たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 ら~めん厨房 つきまる

 休日のこの日。台風が近づいて雨が降るなか、所用で午前中、宇都宮まで。で、お昼前の時点で折角宇都宮にいるのだから、お昼は普段なかなかお伺い出来ない宇都宮でも南のほうのお店で(自宅から直で向かうとなると、せいぜい宇都宮の北部止まりなんですよね……。)ということで、個人的に再訪したかったこちらのお店にお伺いすることに。

 お店にはお昼ちょっと前に到着したところ、なんとギリギリ待ち無しで入れたという感じで。逆にそれで、今回何をいただこうか選ぶ時間が短くなったと思って焦ったのですが、お品書きを見て気になった、確かレギュラーメニューの中で未食だったこちらの品に。

極み!!海老だしら~めん 790円 + 特製煮玉子 110円
極み!!海老だしら~めん 790円 + 特製煮玉子 110円
 それで早速、ツユからいってみたところ、最初に香るエビ風味は、強めながらもくどすぎず丁度良い感じで。それは味わってみても同様で、スープのベースは豚骨でしょうか?少なくとも動物系メインで適度に油感もあるように感じましたが、そこにエビの旨味も加わって、軽めの口当たりながら重層的な味が良いですね。また塩気も濃すぎずこれも適度なのですが、味付けのメインとなる調味料は何を使っているのでしょうか?そして麺は、細麺との二択だったのですが、今回は中太平打麺をチョイス。結構縮れている形状で、口に入れるとモチムチっとした食感が、これもまた。それと具のチャーシューはトロっと柔らかく、結構なコッテリ感があるのですが、茹でキャベツが効いているというか、それを上手く中和している感があり、キャベツ自体も、スープとの相性が良かったです。あと、今回印象的だったのが、卓上の特製辛味ダレ。味が変わりすぎることを懸念して、最初はレンゲに少量取り、それをスープで溶いて麺に絡めていただいたのですが、これがこの海老だしともバッチリマッチ。なので次はスープに直接溶いていただき、最後は、お行儀悪いけど後述のセットのライスの残っていた分を投入してフィニッシュしたのですが、これもまた悪くなかったです。

Aセット うまかっ手羽(2本)とごはん 290円
Aセット うまかっ手羽(2本)とごはん 290円
 こちらは、一緒にいただいた品。つきまるさんに来たからには、やっぱり食べたいうまかっ手羽ということで、 今回はこのセットを。それにしてもこのうまかっ手羽。手羽自体を旨くしているタレがやっぱり絶妙過ぎるというか。口のまわりをタレでベタベタにしつつむしゃぶりつけば、もう!ライスとの相性は勿論素晴らしいのですが、いつかお酒との相性も確かめたいなぁ、と。

黄金のゆず塩そば(ゆずしぼり付き) 770円
黄金のゆず塩そば(ゆずしぼり付き) 770円
 こちらは、同行の家人がいただいた品。例によって少々味見させてもらったのですが、第一印象として、柚子の風味が鮮烈!果汁も入っているんですかね?また、ベースとなっている澄んだスープは鶏ガラでしょうか?ごくアッサリしていますが、必要十分な旨味もあって、そのあたりのバランスが何とも良い感じだったというか。あと、添えられた柚子胡椒は、果汁で伸ばしてあったんですかね?サラっとしていて、控えめに投入すると、とても良いアクセントになりました。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、改めて感じるのは、こちらのお店の品々って、味の抑揚のうち、抑の付け方が素晴らしいというか、何でも必要以上に強調せず、抑えた上でその味を表現している感が、いただく度に凄いと思ってしまうんですよね。今回も感服仕りました。ごちそうさまです。

平成29年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ