たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らーめん 武丸

 今年に入って、宇都宮に二郎インスパイア系(個人的には『インスパイア系』という表現はどうかと思うのですが、他に適当な表現も思いつかないもので…。)のお店が宇都宮にオープンしたとのことで、早速二郎好きの同僚に連れて行かれました。

 お店には、開店時間の数分前に到着したのですが、既に10人くらいの行列が。そしてお店が開いて入店すると、二郎同様まずは食券購入。メニューはらーめん(二郎サイズ)とチビらーめん(通常のラーメンサイズ)、それらの豚入り、そしてトッピングの煮たまごとシンプルで、とりあえず今回はらーめんと煮たまごの食券を購入してカウンターへ。食券購入からラーメンが出てくるまでの流れというか、作り方は、店主さんが二郎で働いたとあってほとんど二郎と一緒。麺茹でにテボで使っていたところが違うくらいでしょうか。そしてコールのお時間になったので、ニンニクとだけお願いしました。

らーめん 700円 + 煮たまご80円
らーめん 700円 + 煮たまご80円
 で、出てきたラーメンは、ビジュアル的にもほとんど二郎。まずスープからいただくと、赤褐色のスープは、確かに二郎っぽいけど、ちょっとライトというか、乳化二郎weakenedという感じで、タレというか醤油の効き方もノーコールでは結構穏やか。また麺は、プリっとした噛み応えの太いストレート麺で、自家製麺とのことです。また、ノーコールでもこれだけ載る野菜は、ちょっとウェッティーな感じ。そして豚は、一般的なラーメンのチャーシューよりは厚いけど二郎よりは薄いのが2種2枚。どちらもホロホロトロトロという感じではないですが、柔らかくて、味加減は濃すぎずいい塩梅。あと、載せる前に麺を茹でているテボで暖めた煮たまごは、黄身が半熟タイプで、こちらもいい塩梅でした。

 というわけで、宇都宮で初?の二郎インスパイア系をいただいたのですが、まだオープン直後ということもあり、これからどのようになっていくのか楽しみですね。落ち着いた頃、またお伺いしたいと思います。ごちそうまでした。

平成21年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ