たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 ふうふう亭

 かつて足繁く通わせていただいたこちらのお店。今回、だいぶ久しぶりの訪問となってしまいました。その理由というのも特段なく、たまたまある一定期間お伺いしなかったら、なんか、疎遠になってしまった友人のように今更会うのが気恥ずかしくなってしまったという、何ともヘタレな理由なんですがね。ですがやっぱり、それではいかんというか、結局のところはその味が忘れられず、この日、意を決してお伺いすることにしました。

 お店には開店時間(午前11時30分)のちょっと前に到着したところ、既に県外ナンバーのクルマが開店待ちを。そして、時間よりちょっと遅れて開店する頃までには、何台ものクルマが入っていました。それで開店と同時に入店し、着席していざ注文しようとお品書きを手に取ろうとしたところ、メニューの組み合わせの多さ(スープを2種類から、味付けも6種類くらい。他にも具のバリエーション多数。)やセットメニューの多さは(表記の仕方は別として)かつてのままだったのがちょっと嬉しかったというか。そんな中から、自分、そして同行の家人のいただきたい組み合わせが見つかったので、以下のようにお願いしました。

野菜みそチャーシュー3枚のせ ピリ辛みそ〈辛〉 800円
野菜みそチャーシュー3枚のせ ピリ辛みそ〈辛〉 800円
 まずこちらは、私がいただきたかった品。ツユが真っ赤なため一見すると激辛メニューに見えてしまうのですが、それは表面のみだった筈。なのでレンゲで混ぜるようにしていただいてみると、懐かしい味が口いっぱいに広がりました。それは、お品書きにも書いてあるとおりの(頬肉付き豚頭の白湯+伊達鶏と豚バラスープ+魚介スープという)3つのスープを重ねたコクのあるベースに、ショウガなど香味野菜の効いたこっくりしているけどキレもある味噌ダレと適度な辛味、更に表面に浮く背脂のコッテリ感も決してしつこすぎず広がりを加え、それら全体が、丁度良くマッチするというか。そして太めの縮れ麺は、以前は全粒粉を使用していた時期もあったと思うのですが、現在のものはいかにもな粒々は見当たらず、ムチモチっとした食感で、素直な小麦の味が。(1月21日追記。この時は気が付かなかったのですが、麺は全粒粉を使用していたようです。)また具材は、3枚載せにしたホロトロっと柔らかいチャーシューが目立つのですが、実は、歯応えを残したゆで加減の野菜類が良い仕事を。コッテリ気味のスープとベストマッチなんですよね。で、麺の全てと野菜の大半を食べ尽くした後は、残ったツユに後述するセットのライスを投入すれば、もう!ほんと、こちらのツユはそれ自体も旨いのですが、ライスとの相性も抜群なんです。

唐揚げセット 350円
焼き餃子3個 240円
 こちらは、私が注文したセットなのですが、ウーロン茶は家人に。ちなみに、こちらのお店の各種セットは、メインとお新香以外の品(ライス、温泉玉子、ウーロン茶)を、ライス、温泉玉子、ウーロン茶、ミニサラダ、杏仁豆腐とチェンジが可能(なのでライスや杏仁豆腐×2とするのもOKとのこと。)なのてすが、今回は特に替えずにいってみました。それでメインの唐揚げですが、中華料理店や専門店も真っ青なこのクオリティの高さ、変わってませんねぇ。表面はカリサクっとして、中はアツアツの肉汁滴るジューシーさ。味付けも丁度良いのですが、添えられたソースがまた旨いんです。それと何気に、添えられたお新香が手作り感のある品で、これもまた。本当はこれらだけでライス(ご飯自体も美味しいです。)をいただきたいところなのですが、ラーメンのツユに投入したかったので我慢。(ライス×2にすれば解決しそうなのですが、お腹の容量的に無理……。)あと、温泉玉子はどういただくか迷った末にそのままいってしまったのですが、後で考えると、ライスと同時に(ラーメンのツユに)投入しても良かったかもしれませんね。

焼き餃子3個 240円
焼き餃子3個 240円
 こちらは、家人のリクエストでいただいた品。1つだけ味見させて貰ったのですが、こちらも、カリモチっとした皮や密度感のある餡が、以前と変わらぬクオリティに感じました。これは後日改めて、自ら注文して堪能したいです。

つけ麺チャーシュー 激旨みそつけ麺〈辛〉 800円
つけ麺チャーシュー 激旨みそつけ麺〈辛〉 800円
 こちらは、家人がいただいた品なのですが、例によって少々味見を。で、個人的に以前、こちらのお店でつけ麺をいただいたのは回数的に少なかったので、あまり馴染みの無い品なのですが、麺のモチモチ感や、私のピリ辛みそとはまた違った感じの付け汁が印象的。勿体なかったのは、味見させて貰った頃、お腹がパンパンになりかけていたので、良く味わうことが出来なかったことです。

 というわけで、久しぶりのふうふう亭さんだったのですが、お腹をパンパンにしつつ、どれも美味しくいただきました。中でも特に、以前いただいた事があるピリ辛みそや唐揚げ、焼き餃子はすこぶる付きだったのですが、それにしても、以前いただいてからだいぶ経ち、その間、様々な改良が加えられているにもかかわらず、根っこの部分はそのままだったのが、とても嬉しかったですねぇ。なので、もう、恥ずかしがらずに、また近いうちにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
6 8 10
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ