たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らーめん 右京

 こちらのお店は、宇都宮というか、県内屈指の行列店ですよねぇ。個人的には行列はあまり得意ではないので、ここ暫くはちょっと足が遠のいてしまっていたのですが、今回はどうしても食べたくなったので、意を決して訪問しました。

 お店には開店30分くらい前に着き、行列もなく安心したのですが、ついうっかりというか、久しぶりだったせいで、既に店外に出ていた順番待ち用のノート名前を書くのを忘れてしまい、開店してから入店するまでに、先客が10人近く出来ていました…。というわけで暫し待ってから入店して座敷に通されると、直ぐに注文。右京完熟味噌と餃子、それとおにぎりまでお願いしてしまいましたが、こちらのお店のようになかなかお伺いする機会がないお店って、後悔しないようやたらと注文してしまうのは貧乏性のなせる所為でしょうか。それで注文を済ませ、何とも香ばしい、美味しそうな香りが漂う座敷で食欲を刺激されつつ待つこと暫し。まずはおむすび、そしてラーメンと餃子が立て続けに登場し、二人用テーブル代わりの小さいちゃぶ台がいっぱいになりました。

右京完熟味噌らーめん 995円
右京完熟味噌らーめん 995円
 で、まずいただくは、右京完熟味噌らーめん。 大きめの丼にたっぷりと盛られた野菜をかき分けスープからいただけば、久しぶりにいただいても、やっぱり美味しいですねぇ。ベースはあっさりとしたスープだと思いますが、そこに、味噌と、野菜と豚肉を炒めた旨味と香ばしさが溶け込んで、なんともホッとする、優しい味だと思います。また麺は、多加水っぽい瑞々しい感じもしますが、同時に熟成されたプリッとした食感も感じられ、この麺がまた、スープや柔らかめの炒め野菜とよく合って。そのたっぷりと載る炒め野菜は、確認できただけでも白菜、キャベツ、ニラ、モヤシ、ニンジンと種類が豊富で、この種類の多さも、ラーメンの美味しさに貢献しているのではないでしょうか。それと、チャーシューと煮卵も絶品。特に、厚めに切られた香ばしいチャーシューは、しっとりとしてホロホロとした食感ですが、繊維感のある噛み応えもあって、また、しっかりと味は入っているけど濃すぎない味付けや、あっさり目に仕上げた脂の残し加減も絶妙。全体的なボリュームもかなりあって、オナカもココロも満足させていただきました。

右京餃子(5個) 480円
右京餃子(5個) 480円
右京おむすび 210円
右京おむすび 210円
 それから、右京おむすびは、運ばれてきた時とっても熱々。ハフハフと囓れば、薄味のチャーシューご飯がホッコリと。そして右京餃子は、あっさりとした餡に、大葉の香りが爽やか。両方とも一歩引いた味というか、控えめな味付けで、ラーメンとの相性もいいんじゃないでしょうか。

 というわけで、後悔しないよう沢山いただいてしまい、お腹がかなりキツキツになってしまいましたが、その苦しさも含めて、大満足だったりして。今度はいつ、お伺いできるかなぁ。ごちそうさまでした。

平成20年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ