たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

埼玉県さいたま市 蒙古タンメン 中本 大宮店

 この日は、久しぶりに或るアーティストさんのワンマンライブを観るために上京。で、その途中で腹ごしらえをしていこうと思うのですが、そんな時思い浮かんだのが久しぶりとなるこちらのお店。中本の情報ではいつもお世話になっているウェブサイト「蒙古タンメン中本の道」さんによれば、かねてよりいただいてみたかった限定メニューが提供中だったので、お伺いすることに。

 それが、この胡麻極辛(ごまきょくしん)。前述の「蒙古タンメン中本の道」さんによれば、辛さレベルは10段階中の8だそう。また。麺の量は標準で1.5玉とのことで、食券を渡す際「麺少なめで」とお願い。で、麺を減らしておいてなんなのですが、このラーメンでお米が食べてみたかったので半ライスもいっときました。

胡麻極辛(麺少なめ) 930円
胡麻極辛(麺少なめ) 930円
半ライス 120円
半ライス 120円
 それで食券提出からさほど待たずに登場したのですが、パっと見ではゴマのお陰か唐辛子の赤さは控えめ=大人しそうにも感じられるものの、刺さっているレンゲを動かすと、ツユには固形物が多くてドロドロっとした感じがしてやっぱり手強そうな気も。で、そのツユを早速口に運ぶと、ドロドロの正体はすりゴマでしょうか?芝麻醤を使った日本式担々麺のようなクリーミーなコクというよりも、食感共々、もっとナッツ感のあるゴマ味が強く、そこに一体化した挽き肉のコクや、ショウガが後から追いかけてくる感じが。また、ゴマ味のお陰か塩気がマスクされ、中本さんにしては塩分控えめにも感じられました。(もっとも、他のお店と較べれば十分な濃さですが。)ちなみに辛さは、こちらもゴマ味のお陰で初めから攻撃的に来ないものの、さすがにレベル8だけあって、すぐに口の中に蓄積。またゴマのお陰で中太の麺にもたっぷり絡むので、自然と口に入る量が増えて余計にそう感じるのかもしれません。(個人的には、食べる分には平気なものの味わうにはギリギリという感じでした。)それと挽き肉以外の具は、茹でモヤシとニラ、そしてスライスされたゆで卵と輪切りの白ネギなのですが、いただいていくうちにこれらも全て、ドロドロスープに飲み込まれて一体化し、後半は食感の違いでそれと判る感じに。そして、麺を食べ終わった後は、手を付けていなかった半ライスをスープに投入。これがやってみたかったので、プチ麻婆丼ではなく半ライスにしたのですが、旨いっちゃ旨いものの、ここで先程の塩分控えめ感が出てきて、個人的にはもうワンパンチ欲しい感じ。しからばと、卓上の紅生姜を半ライスの容器に取り、つまみながらいただいたところ、これが良い感じになりました。ただ同時に、デフォルトの麺量が1.5玉なのは、このスープはライスよりも麺で食べきった方が美味しく感じるからかなぁ、と思ってみたりして。

 というわけで、美味しくいただきお腹いっぱいになったものの、自分流のアレンジが微妙な結果に終わってしまい、ちょっと勿体ないとも感じてしまった今回の訪問となりました。ごちそうさまです。

平成29年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
2 4
8 10 12 14
16 18 20
23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ