たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 麺(ヌードル) みの作

 この日というか前日から、相方が「辛味噌が食べたい」と申していたのですが、個人的にも辛味噌は好きというか望むところ(実は、辛味噌好きなんです。)なので、新たなというか、どうせならいただいた事が無い辛味噌をと思いネットで調べていたところ、ラーメン天華グループのこちらのお店がヒット。お店自体には何度かお伺いさせていただいたことがあったのですが、こちらの辛味噌はまだでした。

辛味噌麺(激辛・太麺) 714円
辛味噌麺(激辛・太麺)
 というわけで注文は一択なのですが、お品書きに書かれた3種類の辛さ(ピリ辛、中辛、激辛)のうち、激辛でお願い。で、登場したそれは、結構期待させるビジュアルというか唐辛子の赤が食欲をそそります。それでまずはスープからいただくのですが、赤いのは表面だけのようなので、レンゲでよく混ぜながらいただくと、味噌の主張と唐辛子の主張がどちらもハッキリしていてかなりシャープというか、エッジが立っているというか。ですがその奥にはしっかりとコクや旨味があり、辛味との調和もバッチリ。また、甘味が控えめなのも良く、これは個人的に好きな味ですね。また、太麺と細麺が選べる麺は、太麺をチョイス。太麺と言っても中太くらいの太さなのですが、モッチリムッチリとした食感で、(辛味噌なのであまり勢い良く啜り込めないというのもあり)噛み締めていただくという感じになりますが、これがまたなかなか。そして具は、チャーシューが柔らかいけど噛み応えのあるタイプ。半分載る味玉は、こちらのウリの一つだけあって毎回安定の出来というか、味加減、火の通し加減とも丁度良いです。そして野菜はモヤシの他も夏場なのに白菜が入っていました。余談というかどうでも良い事なのですが、先日、同じく天華グループのお店で味噌ラーメンをいただいた時も白菜が入っていたので、こちらのグループでは夏でも必ず入るというか拘りがあるんでしょうかね?

辛味噌麺(ピリ辛・細麺) 714円
辛味噌麺(ピリ辛・細麺)
 こちらは、相方がいただいたもの。一番辛くないピリ辛だと、見た目というか色からして違うというか。で、お味の方(例によって少々味見させて貰いました)は、一味をちょっとだけ入れすぎた味噌ラーメンというか、唐辛子が前面に来るのでは無く、個人的には、その風味と辛味がスパイシーなアクセントになっているという感じでした。(辛さの感じ方は個人差大きいですが。)それと、こちらは細麺でお願いしたのですが、こちらの太麺がそのまま細くなったような印象。ですが、到着してからちょっと時間が経ってからの印象なので、出来たてはまた違った印象かもしれません。ちなみにというかどうでも良い事なのですが、注文する時「せっかくだから中辛にしたら」と相方に言ったところ、「(辛味噌と言っても)辛いものが食べたいのではなく、美味しいものが食べたい。なので美味しく食べられるであろう辛さを選んだ。」とのこと。確かに、正論ですな…。

 というわけで、こちらでの初めての辛味噌だったのですが、これはなかなかに好みの味で、美味しくいただくことが出来ました。これなら、もっと早くにいただいておくべきでしたね。ごちそうさまでした。

平成25年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ