たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 百個ラーメン

 大田原市というか旧湯津上村を通る国道294号沿いに、「日本一美しい古墳」と呼ばれる下侍塚古墳があるのですが、その向かい側にあるラーメン店がこちら。

 事前に調べた時、一日100食限定(真偽は確かめていませんが、だから百個ラーメンとか。)という話も出たものだから、てっきりコダワリに充ち満ちたオヤジさんがやっているものと思っていたのですが、いざお伺いしてみると、お姉さん2人で切り盛りを。ちなみに店内はわりとスパルタンな感じなのですが、窓際の小上がりに座ると、ホットカーペットが暖かく気持ちよかったです。

チャーシューメン 750円
チャーシューメン
 そこでいただいたのは、何となく「肉」な気分だったのでこちら。まずはスープからいただくと、澄んでいて黒々とした見た目どおり、醤油の立ったスッキリしたお味。ですが油もそれなりに浮いていますので、物足りない感じはしません。何ていうか、当地(栃木県北)のトラディショナルなラーメンという感じですね。そして麺は手打ち(店舗入口右手が製麺スペースになっていました)で、太さはやや太めでしょうか。啜ると、ポコポコとした感触ですが、噛み応えも結構有るというか、噛み締めると味のある、素朴な感じが良いです。また、スープとの馴染みも良いですね。それと具のチャーシューは、どちらかというと懐かしめのミシッとした食感で、味加減は丁度良く。そしていかにも「肉」をいただいているという感じが、今日の気分にぴったりというか。

餃子 350円
餃子
 こちらは一緒にいただいた物。基本的にベーシックな感じですが、ニンニクのパンチが結構効いていました。

手打ラーメン 600円
手打ラーメン
 こちらは、同行者がいただいた物。ちなみに同行者も、その味を結構気に入っていたようでした。

 というわけで、穴場を見つけた気分というか、失礼ながら意外なところで美味しいラーメンに出会う事が出来、ちょっと嬉しかったです。それと、日本一美しい古墳を眺めながらラーメンをいただくのも、何とも乙というか。ごちそうさまでした。

平成25年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ