たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

三重県四日市市 開花屋 御在所SA店

 10月下旬に三重、滋賀、岐阜へとクルマで旅して来た時の記事その7は、旅の二日目。前日は前の記事であげた松阪牛をいただいてから宿に向かい、早々に床についたのですが、その翌朝。朝食としていただいたこちらのお店。

 実はこちらの方に来る前、例によって当地のラーメンを調べたのですが、その際に見つかったのが、昨夜泊まった松阪市内に本店があり、三重県を中心に数店舗の支店を持つ開花屋というお店。本当はそちらにお伺いしたかったのですが、宿が市街地からだいぶ外れたところにあったのと、前述のとおり早々に撃沈してしまったので、翌日、高速道路のサービスエリアにあるこちらで朝ラーということで。それでフードコート内にあるお店にお伺いしたのは午前8時半頃だったのですが、券売機のつけ麺系(と白米以外のサイドメニューとセット物)のボタンは全て売り切れ表示が点灯。もっとも、前述のとおり朝ラーが目的だったので問題ないのですが。

開花屋らあめん(塩味) 700円
開花屋らあめん(塩味) 700円
 そこでいただいたのが、店名を冠したこちら。ちなみに、券売機のボタンのポジションは下の方だったのですが。それでまずはスープからいただくと、いろいろな素材から出たいろいろなダシの旨味がという感じ。コッテリという感じではありませんがさりとてアッサリサッパリという感じでも無く。また麺は、中くらいの太さのストレートタイプ。そのソリッドな食感は、旨味の濃いスープに合わせたという感じでしょうか。そして具は、大判のチャーシューなどですが、半分入る味玉が良い塩梅でした。

信長の天下取り 焼き味噌らあめん 800円
信長の天下取り 焼き味噌らあめん 800円
 こちらは、同行者がいただいたもの。注文の際、フードコート内にある他のお店でもと言ったのですが、ネタにと気を遣って期間限定のこちらを頼んでくれたのかもしれません。それでせっかくなので味見させて貰ったのですが、ピリっとスパイシーな味噌スープをベースに、しゃもじにくっついている焼き味噌を溶けば、その香ばしさとコクとが良い感じに効いてきて、これがなかなかのお味。それにしても、こういったお店で期間限定のキャンペーン商品を提供するに当たって焼き味噌を別添えとは上手いこと考えたと思うのですが、なぜ三重県で信長公なんですかね?

 というわけで、どちらも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成25年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ