たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 ラーメン 山岡家 宇都宮テクノポリスセンター店

 この日は、宇都宮市にある栃木県グリーンスタジアムで、午前中からサッカー観戦。で、この日は朝食がまだだったのですが、そういえばそれ程離れていないところに山(個人的な山岡家さんの呼称)があったなぁと、スタジアムに向かう前にそこでいただいていくことに。

 それが、この宇都宮テクノポリスセンター店なのですが、お店には初めてのお伺いとなります。それで入り口のところの券売機で食券を購入したのは、いつもの辛味噌ネギや特味噌ネギではなく、期間限定メニューのこちらの品。だいぶ昔、(この品が初登場時だったかと)いただいて以来なのですが、今日はサッカー観戦、それも2試合連続なので、お腹が爆発する(特に辛味噌はヤバイので。)のは避けたかったというのもありまして。で、若いお姉さんの店員さんに食券提出時、味の濃さや油の量、麺の固さは「全部普通で」とお願い。また別の若いお姉さんがアンニュイ気味に作るのを眺めながら待つことちょっとで登場しました。

プレミアム醤油とんこつ味玉セット 950円
プレミアム醤油とんこつ味玉セット 950円
 それでいつもだといきなりニンニクを投入するところを、『プレミアム』に敬意を表してツユをそのままいってみたところ、背脂と液体油が浮くわりと凶悪な見た目にもかかわらず、口当たりは結構まろやか。また醤油味と共に微妙に感じる魚風味は煮干し由来だそうで。次に、山のノーマルな麺よりやや細く感じる、色も黄色く、形状も縮れたスペシャルな麺をいってみたところ、ノーマルなものよりもゴワっというかホギっとした噛み応えがあり、更にはわりとかん水的風味を感じます。そして具のタマネギは、辛味が全く無くなるほど水に晒してありました。個人的にはもう少し辛味と共にタマネギのツンと来る風味も残っていた方が薬味としては良い気もしましたが、このあたりは好みもあるので。あと三陸産を謳うワカメは肉厚で存在感があり、やや細めのメンマも山ではこの品のみでいただけるもの(プレミアム塩とんこつのメンマとは違うんですよね。)。そしてチャーシューと煮玉子は、山の他の品と同様のものでしょうか。ちなみに、チャーシューは提供直前に手切りされたものですが、このあたりは山の他のラーメンでもやられていることなので。で、前述のとおり最初は何も足さずにいってみたのですが、程なくしてコショウを投入したものの、結局はいつものジャンク感が欲しくなったので、結局途中からニンニクを大量に投入したのですが、プレミアムであっても、山のスープにはニンニクがとても合いますね。

半ライス 120円
半ライス 120円
 こちらは、一緒にいただいたもの。で、登場してからはたと気付いたのですが、そういえばこの品だと、いつもおかずにしているネギはないし、海苔も1枚だし。もっとも、こちらも訓練された登山家(山を頻繁に食べる人)なので、冷静に豆板醤をライスに混ぜ込み、あとはラーメンを啜りながらいただいたので問題ないのですが、辛味噌や特味噌でいつもやるスープ掛け(というか、丼にライス投入)は、それらの方がより合うように感じました。(もっとも、プレミアムの所為ではなく醤油味だからですかね。)

 というわけで、久しぶりのプレミアム、完食いたしました。ごちそうさまです。

平成29年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 5
7 9 11
16 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ