たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 麺屋 たか

 こちらのお店。もう暫く前からお店の場所が変わり、その前を何度も通っているにもかかわらず、いっぱいの駐車場とお店の入口付近にたむろする入店待ちのお客さんに気後れして、移転後は一度もお伺いしていなかったという。ですが平日のこの日、開店直後にお店の前を通りかかったところ、駐車場に空きスペースが。店頭にも入店待ちのお客さんはいなかったので、すぐさま駐車場にイン。空席が見えたので勢い込んでお店に入ろうとしたところ、店員さんから「こちら(名簿)にお名前を書いておまちください。」と。以前はどういうシステムだったか忘れましたが、今はこうなっているんですね。

 なので、店頭の待合スペースでちょっと待ってから入店。カウンターに案内されると注文となったのですが、今回は、店頭、として待合スペースに貼ってあったPOPを見て気になった牛モツ辛味噌というのをいただいてみることに。こういった限定ぽいメニューでも、麺の種類や量(大盛り相当の300gまで同料金)が選べるんですね。また、牛モツは生の物を使用するので歯応えが強いけど大丈夫ですかと尋ねられたり、辛さは小辛・中辛・激辛から選べるので中辛を選んだところ辛いけど大丈夫ですかと尋ねられたり、その他、ニンニクやチャーシューの種類、付属のライスなど、色々確認されてオーダーが通った後、20分程待ってからのご対面となりました。

牛モツ辛味噌らー麺 790円
牛モツ辛味噌らー麺 790円
セットのライス
 登場時、店員さんから「左手が煮チャーシュー、右手が炭焼きチャーシューです」と説明していただいたのですが、どちらも結構な存在感を放っていますね。それらを暖めるため速攻で沈めた後、まずはツユからいってみたところ、ブっとい豚骨と思われるベースに、辛味噌が良い感じに主張。更には、背脂っぽいコッテリ感と甘味、上に振りかけられたスパイス類に添えられた刻みニンニクの香りや辛さも相まって、濃厚かつパンチの効いた味が、問答無用に「旨い」と思わせてくれます。また中辛を選んだ辛味は、個人的な感覚だといわゆるピリ辛よりはハッキリと辛く感じるぐらいで丁度良いというか。そして自家製の麺は、今回中太麺をチョイス。ねじりが入りエッジの立った断面で、ムチシコっというしっかりした歯応えが良いですね。量は250gでお願いしたのですが、具沢山だったのと付属のライスもあったので、お腹一杯になりました。それと具ですが、2種類のチャーシューは、調理法による味や歯応えの違いが対照的。牛モツは新鮮さが判るプリプリシコシコさ加減。ほんと、歯応えが凄いです。あとキャベツとモヤシは、こういう濃厚なラーメンにはピッタリ。更に、残ったスープはライスに掛けていただけば、これもまた!という旨さでした。

 というわけで美味しくいただいたのですが、また今度、時間に余裕がある時にでも、混雑に気後れせずにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ