たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 担々麺専門 發巳 矢板店 【閉店】

 こちらは、以前、竹風矢板店だったところに最近(平成28年9月)オープンしたお店。担々麺の専門店って随分攻めたお店だなと思ったのですが、芳賀町、宇都宮市の砥上、そしてこの矢板市が3店舗目と、店舗数を増やしているみたいですね。

 それでお店に入ると、カウンターがメインで小上がりが1つというレイアウトは以前のお店と変わらず。早速カウンターに座りお品書きを見たところ、基本っぽいお店の名前を冠した担々麺の他、麻辣担々麺や味噌味のもの、またつけ麺や汁なしなど担々麺だけで結構なバリエーションの他、麻婆豆腐も名物のようですね。

發巳担々麺 780円
發巳担々麺 780円
 そんな中から今回は、初めてということで、お店の名前を冠したこちらの品を。で、なかなかにフォトジェニックなラー油の垂らし方ですね。あと、いりゴマが別の容器というか小さいすり鉢で提供されるのですが、そのゴマをあたるのがもどかしく、ちょっとだけ潰してから丼に投入。もちろん、そのゴマの香りがとても香ばしいのですが、その他にも、ちょいとばかりチャイニーズスパイシー的な香りも感じられます。それで早速スープからいってみたところ、前述の香りの他、必要十分な「濃さ」というか、十分まろやかだけどさらっと感もあって、なかなか良い加減なんじゃないでしょうか。それは辛味についても同じで、個人的にはピリ辛程度に感じるのですが、大多数の人が「辛すぎる」と感じることはないと思います。また麺は、スクエアな形状の細めのストレートタイプ。そんなに主張は強くはないと思ったのですが、スープと良く合っていました。ちなみに量は、お品書きに160gと明記。あと具は、味付け挽肉にザーサイ、青梗菜と定番の品々ですが、どれもしっかりと役割を果たしているというか。

 というわけで、ベーシックながらも良い意味での「引っかかり」もあって、美味しく、そして感心しつついただきました。これなら是非とも、お品書きに書いてある他の品々にも挑戦してみたいですね。ごちそうさまでした。

平成28年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ