たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福岡県福岡市 博多 一風堂 大名本店

 一風堂と言えば、今や全国に支店を展開しているので、その気があればどこぞの支店でもいただけるのですが、是非一度お伺いしてみたかったのが大名本店。今年3回目の博多訪問にて、ようやく実現しました。

 お店の方は、天神の繁華街?のちょっと奥まったところにあって、この辺りは不案内なものだから少々迷って到着。店内に入れば、さすがに午後11時過ぎに訪問したとあって混雑こそしていませんが、店内は活気が感じられ、そんな中、きちっとした感じの店員さんに席に案内され席へ。そしてお冷や代わりのお茶が出されましたが、そのお茶が何とルイボスティーでした。

 そしてちょっと落ち着いたところで、お品書きを見て注文となりますが、本店限定メニューらしい本店かさね味と、ベーシックな白丸元味、そして、“手づくり”ひとくち餃子と 明太子ごはん、おまけに普段ラーメン屋さんではいただかない生ビールまでお願いしてしまいました。ちなみに、これらは同行者の分と合わせ二人前ですので。

本店かさね味 800円
本店かさね味 800円
 まずは、私がメインでいただいた、本店かさね味。鶏と豚骨、他にも様々な食材が使われていると思われるスープは、口当たりがとてもまろやか。癖が無く、それでいて適度に重く、満足感のあるスープですね。それに組み合わせる麺は、中くらいの太さのストレート麺。一般的な博多の豚骨ラーメンに使われる極細の低加水麺とは全くの別物ですが、これがまたスープと良く合っているかと。確か、固さは普通で頼んだのですが、ハリのある瑞々しい食感に感じました。そして、上に散らされた揚げネギの味と香りが、口に入るたびにチラっと感じられ、とてもよいアクセントになっていると思いました。

白丸元味 700円
白丸元味 700円
 つぎに、同行者がメインですが、私も結構な量をへずってしまった白丸元味。最初にいただいた時、割と豚独特の風味を感じたのには少し驚きました。ただ、豚の嫌な部分は当然感じられず、上手に独特の風味を生かして、豚骨ラーメンらしい味を作っているように感じました。また麺は、博多らしい極細麺。ゆで加減は普通で頼みましたが、噛み切る時ボソッと切れる感じではなく、プチッとした噛み応えが。それと、いただいていると、香油でしょうか?ちょっと香ばしい風味が微妙に漂う感じがします。なんていうか、ベーシックですがとても洗練された豚骨ラーメンという感じですね。

明太子ごはん 390円
明太子ごはん 390円
“手づくり”ひとくち餃子 550円
“手づくり”ひとくち餃子 550円
 そして、サイドメニューの明太子ごはんとひとくち餃子。明太子ごはんは、明太子自体に何か一手間加えてあるのか、お酒の様な風味を感じられました。また、結構マヨネーズが効いているのですが、具のレタスの食感と、先述の明太子の風味が絡み合って、ただの明太子ごはんではありませんね。餃子は、薄い皮がパリパリして、中の餡はジューシー。名前どおり一口サイズなので、パクッといただくとその両方の食感が一気に楽しめます。これはビールが進みますねぇ。そして、お皿の端に添えられた柚胡椒を付けるとまた違った味わいがして面白いです。

生ビール 550円
生ビール 550円
 あと、生ビールは別に感想とかいいですかね?ですがジョッキはピカピカで、そのお陰か結構美味しくいただけたんですが。

 というわけで、いろいろといただいたのですが、いただいたどれもが、きちんと作り込まれたというか、プロデュースされた美味しさに感じましたが、それは、店員さんの接客や、お冷や代わりのルイボスティー、それに、お店の造りにいたるまで同様に感じ、何ていうか、さすが有名なお店の本店は違うなぁ、と感心いたしました。ごちそうさまです。

平成21年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ