たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 麺工房 風の杜

 このところ、もんみや8月号の特集に載っていた冷し中華を食べ歩いている(花の季竹末竹風みうら)のですが、今回は、宇都宮市にある風の杜さん。実はこの日、宇都宮に用事があり、ついでに(これも冷し中華特集に載っていた)どる屋さんの冷たい鮎らーめんを堪能してから帰途についたのですが、家に着く間際になって、宇都宮での用足しで忘れた物を思い出し、急遽とんぼ返り(これで約2時間ほど無駄に…)。で、その用足しも終わり、せっかくまた宇都宮に来たことだし、また、丁度小腹が空いたものだから、中休みなしで営業し、しかも、もんみやに載っていたメニューが期間限定でも提供数は限定じゃないっぽいこちらにお伺いすることにしました。

 お店に到着したのは平日の午後3時30分というものすごく中途半端な時間ということもあり、店内は昼時の混みようが嘘のようなガラガラ具合だったのですが、店主さんに愛想良く迎えていただきカウンターへ。で、早速、件の冷伽哩麺ビシソワーズをお願いしました。

冷伽哩麺(ひやかりめん)ビシソワーズ 945円
冷伽哩麺(ひやかりめん)ビシソワーズ 945円
 その、冷伽哩麺ビシソワーズ。もんみやに掲載された写真は、麺の周りにビシソワーズがかかった状態でしたが、提供された物は別添えになっていました。特に説明もなかったので好きにいただくことにしますが、とりあえずは、舌がカレーのスパイスで麻痺しないうちにビシソワーズを味見したところ、乳脂肪分を強く感じる、とってもリッチなお味。これだけでゴクリと飲み干したい衝動に駆られました。(もっとも、ビシソワーズのような「スープ」は「飲む」ものではありませんが。)次に、カレーソースを味見したところ、冷たいながらもしっかりとスパイシーさを感じる本格的なカレーの味が。そしてそれが絡んだ麺をいただいてみたところ、キンと冷えたシコシコの麺に、スパイシーなカレーがマッチ。また、カレーに混ざる具は夏野菜が中心で、甘みを感じるまで火を通されたトロトロの食感が、これまた麺と良く絡みます。これも、このまま食べ進んでしまいたくなってしまいますね。そして、途中からは、ビシソワーズを麺の周りに回しかけいただくと、スパイシーなカレーを、まろやかなビシソワーズが包んで、これがまたいいですね。口の中にスパイシーさが蓄積してくるところを、うまく和らげてくれる感じがしました。

 というわけで、冷たいカレーにビシソワーズと、いただく前は正直言って、『麺』から遠い組み合わせだなぁと思ったのですが、実際にいただいてみると、これが、失礼ですが思いのほか美味しくて驚きました。ごちそうさまです。

平成21年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ