たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 ラーメンショップ 氏家店

 パンチの効いたというか、少々変わり種のラーメンをいただいた後は、個人的なベーシックと呼べるようなラーメンがいただきたくなるのですが、この日もそんな感じでお伺い。それでいただくのはネギラーメンと決めていたものの、注文時に口から出たのは「ネギチャーシュー」。こちにのお店ではネギラーメンとネギチャーシューメンの価格差が100円しかないので、貧乏性の私は、つい、そちらにしてしまうことが多いというか。

ネギチャーシューメン(並) 880円
ネギチャーシューメン(並) 880円
 で、ラーメンに限らず食べ物は、TPO(ってファッション用語ですがね)をわきまえ、よっぽどマナーから外れていなければ、自分の好きにいただけば良いとは思うのですが(ただしクチャラーは全てにおいて勘弁願いたいのですが、鼻が詰まっていると、どうしてもなっちゃう場合ってありますよね。)、今回は何となく、私の攻略法を交えて今回のネギチャーシューをご紹介しようかと。それで登場して直ぐ行うのが、一面に載ったチャーシューをスープに沈めると同時に、全体をよく混ぜること。チャーシューはミチっとした食感の(多分)モモ肉なので、熱を入れてもとろけるような柔らかさにはならないのですが、そこは気持ちということで。でもって、それよりも大事なのは、ここラーメンショップ氏家店のネギラーメンやネギ味噌ラーメンって、ラーメンのタレが細(こま)切れのチャーシューと共にネギと和えられているので、混ぜないとスープ全体に味が付かないんですよね。あと、ネギも細(ほそ)切りというよりも短冊切りに近い幅なので、スープの熱を加えた方が歯応えと辛味のエッジがマイルドになるかと。そして、混ぜることによってゴマ油の良い香りがより漂う中、まずは何も加えず、スープを一口。こちらのお店は結構ライト目とはいえ、豚骨ベースのスープはどうしたって日によってコンディションに差が出来ますし、味加減に関しても、多少なりともブレがあるので。(この日は味付けも丁度良く、豚骨感も普通な感じでした。)で、この時に、この後の作戦を考えるのですが、と言っても、使う薬味や調味料、味変のタイミングくらいなもの。この時点で「バッチリ旨い!今日は神ってるぜ!!」と思えれば、そのまま暫く食べ進み、味変は最後にニンニクでちょっとだけ。この日のようにそうで無い場合は、ネギラーメンの場合最初にコショウを投入し、折を見ておろしニンニクを、という順で。ちなみに味噌ネギの場合、コショウは使わないのですが、逆にネギラーメンの時にコショウは省略していきなりニンニクを投入する場合もあったりして。またニンニクの投入方法は、レンゲに取ってスープで溶き全体に投下する時より、スプーン1杯分をそのまま1箇所に投下して、徐々に混ざり合っていく様を楽しむことの方が多いです。そんな変化するスープを楽しみつつ、全体に散らばったネギと共にチュルシコっとした細めのラーショ麺を啜り、(ネギチャーシューやネギみそチャーシューの場合は)チャーシューを囓りを繰り返し、通常は麺の量が残り3分の1くらいになった時、味噌ネギの場合はほぼ毎回、ネギラーメンの場合は更にパンチが欲しい時のみ豆板醤の登場。この時、スープに投入すると味が変わりすぎてしまうので、レンゲに取って少量のスープで延ばし、それに麺を付けてという感じでいただきます。ちなみにこのレンゲに取って付ける方法は、大昔に九州の、確か博多でラーメンをいただく際、「赤胡椒」(唐辛子味噌っぽい調味料)の使い方として教えて貰いました。あと、最初にスープをそのままいった時、塩気が薄めに感じた場合もこの方法は有効です。そして終盤は、お酢を投入。ちょっとだけ入れてマイルドにするも、もう少し入れてサッパリ感を出すのも気分次第なのですが、ここで間違ってドバっと入れてしまうと、何とも悲しい気持ちになってしまいます。で、最後は、底に沈んだ細(こま)切れのチャーシューと共にスープを飲み干してフィニッシュ。こちらのお店の豚骨スープは前述のとおりライトめなので、気兼ねなく飲み干せますね。

 というわけで、今回も美味しくいただいたのですが、全体をよ~く混ぜることだけは、皆さんもは必ずやって欲しいなぁ、と。(最初に味が薄いと感じる時も、大抵は混ぜ不足だったりするので。)ごちそうさまでした。

平成29年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 3
5 7 9
11 13 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

アーカイブ

忍者アナライズ