たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 阿Q 大田原店

 休日のこの日。昼過ぎまでの所用を終え一旦自宅に戻り、ようやく昼食。時間も時間だしあまり遠くまで行く気も無くなっていたので、昨日同様比較的近場で済まそうと野崎街道を走っていたのですが、そんな時、家人に話を振ったところ、驚くべき事に「阿Qさん」の名前が。それは即ち、常人並みの胃袋しか持たぬ者にとっては戦いを意味することになるのですが、体調的に今回は戦えそうだったので即座に参戦を決定。流石に午後2時頃となれば駐車場にも空きがあり、すんなりと戦場(店内)に入ることが出来ました。

もやしそば 700円
もやしそば 700円
 それで今回私が戦うのが、初挑戦となるもやしそば。今回は塩味がいただきたかったのと、個人的にモヤシが好きなのでいけると踏んでの注文したのですが、結論から言うと、これもかなりの強敵でした。まず登場時、塩味なのにスープに透明感が無くわり濃い色だったのですが、よく見ると表面を油がかなりの厚みで覆っていました。で、阿Qさんの麺(汁ソバ)類では麺が延びるのを遅くするために必須と思っている天地返しを行ったところ、ゴマの良い香りがしたのですが、まずはスープを一口啜れば、モヤシなどの野菜を炒めた旨味に阿Qさんらしい濃いめの塩気がビシっと。また前述のとおり浮いているのがゴマ油など植物性の油メインと思われるので重さはあまり無いのですが、良く攪拌しないと大量に摂取することになりそうです。そして次に、天地返ししてある極細麺に食らいついたところ、伸びるスピードが考慮されたような、はじめはボリっとした食感が良いですね。また、極細麺故にスープ、ということはその表面の油が良く絡みます。そして具は、モヤシの他、豚肉、キクラケゲ、タケノコ、ニラ、タマネギ、ニンジン。焦げたところは味に香ばしさと深みを与え、モヤシはシャキっとした良い感じの火の通し加減ですが、タマネギのうち大振りなものとニンジンについては、歯応えが強め。して、後はひたすら麺を啜り具を食べを繰り返し、それらについては細かい欠片を除き食べきったのですが、その時点でもスープ表面には3mm以上の油の層が浮いており、腹具合も限界に近づきつつあったので、その後のスープ完飲は自重しました。

天津丼(スープ付き) 800円
天津丼(スープ付き) 800円
 こちらは、家人が挑戦した品。で、家人が天津丼をいただくのはだいぶ久しぶりだっのですが、前回いただいた時と違うところが多かったように感じました。まず具に野菜が増え、特にニンジンとニラは前回無かったような。そして何より味付けが変わっていたのに驚いたというか、前回はかなり甘味の効いたタレが掛かっていたのが、今回はほぼ甘味は無く、その替わりかお酢の酸味がとても強く効かされて、うかつに口に入れると咽せるほどでした。ですが家人もそれに負けじと戦いを挑み、前回は破れたものの今回は(最後は私がちょっとだけ味見させて貰いましたが)概ね食べきることが出来ました。

 というわけで今回の戦い、勝ったとはいかないまでも、何とか引き分けに持ち込むことは出来たのではないでしょうか。そしてまた機会を見て、戦いを挑みたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年11月訪問


追伸

 ちなみにこの日、我が家は二人して夕食は食べられませんでした。それを考えると、阿Qさんって、トータルではコストパフォーマンスが良いんじゃないでしょうか。なんて。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ