たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 そば処 天盛

 この日は、このところご無沙汰になっていた栃木県北のローカルメニュー「冷やし(ひたし)そば」活動ということで、矢板市内にあるこちらのお店へ。お店の存在自体は知っていたのですが、立派な店構えだったので、何となく入りそびれていたところでした。でも、冷やしそばがあると知ったので、日曜日のこの日、開店直後にお伺いしてみました。

 で、注文の際、「冷やしそば」と告げると、お店の方から「暖かいつゆですが大丈夫でしょうか?」との一言。そういうものだと思って気にしてはいなかったのですが、知らない方からすれば品名に「冷やし」と付くのに温かいつゆが出てくると、びっくりされるのかもしれませんね。

冷やしそば 770円
冷やしそば 770円
 それでその冷やしそば。パっと見、白っぽい色のかき揚げと、その下から覗くソバも白っぽいのが特徴的に感じます。で、まずはソバだけ引っ張り出していただいてみると、細くて瑞々しく、見た目どおりの上品さというか。また暖かいつゆは、冷やしそばらしい濃すぎない味付け。出汁感たっぷりで、醤油っ気や甘味も適度に感じました。そしてかき揚げは、それほど厚みはありませんが、パリっサクっとした軽めの食感で、タネの小エビが香ばしいですね。

せいろそば 550円
せいろそば 550円
 こちらはの品は、同行者がいただいたもの。例によって少々味見させていただきましたが、ソバは冷やしそばと共通の更科っぽいものでしょうか?あと、つけづゆのカエシが風味的に生か半生タイプだと思ったのですが、違っていたら申し訳ないです。で、個人的には醤油っ気、塩気、そして甘味が好みのバランスだったのですが、同行者的には「美味しいけどもう少し甘い方が好み」とのこと。このあたりは、馴染み深い食べ物だけに、ほんと、好みが分かれますよね。

 というわけで、どちらも美味しくいただき、そば湯まで堪能させていただきましたが、どちら品が良く、それでいて、よそよそしすぎない印象が良かったですね。ごちそうさまでした。

平成29年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ