たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 味一番

 最近、あまり気合いを入れずにラーメンをいただきたい時に候補となるのが、矢板市にあるこちらのお店。この日も家人共々そんな感じだったので、ゆるっと開店直後にお伺いしました。

Aセット(味噌ラーメン) 800円
Aセット(味噌ラーメン)800円の味噌ラーメン
Aセット(味噌ラーメン)800円の半チャーハン
 それでいただいたのが、こちらのお店定番のセットメニューで、いわゆるハンチャンラーメンとなるAセット。ラーメンは、醤油、味噌、豚骨から選べますが、今回は味噌ラーメンをお願いすることに。それで、味噌ラーメンも半チャーハンも、ちゃんと鍋を振って調理する音を聞きながら待つこと少しでまずは味噌ラーメンから登場しました。で、早速、ツユから行ってみたところ、これが口当たりはマイルドですが、ベースのスープの旨味に炒めた肉と野菜からの旨味も加わり、更に味噌ダレも若干濃いめに効いたしっかりとしたもの。ニンニクはさほど強く効いておらず、トウガラシではなく黒コショウがアクセントになっているのが面白く感じます。それに合わせる麺は、太麺では無くラーメンと共通の細麺というのが珍しい気がしたのですが、チュルっとした食感が、これはこれで合っているんじゃないでしょうか。そして具は、もやしやニラ、ニンジンなどの野菜と豚肉を炒めたものに、ワカメもプラス。あと、薬味のネギの切り方に、中華料理屋さんを感じました。それから、一緒にいただいた半チャーハンですが、以前いただいた時と同様の、コショウとハムの風味が効いたしっとり食感のもの。味噌ラーメンと一緒にいただいても旨いです。あと余談ですが、これまで個人的に、中華料理屋さんで味噌ラーメンを頼むことは少なかったのですが、今回、トラディショナル(個人的には豚肉と野菜を炒めて煮るスタイルで、チャーシューは載らないものをそう思っています。)だけどオリジナリティー(黒コショウの効かせ方とか、麺が細麺なところとか。)もある味噌ラーメンをいただけたことで、今後、その食べ歩きもしてみたくなりましたね。

チャーシューメン 700円
チャーシューメン 700円
 こちらは、家人がいただいた品。どちらかというとミシっとした懐かしい系統のチャーシューがドドンと4枚載っているのですが、ちょっとだけ味見させて貰ったところ、その風味がラーメンに肉々しさをプラスしている気が。これはあとで、自分の物として丸ごと一杯いってみたいですね。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、作っているのを待つ間にふと思ったのが、この味噌ラーメンと半チャーハンを同時に出すセットって、滅茶苦茶手間かかってますよね。(だって、どちらも中華鍋振るんですよ。それも1人で。)更には、家人のチャーシュー麺まで同時に作り、それがあまり時間差無く出てくるのって、考えてみたら凄いことだなぁ、と。ごちそうさまでした。

平成29年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
5
8 10 12
15 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 31

アーカイブ

忍者アナライズ