たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 俊麺謹製・濃厚豚骨 NOTON(ノートン)

 この日午前中、所用で宇都宮へ。で、それも終わり、お待ちかねのランチタイムというか、宇都宮でのラータイムなのですが、今回は、某栃ナビの上半期アクセスランキングラーメン・餃子部門第2位のこちらへ。宇都宮の有名店である俊麺なが田さんの、ラーメン店としては2店目のお店にあたるんですかね。ちなみに、店名のノートンは、看板だとNが鏡文字(NOTOИ)になっていました。

濃豚ラーメン(細麺・カタ) 650円
濃豚ラーメン(細麺・カタ)
替え玉(太麺・カタ) 120円
替え玉(太麺・カタ)
 いただいたのは、看板というかこちらの基本メニューとおぼしきこちら。で、注文からさほど待たずに登場したのですが、まず見た目というか若干赤みがかったスープに「ひょっとして?」と期待度がアップし、そして口を付けた途端「こ、これは!」とある確信に。九州の豚骨ラーメンには、その土地土地で結構違いがあるのですが、こちらのは、久留米から北九州あたりにかけての、とても濃厚なスープのラーメンを彷彿とさせるというか。お店のコンセプトのとおり、(乳化した)脂の味というより、骨の髄まで煮出されたリアルな豚骨味ですね。麺は、最初は細麺(実際には極細)を、替え玉は太麺(普通のラーメン店だと細麺で通じる太さ)にしてみたのですが、どちらも加水率低めで、ワシワシ噛み締めるとちゃんと粉の味が。どちらも甲乙付けがたいですね。またチャーシューは、最近珍しいプリプリサクサクな食感の物ですが、このラーメンにはこれが合っていますね。

 それにしても、こういうラーメンが宇都宮でいただけるということに、ちょっと感動したというか。家からはかなり遠いのですが、また機会を見つけて是非ともお伺いしたいですね。ごちそうさまでした。

平成25年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ