいたということもあり、真っ直ぐお城へと向かったのですが、それでも30分近く掛かったというか。そして、石垣山城に来たことはあるにもかかわらず何故か小田原城は初めてだったのですが、こちらも一時間少々かけて天守まで一通り見学。さすがに有名なお城だけあって、結構な賑わいでしたね。で、その後本来は市内に点在する遺構も見ようと思っていたのですが、先程の混雑もあって、旅の最終目的地であるライブハウスのある下北沢へと向かいました。

【小田原厚木道路走行中】
小田原厚木道路走行中
【東名高速横浜付近渋滞中】
東名高速横浜付近渋滞中
【首都高速池尻出口から一般道へ】
首都高速池尻出口から一般道へ
【下北沢で停めた駐車場】
下北沢で停めた駐車場
 小田原から東京までは、来る時通った道程を逆に進むことに。なので、覆面パトカーに気をつけつつ小田原厚木道路を通り、厚木ICからは東名高速に乗るも、来る時同様横浜付近で渋滞に捕まったり(もっとも、来る時よりも短時間で抜けられましたが)しつつ、また途中の海老名SAでこの旅行中初めての給油もしつつ東京料金所を通過。用賀から首都高へ入るのですが、そこから程なくの池尻出口から一般道へ。東京の「シタミチ」なんて、個人的には正直走りたくないのですが、走らなければ目的に着けないので何とか下北沢へ。そして何とか駐車場を見つけて駐車しました。で、本日ここまで、朝、旅館でのんびりした以外はあまりのんびり出来ていなかったのですか、只今の時刻は午後4時過ぎ。ライブハウスの開場までまだ2時間以上あるので強制のんびりというか、近くの王将で早めの夕食がてら景気づけにちょっと飲むことにしました。

【下北沢LOFT前で開場を待つ人達】
下北沢LOFT前で開場を待つ人達
【下北沢LOFT入口に掲げられた看板】
下北沢LOFT入口に掲げられた看板
【前回のワンマンライブ以降習得したチューニングしながらのトーク】
前回のワンマンライブ以降習得したチューニングしながらのトーク
【アンコール時の細身のシャイボーイ(右)と乱入した“Mr.Perfect”福田洋(左)】
アンコール時の細身のシャイボーイ(右)と乱入した“Mr.Perfect”福田洋(左)
 そんなわけで程良く気持ちよくなったところでというか、一応時間を見計らって開場30分程前にライブハウス向かったのですが、既に待っていた人がいたのにはびっくりというか、前回よりもお客さんの出足が早いです。で、開場時刻になる頃には20人程の行列が出来、入場したら会場内はほぼ満席。前回よりも確実に盛り上がってきているというか、こうやってどんどんお客さんが増えると良いな、と。そして午後7時過ぎにライブが始まると、グっと来る曲に面白いトーク、そして前回のワンマンライブの反省を生かしたチューニングしつつトーク(ただし内容ペラッペラ)する技を披露したり、最後は彼が所属するDGPというグループのリーダーであるプロレスラーの「ミスター」こと福田洋さんが乱入するなどして最後まであっという間の2時間でした。(あと帰る時、そのDGPの皆さんがズラっとお揃いだったのには驚いたというか。)

【池尻入口から首都高速へ】
池尻入口から首都高速へ
 そしてライブの後は、自宅へ帰るだけ。ここからは相方の運転で、午後9時を過ぎに出発。池尻入口から首都高に合流しようとした時、私の巨体が邪魔となり本線を走る車が見えなくなって若干パニクった以外は順調に進み、約2時間程で自宅に帰り着くことが出来ました。


 というわけで、コンセプトの「ゆっくり」に関してはそれ程できなかったのですが、それでも楽しかった一泊二日が終了。なんていうか、色々と充電できました。今度は何時、何処に行けるかなぁ。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ