たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 俊麺謹製・濃厚豚骨 NOTON(ノートン)

 この日は、所用で宇都宮へ。それで例によって、ついでに昼食でも、となったのですが、この日の同行者は大変ラーメンにうるさいというか詳しい方。で、そんな人をお店にお連れしなくてはならなくなったのですが、いくつかの候補からお伺いを立ててみると、珍しいことにこちらのお店は未食とのこと。というわけで用務先からGoogleマップを頼りにお店へGo!設定を徒歩にしていたのを忘れ、相当細い道を案内されましたが、お陰で妙に早くというか、開店時間前に到着。平日でも開店待ちが出る盛況ぶりでした。

ゴリ豚(細麺・ばり・背脂マシ) 750円
ゴリ豚(細麺・ばり・背脂マシ) 750円
替え玉(太麺・カタ) 150円
替え玉(太麺・カタ) 150円
 それで同行者共々いただいたのが、こちらの品。太麺と細麺が選べる麺は細麺をチョイスして、固さは前回「カタ」だったので、それより1段階固い「ばり」で。それと背脂増しが無料とのことで、二人揃ってお願いしてしまいました。で、登場すると、表面にハンパない量の背脂が!その背脂をちょっとだけそのまま食べてみたところ、トロトロやフルフルではなく、プチっとした歯応えが残る食感が面白く、また、クセがないことにも軽く驚いたというか。でもそのままだと手強いと思い、とりあえず全体をよく混ぜ混ぜしてからスープを啜ると、これが意外なほどのスムースさ。ベースは濃厚な豚骨で間違いないし、これだけ大量の背脂が入っているにもかかわらず、喉にスっと入ってくる様に感じます。また麺は、「ばり」だけあって、はっきりとアルデンテな食感。なので啜りこむと言うよりも箸でワシワシと口に運ぶのですが、そこに前述の背脂が味と食感のアクセントを加えて、これがまた。具は背脂の他、しっかりしたチャーシューに、定番のキクラゲ、サッパリ感が嬉しい茹でモヤシに、このラーメンにはベストな薬味である青ネギ。そして最初の麺をいただいた後は当然替え玉するのですが、太麺にチェンジして、固さは「カタ」で。太麺でも問題ないというか、ゴリ豚の場合、こちらの方が個人的には好みですね。あとその際、卓上のタレを若干入れすぎてしまったと思ったのですが、逆にこれだけ背脂が入っていると、濃い味の方が良く感じました。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、背脂が追加調味料的ポジションではなく、ひとつのコンテンツになっているのが何とも面白い一杯でしたね。あと同行者も「美味しい」と言っていたのが、何よりでした。ごちそうさまです。

平成29年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ