たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島県白河市 花心凪(かこな) 【閉店】

 黒磯のふうふう亭さんと言えば、個人的に何度もお伺いしているお店なのですが、そちらで修行された方が、お隣の福島県白河市にて独立されたお店がこちらのお店。今年6月に開店して以来一度お伺いしてみたかったのですが、今回ようやくそれが叶いました。ちなみにお店の場所ですが、JR白坂駅に程近い場所というか、以前、何度かお伺いしたことがある、手打ちらーめん雅さんが入っていた所だったので少々驚きました。(ちなみに、雅さんは現在白河市内に移転されたそうで。)

花心凪(か・こ・な)ラーメン 800円 + Cランチ 180円
花心凪(か・こ・な)ラーメン 800円 
Cランチ 180円
 で、いただいたのは、お店の名前を冠したこちらのラーメンに、Cランチをプラスして。それでまずはスープからいただくと、ベジポタ系のようなトロっとした口当たりで、味噌は突出せず、塩気が抑えめに感じられることもあって、全体的にとても濃厚かつまろやかというか。ですが、スパーンと効いているショウガが全体を引き締め、またそのおかげで、後味は思いの外サッパリしていると思います。また麺は、全粒粉を使った、モチっとした食感の平打ちっぽい縮れ麺。濃厚なスープが十分過ぎる程絡みます。そして具は、香ばしく炙られたトロトロの分厚いチャーシューが2枚に、黄身がトロっとした良い塩梅の味付き玉子が1個分、そして手間がかかっているのが感じられる大振りなメンマ。どれも濃厚なスープに全く負けていないというか、かなり存在感があると思います。また、青ネギ、カイワレ、ワカメ、モヤシといった野菜系の具は、濃厚なスープや他の具材とよく合っているというか、丁度良い息抜きになっているように感じました。それと、一緒にいただいたCランチですが、セット物とはいえサラダがキチンと冷やされていて、まろやかなドレッシングが惜しげもなくかかっていました。それとキムチ焼き飯は、熱々の鉄板の上に、ご飯とキャベツのキムチ、そしてホロホロの繊維状になった肉などが載っていたのですが、それらを混ぜ合わせていただけば、軽く焦げたところが香ばしく、何とも間違いのない味というか。

餃子(5個) 350円
餃子(5個) 350円
 こちらは、一緒にいただいた物。厚めの皮が、焼き目はカリっと香ばしく、他の部分はモッチリした食感。また、中の餡は野菜類+豚肉との事ですが、適度さジューシーさと密度感、そしてしっかりとした味があります。1つ1つが大振りな事もあり、かなり食べ応えもありますね。

白ゴマラーメン 780円
白ゴマラーメン 780円
 こちらは、同行者がいただいた物を例によって。醤油ラーメンをベースに、思い切り胡麻が効かせてあり、とっても香ばしandまろやかなお味。また、ピーナッツが食感にアクセントを与え、お味のほうにもさらなる香ばしさをプラスしていますね。

 それにしても、セットの値段が、修業先同様バーゲン(過ぎる)プライスになっているところに、いらぬ心配をしてしまいますが、お陰で今回もお腹いっぱいいただくことが出来、もちろんお味のほうもどれも美味しく、大変満足させていただきました。ごちそうさまです。

平成23年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ