たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 お食事処 平成

 この日は、仕事で珍しく那須塩原市へ。予定は午後1時に那須塩原駅近くだったので、その前に昼食となったのですが、西口の駅前広場に面したところに県北名物のひたしそばがいただけるお店があるのは知っていたので、そこでいただく事にしました。

 そのお店は3階建ての建物の1階が厨房と客席、2階が客席というつくりで、流石に平日のお昼時とあって、1階2階ともほぼ満席(私の入店後、程なくして満席になったようで。)だったのですが、ラッキーなことに窓際の2人掛け席が1つだけ空いてたのでそこにご案内。そしてお品書きを見て目当てのものがあるのを確認したので早速注文しようとしたのですが、その際、お店の方が電車やバスの発車時刻を確認してくれました。(もっとも、この日はクルマだったんですが。)

浸しかき揚げ(つけ麺)(あたたかい・そば) 710円 + 大盛り 100円
浸しかき揚げ(つけ麺)(あたたかい そば) 710円 + 大盛り 100円
 混んでるのでかなり待つかなと思いきや注文から約15分で登場。ソバの上に海苔が掛かっているのが(浸しにしては)珍しく感じます。で、早速、本格手打ちを謳う一般的な田舎蕎麦よりも色は白くてやや平べったいソバからいってみたところ、ツルツルっと口に入っていくというより、良く噛んでムチモチっとした食感と甘味を楽しみたいタイプ。香りもわりと感じられますね。また器の底にスノコは敷いてありましたが、大盛りにしたので量的にも満足出来ます。そして暖かいものと冷たいものが選べるツユは、今回は暖かいので。出汁感は程々なれど、味付けはひたしらしい濃さに感じ、甘味がさほど効いていないのが個人的にはストライク。それとかき揚げは、タマネギ、ニンジン、春菊と野菜がメインですが、小エビ(桜エビ?)の香ばしさがしっかり効いていて、とても良いですね。ちなみに、お願いすれば別盛りにしてくれるようでした。あとそば湯は粉を足さない比較的サラッとしたタイプでした。

 というわけで、美味しくいただきました。今回は仕事ついでだったのですが、これなら、普段からお伺いできるお店ですね。なので今度は休みの日にも来たいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ