たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らあめん厨房 どる屋

 こちらのどる屋さん。メインの鯛だしラーメンの他、夏場の鮎ラーメンなど地元食材をスープに仕立てたラーメンも日にち限定で提供されているのですが、それに最近加わったのが、那珂川産のモクズガニを使ったもの。この日も提供日が平日、しかも昼の部夜の部共に15食限定ということで諦めていたのですが、ラッキーなことにたまたま宇都宮へ行かねばならぬ用事が出来たため、仕事を途中で抜け(ちゃんと休みは貰いましたが。)、とりあえずお店へと向かいました。

 で、お店には昼の部の開店時間(午前11時30分)をちょっと過ぎた頃に着いたのですが、既に店内は満席で待ち客も。しかも、お店の中には入った時、先客の注文はお目当てのモクズガニがほとんどだったので、いただけるか心配になったのですが、何とか無事にありつくことが。ですが、今度は注文の際、味噌味か塩味で大いに悩むことに。

黄金の藻屑蟹らーめん(味噌) 1000円
黄金の藻屑蟹らーめん(味噌) 1000円
 結局、味噌味をいただくことにして待つこと暫し。目の前に登場したラーメンは、その時点でカニの香りが凄いというか。そしてそこに、(那珂川町はるこま屋さんの)麹味噌の素朴な風味が加わって、何とも食欲をそそりますね。それで早速、その良い香りを放つスープに口を付けたところ、味的には、スープに蟹の味は感じるものの、それ自体はとても上品で、良い風味と旨味だけをさらっと抽出した、という感じでしょうか。ほんと、上品で風通しが良い味ですねぇ。また麺は、こちらのデフォルトのラーメンと共通でしょうか?チュルっとした啜り心地とポニョッとした噛み心地のもの。ちなみに、レギュラーメニューでは選べる麺の固さやスープのコッテリやあっさりは、こちらのラーメンでは選べなくなっています。そして具は、部位の違うチャーシューと笹切りのネギですが、先述のスープがとても上品なため、この具材も合わせて麺を食べさせる、という感じがしました。

ほっぺたご飯 250円
ほっぺたご飯 250円
 こちらは、一緒にいただいたもの。この品、何度かいただいたことはあるのですが、その度感じるのは、プリトロサクっとしたほっぺた肉も良いのですが、付け合わせのネギが秀逸というか。これがあることによって、小さい丼ですが、その中に広がりが生まれますね。

 というわけで、今回も美味しくいただいたのですが、今年(も)いただきそこなった鮎ラーメンを含め、平成28年は、もっと色々いただいてみたいです。ごちそうさまでした。

平成27年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 21
24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ