たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 中華そば 櫓屋

 宇都宮駅東の櫓屋さんに、久しぶりの訪問となりました。で、いただいたのは、前回お伺いした時に季節メニューだと思った北海道味噌らーめんと、おしながきに「おすすめ!」と書かれた炙り焼豚めしを。

北海道味噌らーめん 750円
北海道味噌らーめん 750円
 まずは北海道味噌らーめん。スープは、炒めた野菜(モヤシ・タマネギ・ニラなど)と肉の旨味がスープに溶け込んだ、滋味溢れる感じがするもの。そう言えば、子供の頃お店でいただいた味噌ラーメンって、必ず、この炒めた野菜と豚肉が載っていて、それ以外の具はメンマくらいしか載っていなかったような記憶があり、逆に、味噌ラーメンには、炒め野菜の旨味があると、何だかホッとするというか、安心するような。と、話が逸れましたが、味噌の風味も豊かで、全体的にはちょっとコッテリとした印象ですが、かなり旨いです。また麺は、前回いただいた櫓そばと共通と思われる、プリッとした中細麺。店外には西山製麺と思われるのぼり旗が立っていましたが、この麺も西山製麺製なのでしょうか?(ちなみに麺は、『櫓屋』と書いてある木製の麺箱に、袋に入れられた状態で入っていました。)そして具のチャーシューは、櫓そばと違って炙られてはいませんでしたが、他にも載せられた煮玉子と同様、きちんとした作りを感じます。

炙り焼豚(チャーシュー)めし 380円
炙り焼豚(チャーシュー)めし 380円
 それから、一緒にいただいた炙り焼豚めしは、香ばしいチャーシューが甘辛いタレと共に、ご飯の上にたっぷりと。 炙られた事によって脂が溶け出し、かなりコッテリとした口当たり。全体的なボリュームも結構ありますねぇ。

 というわけで、北海道味噌らーめんと炙り焼豚めしをいただいたのですが、両方とも、キッチリ「旨い」と言わせるような印象の味で、そこには、ちゃんとしたオペレーションを感じました。ごちそうさまです。

平成20年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ