たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福岡県福岡市 生粉蕎麦 玄

 今回、私用で福岡に行き、天神というところに泊まることになったのですが、「宿周辺で食事を取れるところを」と某グルメ系サイトなどで調べていたところ、こちらのお店を発見。福岡というと、ラーメン以外の麺類では博多の柔らかいうどんが頭に浮かびますが、その博多でそばを格安で提供するお店、しかもかなりの高評価ということで興味を惹かれ、今回お伺いすることにしてみました。

 そのお店は、地下鉄の天神駅から10分ほど歩いたところに。一見すると、ちょっとお高いお店というか、かけそばが一杯290円からいただけるお店には見えません。お店に入ると、午後2時頃というお昼のピークを過ぎた時間帯にもかかわらず、席は7~8割方埋まっていました。丁度空いたカウンターというか長テーブルに座り、お品書きを見たところ、まず、そばは冷たい蕎麦と温かい蕎麦に分かれていて、冷たい蕎麦は具材でバリエーション、さらに夏季限定の冷かけそばがあって、温かい蕎麦は『しろ味』『くろ味』2種類のつゆ+トッピングという構成でした。で、冷たいそばもいただいてみたかったのですが、今回お伺いした2人とも、ここに来るまでに冷房で少々やられ気味だったせいもあり、今回は暖かいそばを、それぞれのつゆでいただいてみることに。注文して程なくすると、2品の蕎麦が同時に登場しました。

しろ味 290円
しろ味 290円
 まずいただいたのは、しろ味。こちらは、かけでいただいたのですが、まず、いただこうと丼に顔を近づけるとおだしの香りがふわっと漂い、次につゆをすすれば、なんとも良いおだしの味と、良い塩梅の塩気が。そして蕎麦を啜れば、ちゃんとした蕎麦の味と香りと歯応えがして、とても驚き。特に、つゆの塩気については絶妙というか、あとほんの少し薄ければ物足りなく感じるギリギリのところで止め、あくまで蕎麦の味の引き立て役に徹している感じがしました。

くろ味 340円 + きつね 100円
くろ味 340円 + きつね 100円
 そして途中からは、あまり品は良くないのですが同行者と丼を交換してくろ味を。こちらは、おあげが入ったきつね蕎麦でいただきましたが、つゆは濃い口醤油が効いていて、確かに関東風。こちらも美味しいのですが、つゆも主張して蕎麦はイーブンな感じがしました。また、おあげは上品な味で煮含められています。

 というわけで、しろ味くろ味両方をいただいてみたのですが、どちらも美味しくいただきました。それにしても、ものすごいコストパフォーマンスというか、これだけの蕎麦がこのお値段でいただけるなんて、恐ろしく感動的なお店ですねぇ。また、サイドメニューの他、おつまみ類、それにお酒も充実していて、今度お伺いした時は、それらをちょこっとやっつけた後、シメにざるとか大根おろしなど、今回いただかなかった冷たい蕎麦などをいってみたいです。ごちそうさまでした。

平成21年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ