たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 ラーメン専門店 E.Y 竹末

 先日の感動が忘れられず、その数日後に再訪しました。今回お伺いしたのは土曜日のお昼少し前の頃ですが、お店の道路挟んで向かいにある市営駐車場にクルマを止め、入店しようとしたところ、4人掛けのテーブル×4席の店内は丁度満席。というわけで、店外の椅子に腰掛け暫し待った後入店。入店すると、女性の店員の方から、「今日は二代目中華そばと二代目つけそば切らしている」との説明があり、壁にもスープ不出来の為提供できない旨の貼り紙がしてありました。やはりこちらの店主さんは、かなりのこだわりを持ってラーメンを作っていらっしゃるようですねぇ。もともと今回は味玉塩中華をいただこうと思っていたので問題は無かったのですが、後から来たお客さんの中には、二代目が品切れと聞いて、何も食べずに帰る方もいらっしゃいました。

味玉塩中華そば 750円
味玉塩中華そば 750円
 で、その塩中華そば。まず、スープからいただこうとすると、先日いただいた二代目とも違った、濃厚な、『鶏』の香りが。そして一口いただいたのですが、味も、「こ、濃い!」。二代目は『鶏』そのものを濃縮したような味に感じましたが、こちらのほうは、ものすごく濃い『鶏ダシ』といった感じがします。それに、いただいた後、上下の唇がピトっとくっつく感じがするので、鶏から煮出されたコラーゲンも大量に含まれているのかと。また、その濃いダシに負けない位に塩気が効かされていましたが、香りのある醤油ダレではなくシンプルな塩味の分、鶏ダシの風味を堪能できます。いやぁ、2代目も凄かったけど、これも、凄いスープですねぇ。そして、とっても美味しいです。それから、今回は味玉塩中華そばということで、那須の太陽を使った味玉が1.5個分(塩中華そばだと0.5個分)載っており、これがまた美味。タレはさほど主張せず卵本来の味を十二分に堪能できる味加減で、その卵本来の味も、なんとも濃厚というか滋味深いというか。麺や他の具は先日いただいた二代目と同様(相変わらずチャーシューが絶品でした)のようですが、天盛りに梅酢で漬けられたような風味の何かが載っており、ほんの軽いアクセントのようでした。

あさのチャーシュー丼(ミニ) 280円
あさのチャーシュー丼(ミニ) 280円
 こちらは、前回に続いて今回も一緒にいただきました。相変わらず美味しいですね。

 というわけで、先日の二代目に続き、今回の味玉塩中華そばも堪能させていただきました。こちらも、本当に、美味しかったなぁ。ごちそうさまでした。

平成20年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ