たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都新宿区 らあめん 満来

 前の記事のそばをいただいた後、この日は調子が良く、腹具合にちょいとばかり余裕があったので、これまた新宿で、長年宿題になっているお店にお伺いすることにしたのですが、それがこの満来(まんらい)さん。個人的に上京する際、わりと新宿駅を経由することが多かったりするのですが、その際、ついでにいただけるラーメン・つけめんをと思って以前調べた時に見つけたお店で、納豆らあめんやざるらあめんといった、ちょっと昔風の特徴的な品々とともに印象に残っていました。あと、新宿アルタで笑っていいともをやっていたとき、放送後にタモリさんが訪れていたなんて話も聞き、是非とも何時かお伺いしたいと思っていた次第で。

 そのお店は、新宿駅西口から北東方向というか、西新宿というエリアにあり、ビルの1階にあるお店の入口は高級かつ和風な感じがします。で、暖簾をくぐって入店すると、店内は奥に細長く、席はL型のカウンター席のみで、夜と言うには少し早い時間帯だったためか、そこにぽつりぽつりと先客が。また注文は、入口左手の所にある券売機での食券制なので、何をいただこうかとそのボタンを見たところ、以前あったと思われる納豆らあめんは見当たらず、つけ麺(納豆ざる)しかない様子。一瞬それにしようかとも思ったのですが、今回は、以前某ウェブサイトでこちらのお店の名物として紹介されていた品をいただいてみようかと。

チャーシューざる 1350円
チャーシューざる 1350円
 それがこのチャーシューざる。ちょっとだけ待って登場したそれは、一目見て、笑っちゃう程大量のチャーシューに驚かされます。で、まずは、こちらも山盛りの麺だけちょこっと啜ってみたところ、流水で締められたそれは、ツルシコな食感で喉越しも良いですね。そして、そのままでは無理なので、一部チャーシューを麺の上に移動させてからはつけ汁に浸けていただいたところ、つけ汁はガラ?出汁がベースでしょうか?そこに醤油のエッジとしっかりとした塩気、そして旨味も効かされているように感じ、更には七味唐辛子?がアクセントに。甘味や酸味は加えられていないようなのですが、途中からお酢を投入したところ、良い味変になりました。また前述のとおり大量のチャーシューは、ホロ柔らかい食感で、味付けは濃くなく薄すぎず、お陰でいくらでも食べられる気が(あくまでも「気がする」だけです。)するのですが、コショウを掛けるとまた良い感じに。あと、逆にメンマは味が濃く、どこか懐かしい風味がしました。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、さすがに連食かつこのチャーシューの量では、途中から苦しくなってきたというのが正直なところ。何とか完食しましたけど、ちょっと勿体なかったですね。なので次回は思い切りお腹を空かせて、思い切り堪能したいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ