たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 ラーメン専門店 E.Y 竹末

 さくら市の喜連川地区にお住まいの方に教えていただいたお店、竹末さんです。こちらのお店は、以前は食堂(焼きそばが名物だったとのこと)でしたが、しばらく前に閉店されていたそうです。それが、今年に入って、ラーメン専門店となって復活されたとのことで、本格的なラーメンがいただけると早くも地元では評判になっているようです。

 入店すると、店内にはあさのポークや那須の赤い太陽(地卵)など、地元では有名な食材の名前が見られ、野菜は地元農家からの直送など、材料は純国産、それも可能な限り地産地消にこだわって提供しているとのこと。かなり気合が入っているようですね。で、お品書きを見ると、限定20食で鶏白湯を使用した二代目中華そばというのがあり、確認するとまだ大丈夫とのことなのでそれと、あさのポークを使用したチャーシュー丼のミニをお願いしました。

二代目中華そば 680円
二代目中華そば 680円
 まず登場したのは二代目中華そばでしたが、まず、見た目からしてただ者ではなさそうな雰囲気。スープは見た目からして濃厚で、上には鶏油が黄色く輝いています。さっそく一口いただいてみると、見た目どおりものすごく濃厚。なんていうか、味も香りも、リアルに、『鶏』。タレの味や塩気もそれなりに感じるものの、口に運ぶ度に、それを押しのけて『鶏』が迫ってきます。いやぁ、こんなに濃くて力強い鶏白湯をいただいたのは、初めてではないでしょうか。この濃厚な美味しさは、凄いですねぇ。麺は、色がちょっと浅黒い細めのストレート麺。ほんの少し硬めで、ズルっとした啜り心地と、プツッと噛み切れる食感。具の、あさのポークのチャーシューは、スライスというより小さめの塊状のものがいくつか入っており、全体的には丁度いい味加減に仕上げられ、お肉の部分は柔らかくも噛み応えがある食感としっかりしたお肉の味が、脂身はトロトロっとした食感と甘い脂の味が楽しめます。他の具も、メンマはいい塩梅ですし、野菜系の具材は濃厚なスープの丁度良い息抜き役といった感じがしました。また、途中から卓上の刻みニンニクを入れてみましたが、これもまた合いますねぇ。スープがとても力強いので、(入れる量にもよりますが)ニンニクの風味だけが上手く加わる感じです。

あさのチャーシュー丼(ミニ) 280円
あさのチャーシュー丼(ミニ) 280円
 それから、あさのチャーシュー丼ですが、ミニサイズながら、とても満足感ありますねぇ。甘辛いタレがかかったあさのポークのチャーシューは、こちらも小さめの塊状のものが、ごろごろと入ってます。青ネギ、白ネギ、海苔の風味と相まって、ご飯が進みます。

 それにしても、凄いラーメンです。久しぶりにラーメンいただいて感動いたしました。何気にさくら市、侮れませんねぇ。ごちそうさまです。

平成20年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ