たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 博多 龍ノ髭 宇都宮店

 こちらは、小山にあるお店の2号店ということで、昨年末にオープンしたそうです。で、個人的にも名前はお伺いしていたのですが、今回初めての訪問となりました。

白味玉入り(九州中細麺・かためん) 830円
白味玉入り(九州中細麺・かためん) 830円
替玉(博多細麺・バリカタ) 130円
替玉(博多細麺・バリカタ) 130円
 それでいただいたのは、こちらのお店の基本メニューと思われたこの品。まずスープですが、それで豚頭を含む豚骨と、丸鶏を使って作られるというそれは、豚骨独特のクセはなく食べやすい印象なんですが、味はしっかり濃密というか、とてもクリーミーで、こってりというよりもこっくりとした美味しさ。また製麺所に特注したという九州中細麺と博多細麺から選べる麺は、最初は九州中細麺をお勧めのかためんでお願いしたのですが、確かに、ボリっと適度な歯応えがいい感じ。そして啜った後は、噛み締めると旨いですね。それと具は、キクラゲと青ネギの他、博多だと珍しいトロトロの美味しいチャーシュー(味玉のアップ余談ですが、個人的な印象だと、当地の昔ながらの店だと、チャーシューはモモ肉の薄切りという印象があります。)と、これまた博多だと珍しいモヤシが乗っているのですが、中でもモヤシは、スープが「濃い」のでとても合っていますね。あと味玉は、味が必要以上に濃すぎないのがとても良かったです。で、最初の量でも結構満足はしたのですが、せっかくなので替玉を、今度は博多細麺の、お勧め固さのバリカタでお願い。投入後、適宜ラーメンたれや薬味系を投入していただくのですが、たれについては元のスープがしっかりしているからか、あまり入れる必要を感じませんでした。そしてその博多細麺のバリカタですが、こちらもボリボリっと良い歯応えを楽しめ、スープとのマッチングも良いですね。

 というわけで、たいへん美味しくいただいたのですが、お品書きを見ると、今回いただいた『白』の他、マー油がそそる『黒』や、濃厚魚介豚骨を謳う『鰹』、それに『焼きラーメン』などなど、他にも興味をそそられるメニューがたくさんあります。なのでこれはまた、お伺いしないといけませんね。ごちそうさまでした。

平成22年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ