たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県塩谷郡塩谷町 とりや食堂

 お久しぶりの、塩谷町のとりやさんです。実は、お盆の頃に一度お伺いしたものの、残念ながら改装中(後で知ったところによると、車に突っ込まれたそうで…。)でして。ですが、先日お店の前を通ったら改装も終わり営業中だったので、早速お伺いしました。

 久しぶりにお伺いすると、改装の結果、店舗の入り口にシャッターが付いたり、テーブル席の方の店内の壁が綺麗になっていたり、そこに容量の大きそうなエアコンが付いたりしてました。あと、駐車場も以前よりだいぶ広くなりましたが、これは店舗改装に入る前に広くなっていたような…。まぁ、何にせよ、以前の狭い駐車場時代に較べ、だいぶ訪問しやすくなって、大歓迎なのですが。それと、注文しようと壁のお品書きに目をやると、前回訪問時に較べメニューに若干の価格改定がありましたが、これはいたしかたないですね。

 と、だいぶ前置きが長くなりましたが、今回いただいたのは、チャーシューメンと餃子という、動物性蛋白質and脂質取りまくりな組み合わせです。それにしても、価格改定があったとはいえ、こちらのチャーシューメンの650円というお値段(ラーメンの100円増し)は、ものすごくバーゲンプライスじゃないでしょうか。

チャーシューメン 650円
チャーシューメン 650円
 で、そのチャーシューメンですが、ラーメンと同じく、個人的に子供の頃から慣れ親しんだ、このあたりのトラディショナルなチャーシューメンという感じがして、やっぱり良いですねぇ。ただ、トラディショナルと言っても、ガラの効いたタマネギのような香りがする(昔のラーメンって、こういう香りしましたよね?)あっさりしたスープに、濃いめの色ですが塩気のカドが全くないの醤油ベースの味付け、そして、若干ソフトな食感の麺と、歯応えのあるチャーシューのそれぞれが、きちんと美味しいというか。 特にチャーシューは、アニマル系のワイルドな匂いもなく、サクサクな肉とプリプリの脂の食感や、噛み締めた時の旨味が、たまりません。

餃子 400円
餃子 400円
 それから餃子は、何ともホッとする美味しさ。何となく家庭的であり、なおかつ、お店でいただく味のようでもあり。よくわからない表現になってしまいましたが、とりあえず、ライスが欲しいなぁ。(お腹の容量の関係で我慢してしまいましたが…。)

 というわけで、久しぶりのとりやさんを堪能させていただきました。こちらでいただく度に思うのですが、やっぱり、ここのラーメンは、偉大なるスタンダードだよなぁ。マニアックなラーメンもいいんですが、こういうシンプルな、あれこれ弄られていないラーメン(今回はチャーシューメンですが…。)も、やっぱりいいものだな、と。ごちそうさまです。

平成20年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 22
24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ